高梨沙羅歴代最多勝利53勝をワールドカップ2017平昌で達成か!放送予定は?

2月5日のワールドカップ2017第14戦オーストリアのヒンヅェンバッハでの3連勝で、歴代最多勝利53勝にあと1勝と迫った高梨沙羅は、
出場予定の次戦平昌大会で達成となるか?
来年の平昌オリンピックのプレともなる大事な大会である。放送予定は次の通りである。

スポンサーリンク

高梨沙羅歴代最多勝利53勝をワールドカップ2017平昌で達成か!放送予定は?

ワールドカップ2017平昌大会放送予定
2月15日 第17戦 LIVE NHK BS1 PM 4:55-6:49
         録画 NHK BS1 AM 9:00-10:50
2月16日 第18戦 LIVE NHK BS1 PM 3:40-5:30

ドイツのオーベルストドルフで個人第6戦を終わった1月8日の時点で、今季6戦中優勝5回として、
通算勝利数49の記録となり、男女を通じて歴代最多勝記録にならぶ53勝に、残り4勝に迫っていた。

今季のこれまでの成績をまとめた。

高梨沙羅ワールドカップ2017での戦績

53勝へは、時間の問題で国内4戦で達成かと思われていたが、高梨沙羅と言えども、
12月2日の今季初戦から好調を維持し続けることは、難しく、その後、伊藤有希の活躍もあって、
2位(伊藤優勝)4位、5位(伊藤優勝)、2位(伊藤優勝)、2位と少々調子を落としていた。

高梨も「一番育ててもらった日本で(53勝を)達成できる。ぜひそうなればいい」と自国でのW杯最多勝到達に意欲を示していた。

しかし、1月29日のルーマニア ラシュノヴで優勝を飾り、その後3連勝として、歴代最多勝記録にあと1勝と迫り、
次に出場する2月15日からの韓国平昌での17、18戦で、達成する可能性がかなり高いと思われる。

なお、次戦2月11日、12日のスロベニア リュブノでの、15,16戦は翌週のピョンチャン大会と
翌々週の世界選手権の準備のために欠場の予定である。
日程が厳しく、来年の平昌オリンピックのプレ大会ともなる韓国平昌大会を優先したことによる。

7日に欧州から帰国した高梨沙羅は「(15日からの平昌大会では)内容やジャンプの感じを見て、そのあとに、
いい結果がついてきたらいいという気持ちで競技をしたい」と話し、
「平昌オリンピックを想定した大事なシミュレーションになる。たくさんのことを吸収して帰ってきたい。
あと1年、できる限りのことをして、平昌オリンピックに向けて進みたい」と話した。

なお、W杯の歴代最多勝利記録は男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)の53勝である。
シュリーレンツァウアー(27)は2014年12月を最後にW杯で優勝がなく、成績不振が続いて2016年1月に休養を宣言していた。
さらに、2016年3月にはカナダでのスキー旅行中に右膝の十字じん帯を断裂していた。

しかし、最近のニュースで、14,15日にポーランドのビスワで開催されるW杯で
復帰する見通しだと伝えられ、オーストリアの代表メンバーに入った。

しかし、状況から言って、高梨沙羅の2月15,16日の平昌プレ大会以前に、
歴代最多勝利の53勝に積み上げる可能性は限りなく小さいと考えられる。

高梨沙羅歴代最多勝利53勝を平昌でについての日本の反応とまとめを見ましょう。
達成か
スポンサーリンク

高梨沙羅歴代最多勝利53勝を平昌でに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

記録への期待とともに、最近話題になっている高梨沙羅の化粧への賛否両論が投稿されています。
沙羅ちゃんも大人になったんですよ。

まだ、状態は好調時の「半分くらい」という高梨沙羅だが、落ち着いて、
韓国平昌での2戦で、歴代最多勝利記録にならび、さらに抜き去るという試合を見せてもらいたい。

これが、1年後の平昌オリンピック金メダルへの、大きな自信につながると思われる。
記者会見でも、「大事な試合にピークを合わせられる力が今の自分にはないと思う」と
語ったようだが、その状態でも、勝負できるということを証明してほしい。

もし、足をすくわれるとすると、1月14日以降札幌、蔵王で今季3度の優勝を果たしている伊藤有希の活躍であろうか?

そして、ファン皆が切望しているように、来年堂々と平昌オリンピックで優勝して、前回のソチオリンピック4位の雪辱を果たしてほしい。

■関連記事
高梨沙羅の二重にどうした!?の声 スポンサー契約を機に変わったか?反応まとめ

伊藤有希が高梨沙羅を抑えてスキージャンプ女子W杯初優勝につづき、準優勝!殻を破って1段上へ!反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、現在ソウル滞在中の橋下前大阪市長は、 「トランプ氏と金正恩との…
  2. 4月29日6時、北朝鮮が弾道ミサイルを発射しましたが、発射後すぐに失敗に終わりました。 サイバー攻…
  3. 4月29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射しました。このミサイル発射を受けて東京メトロが運転を全線で一時…
  4. ゴールデンウイークの初日の29日午前5時30分ごろ、北朝鮮が西部の平安南道北倉から弾道ミサイル1発を…
  5. ロイヤルホストやガストに続き、モスバーガーも営業時間短縮を発表しました。 政府や自治体が主体となっ…
  6. 4月25日に行われたACLグループリーグの水原三星対川崎フロンターレ戦で、 川崎サポーターが旭日旗…

人気記事

  1. 2017-1-22

    韓国が少女像を竹島に設置したいのはなぜ?反応まとめ

    韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  2. 2017-2-10

    フランス大統領選2017の日程の日本時間と為替の影響

    フランス大統領選2017が4月~5月の日程で行われます。 世界はトランプ大統領の誕生から価値観の変…
  3. 2017-2-11

    日米首脳会談の中国の反応「トランプ超恥ずかしい」「物理的なものが決めてだから関係ない」

    2月10日日米首脳会談において沖縄と尖閣諸島においても日米安保5条が適用されることを確認し 安倍首…
  4. 2017-4-16

    北朝鮮が5月9日までにXデーがあると言われる理由と反応まとめ

    アメリカがシリアに攻撃を仕掛け、そして北朝鮮との緊張関係が最高潮に高まっている状態に2017年4月、…
  5. 2017-1-18

    トランプ大統領就任式、民主党議員60人以上がボイコット!その理由は?

    ルイス民主党議員の就任式ボイコット宣言とこれに対するトランプ次期大統領のツイッター口撃をきっかけに、…
  6. 2017-4-20

    ラウドネスの入国拒否には理由が!反応まとめ「オバマ時代にもあったよ」「トランプ関係ないよ」

    日本のヘビーメタルの代表格LOUDNESS(ラウドネス)が入国拒否によりアメリカツアーを断念し帰国し…
  7. 2017-2-8

    松山英樹がフェニックス制覇!海外の反応「ウッズを思わせる」「パターが課題だ」

    松山英樹が2月6日にフェニックス・オープンの大会史上6人目の連覇を達成し、 日本人最多となる米ツア…
ページ上部へ戻る