高齢者による運転事故が最近急増!なぜ?反応まとめ

高齢者の運転による悲惨な交通事故のニュースを最近多く見るように思います。
昨日も、東京都で、83才の女性が運転する乗用車が暴走して、30代の男女2人が死亡した事故が報ぜられました。
このように書き始めているうちにも。高齢者による事故の報が入りました。
なぜ最近特に目につくのでしょう?

スポンサーリンク

高齢者による運転事故のニュースが最近急増!なぜ?反応まとめ

昨年から本日にいたるまでのメディアに取り上げられた高齢者の重大事故をまとめました。

 

高齢者による最近の重大事故一覧

s_20161113agedtrfficaccident

直接の事故原因については、
1. 逆走、歩道を暴走など、本来走るべきでない道に誤認して、入り込み事故に至った場合
2. 「アクセルとブレーキを踏み間違えた」ことにより、暴走して事故に至った場合
これに関しては、これまでよく言われてきたのが、必ずしも高齢者ではなく、
20歳代のこの事故に占める割合が最も多く、高齢者はそれに次ぐというものである。
20歳代に運転未熟者が多いこと、高齢運転者が増え、若者が車を持たなくなっている昨今では、
このケースでも、高齢者の割合が多いのでは、との議論はあるが
、最近の正確なデータによる議論は見当たらない。

実際、今年、9月24日午後に京都・祇園近くの交差点で歩行者5人をタクシーがはねた事故では、
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と述べたのは、54歳の男性運転手であった。

3.認知症など、病気による障害に気づかず事故に至った場合

高齢者が関与する交通事故の割合は年々高くなっており
平成26年は全体の20.4%を占め、10年前と比べておよそ1.9倍にもなっているのは確かなようです(警視庁のデータより)。

これと高齢運転者の絶対数の増加により、高齢者事故の絶対数が増えていると主に、
マスコミも最近この種の事故に焦点を当てて報道しているということがあるのかもしれません。

事故原因の2に対しては、設備的な対応や、間もなく普及すると思われる
自動ブレーキ装置を義務化するなどの対策はあるのではと思われる。

3は、免許更新時の認知症試験などはすでに行われており、
この頻度などをどうするかということになる。

1は、認知症に至らなくても勘違いや、交通標識の見落とし、誤認などによると思えるが、
これに対する何らかの試験を導入するか、交通標識等をわかりやすいものに改善するなど
考えられるがなかなかむつかしい問題である。

ネットでは、こうした高齢者による運転事故に以下のような反応があります。

高齢者による運転事故に関する反応

twitter
高齢者の運転は危険すぎる。遭遇しても自分じゃどうにもできないし
twitter
そもそも認知症の高齢者が運転なんかするなよ
twitter
事故に巻き込まれたら無駄死にとしか言いようがない
twitter
危ない運転の年寄り結構増えたよな
twitter
これだけ事故が多発しているんだから高齢者は運転を自粛するべき
twitter
公共の交通機関を使ってください
twitter
こういう状況なら一定の年齢になったら免許剥奪でいいんじゃ
twitter
外歩くの怖くなるわ
twitter
ウインカーすら出さない年寄り結構いるよな
twitter
ある日突然高齢者が運転する車が突っ込んでくるとか怖すぎ
twitter
平均寿命が延びるとこういう問題も出てくるのか

出典:twitter
スポンサーリンク

こうした事故を起こさないためには高齢者が自ら運転を自粛すべきではとの意見もあるが、
交通機関の発達した都会ではそもそも高齢者で、車を持つ人は少なく、
車がないと生活に不便な地域で、高齢になっても致し方なく運転しているケースも多々見られる。

公共の交通機関を発達させるべきといっても、田舎では、現状あるバス本数さえ、
削られ廃止されつつあるのが、実情で、簡単なことではない。
コミュニティバスなどの試みが行われている地区が一部あるくらいだ。

タクシーも呼べばすぐ来るというわけでない地方も多くある。

体が不自由になったからこそ、車を利用しているわけで、
降りて不自由な体で荷物をもって歩けというのも酷な話である。

年齢を重ねる前から、安全の習慣をつける。例えば、今回の事故では、
料金支払いゲートでバーを突き破って暴走したとのことで、
つり銭が散乱していたとのことですので、車をパークに入れずに操作していた疑いがあります。

料金支払いゲートでは、必ず停止状態にして、たとえ足がブレーキ離れても、
車が動くことがないように、またバックの際には、ベルトをしたままだと、しばしば足がずれて、
ブレーキとアクセルを間違うケースがあるので、
必ず安全ベルトをはずして、体をフリーな状態にするなど、いくつかのノウハウはあると思われます。

これらの教育、宣伝などの地道な積み重ねと、
本人の年齢による衰えの自覚しかないのではと思われます。

今後ますます高齢者が増え、高齢運転手も増えてゆくのは確実ですので、
むつかしいですが、この問題への対応は急務です。

一日も早くこうした事故が無くなる日が来ることを切に祈ります。

■関連記事
福岡の道路陥没の原因は?英国のシンクホール問題と同じ?反応まとめ

リオメダル水泳18個の中国人の多くが泳げない!水難事故は日本の70倍!海外の反応「親は水泳を重視しない」「汚染水のなか水泳する方が危険」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  2. 中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  3. 4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  4. 平壌市内でガソリンの供給が制限されて、価格が高騰しており、中国が北朝鮮への石油供給を停止するカードを…
  5. フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決…
  6. 日本時24日未明から開票作業が行われたフランス大統領選挙でルペン候補との決選投票に進んだ39歳のマク…

人気記事

  1. 2016-12-8

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の 「空白の7時間」がまた問題になっている。 いまま…
  2. 2016-11-19

    安倍首相とトランプ次期米大統領の1時間半の会談は友好関係のスタート?中国の反応?

    ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は17日、外国首脳として初めてトランプ次期米大統領と会談した。 …
  3. 2017-4-17

    金田法務大臣の答弁はなぜグダグダなのか?その反応「素人だ」「共謀罪説明できる?」

    共謀罪の審議が国会で進んでいますが、担当大臣である金田法務大臣の答弁が色々と波紋を広げています。 …
  4. 2017-1-27

    ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

    ピコ太郎の世界的ヒット曲「PPAP」、「ペンパイナッポーアッポーペン」の商標権を大阪府内の無関係の企…
  5. 2016-12-13

    プレミアムフライデーは公務員だけ?メリットとデメリットとその反応をまとめてみた

    来年の2月に導入されるプレミアムフライデー。 金曜日に早く帰れる!など、様々な報道がされていますが…
  6. 2016-10-13

    職場での旧姓使用訴訟で東京地裁はこれを認めず!海外の反応は?「馬鹿馬鹿しい判決だ」「時代遅れ」

    私立日大第三中学・高校の女性教論による、職場で旧姓使用を求めた訴訟で、東京地裁はこれを退けました。 …
  7. 2017-2-26

    森友学園問題で橋下徹氏の責任関係が噂されたのはなぜ?反応まとめ

    森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
ページ上部へ戻る