黒田投手の座右の銘「耐雪梅花麗」の意味とルーツは?

カープ優勝の立役者である黒田博樹投手の座右の銘「耐雪梅花麗」をご存知でしょうか。
西郷隆盛が詠んだと伝えられるその言葉の意味や時代背景をまとめてみました。

スポンサーリンク

黒田投手の座右の銘「耐雪梅花麗」の意味とルーツは?

25年ぶりのリーグ優勝で感動を与えてくれたプロ野球の広島東洋カープ。
そのカープ優勝の立役者である黒田博樹投手の座右の銘「耐雪梅花麗」は、
西郷隆盛が詠んだと伝えられています。

「耐雪梅花麗」、読み方は「雪に耐えて梅花(ばいか)麗し」です。
梅の花は冬の厳しい雪や寒さに耐えた後に、春になって美しく咲く。
これと同じように人間は苦しいことや辛いことを耐えた先に大きく成長する、という意味です。

これは、明治の偉人である西郷隆盛が1872年に甥の市来政直に詠んで送った漢詩の一節から来ています。

西郷隆盛は今の鹿児島県である薩摩藩の出身で元は下級武士の出でしたが頭角を現し、
討幕の指導者として薩長同盟・戊辰戦争での功労を経て、大久保利通・木戸孝允と並び
維新の三傑の一人と称された人物です。
この時代の日本の国際的な最大の脅威はロシアでしたが、ロシアと対抗するには
朝鮮半島の国と仲良くする必要がありました。

西郷隆盛は1873年に韓国への派兵論が国内を席巻した時に、
まず自分が韓国へ大使として行き説得することを主張しましたが、
結果として敗北。岩倉具視や大久保利通と決別し、下野して鹿児島に帰る事になります。
その後1877年に鹿児島を基点とするクーデターである西南戦争が勃発。
敗北した西郷隆盛は最後を迎えることになるのです。

さて、広島カープの黒田投手の座右の銘でもあるこの「耐雪梅花麗」。
黒田投手というとカープのエースからメジャーリーグ挑戦と成功。
そして20億円とも言われるメジャーのオファーを蹴ってまで古巣の広島カープへの復帰を果たし、
現役最後の花道としてカープを25年ぶりのリーグ優勝に導いた「男気」というキーワードで
表現される生きるレジェンドです。

しかし、そんな黒田投手も若い頃はいわゆる「球が速いだけで粗い投手」でした。
150kmを超えるスピードボールを持ちながら投球は単調で波が大きく、
先発主力投手としての一つの目安である2桁勝利を挙げたのはプロ5年目してからです。

それからは暗黒時代であった広島カープのエースとして孤軍奮闘するものの、
「好投するもチームの援護がない投手」の代名詞とも言われ存在となり、
投げても投げても報われないイメージの強い投手でもありました。

それは舞台がカープからメジャーに変わっても不思議と変わることがなく、
メジャー防御率が3.45と先発投手としては非常に優秀な成績にも関わらず、
79勝79敗の勝率5割の数字に留まっており、マスコミから派手に取り上げられる
ダルビッシュや田中などに比べると過小評価されている感すらあります。

そんな周囲とは関係なく、すべては自分の責任と自分に背負い込み、
ストイックに自分を追及する黒田投手が「耐雪梅花麗」を座右の銘として著したのは2012年のこと。
もう現役も晩年に差し掛かる中でのこの言葉のチョイスには人生に通じる含蓄があります。

黒田投手のこの言葉には野球ファンのみならず、黒田投手の生き様に感銘を受けた人も多いようです。

黒田投手の座右の銘「耐雪梅花麗」への反応

日本の男として誇り」
twitter
ほんとにいい言葉 苦しまずして栄光なし まさにその通りだとおもう
twitter
別に野球がめっちゃ好きって訳ではなかったのに黒田選手の話を聞いて好きになった
twitter
いや、これは泣ける。 ほんまにかっこいい。
twitter
かなり影響されたいい意味で
twitter
今日決めた事、黒田選手を尊敬する人に加える
twitter
これからの人生、たくさん苦労してたくさん笑おうって思えた
twitter
努力の大切さを教えてもらった気がする
twitter
筋を通すこと、情を大切にすること、感謝し恩を返すこと・・・感銘を受けました

 

といった絶賛とともに、自分も大事なことを教えてもらったというコメントが目立ちました。
スポンサーリンク

生まれついての広島カープファンである筆者にとって、
正直に言ってメジャーから電撃カープ復帰から始まる「黒田男気ブーム」は少々違和感のあるものでした。

何故なら私達カープファンは黒田投手の若い頃からの努力と苦労、暗黒期のカープのふがいなさにも関わらず
チームを引っ張ってくれたその気力と、メジャー希望を1年間先延ばししてくれたその義の心、
メジャーに行ってからも打球を受けて生死の危機にありながらも立ち直った強さ、
そしてずっとカープの事を口にしてくれていたその愛情を既に知っていたからです。

仮に彼がメジャーから帰って来てなくても、カープが優勝できてなかったとしても、
きっと私達はこの言葉「耐雪梅花麗」から彼の生き様を通し、大事なものを受け取っていたことでしょう。

それが、まさか、最後の最後にリーグ優勝という大仕事を成し遂げてくれることになろうとは・・・。
耐えに耐えて、最後は笑顔で花道を飾る。そんな人生の生き様とすばらしさを彼は教えてくれました。
ありがとう、黒田投手。そしてお疲れ様でした。

■関連記事
引退発表の黒田博樹と大リーグ挑戦した4投手との大きな違いは?これが日本シリーズでフィナーレを飾る鍵だ!!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 佐賀県武雄市でTSUTAYA図書館の批判を投書した人への自宅訪問をしたことが明るみになり、ネットでは…
  2. 3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  3. お花見に関する海外の反応をまとめてみました。日本独特の文化で、海外にはこのような習慣はないので、とて…
  4. NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  5. 東芝が2017年3月29日に今年度の決算で最終赤字が1兆100億円になる可能性を発表しました。 昨…
  6. ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …

人気記事

  1. 2017-3-8

    山田哲人のホームランボール捕球で炎上理由と擁護の反応を紹介「審判も判定おかしい」「笑いに変えて乗り切るんだ」

    山田哲人のホームランボールであろうあたりを フィールド内に手を伸ばして補球してしまった少年が炎上し…
  2. 2016-11-28

    松本山雅FC岡山にまさかの敗戦でJ1昇格ならず!なぜ?反応まとめ

    松本山雅FCが、ファジアーノ岡山赤嶺のアディショナルタイムに劇的ゴールで プレーオフ(OP)決勝に…
  3. 2016-10-14

    タイの王位継承するワチラロンコン皇太子の素行に国民が大きな不安!反応まとめ

    13日、タイ王室は、プミポン国王が88歳で死去したと発表した。 王位継承はワチラロンコン皇太子(6…
  4. 2017-2-16

    イヴァンカブランド称賛で大統領顧問に懲戒処分勧告!迷言連発のコンウェー女史とは?反応まとめ

    トランプ米大統領の顧問のケリーアン・コンウェーが、ニュースのインタビューでイヴァンカのファッションブ…
  5. 2017-1-23

    江角マキ子芸能界引退はなぜ?反応まとめ「ひとつの時代が終わった」「相手とどういう関係かによる」「心配だ」

    江角マキコさんが芸能界引退を発表したことでその理由に憶測が読んでいます。 なぜ?引退したのか、その…
  6. 2016-12-4

    イタリア国民投票の日本時間と影響は?反応や予想をまとめてみた

    イタリア国民投票が12月4日に行われます。 市場関係者、相場と向き合う人にとってその時間帯にどのよ…
  7. 2016-11-25

    福島第二原発使用済み核燃料プールの冷却水装置停止は第一原発事故の再現だ!我々は何を学んだのか?

    11月22日の福島の震度5弱の揺れを観測した地震の影響で、 東電福島第二原子力発電所の3号機の使用…
ページ上部へ戻る