2017年フランス大統領選挙候補者マリーヌ・ルペンの当選でEU解体か?反応まとめ「第三のまさかは起こるか」「極右の国民戦線には政権を取らせないで」

4月に第1回投票5月に決選投票が予想されている2017年フランス大統領選挙の最有力候補者極右の国民戦線
マリーヌ・ルペン党首が当選すると、6カ月以内にEU離脱の国民投票の実施を掲げています。
これについて、日本の反応をまとめました。

スポンサーリンク

2017年フランス大統領選挙候補者マリーヌ・ルペンの当選でEU解体か?

現職のオランド大統領は、12月1日に次期大統領選への不出馬を表明した。
20%を下回る史上最低の支持率により、当選する可能性が極めて小さくなったためである。

左派統一候補を選ぶ予備選が1月22日に第1回投票、
29日に決選投票を実施される予定で、これにより主な候補者が出そろう。

大統領選挙の現時点での有力な候補者を以下に順に見て行きましょう。

大統領選挙の有力な候補者

最も支持率が高く、注目されるのが、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)である。
2012年の大統領選挙の第一回投票でも決選投票には進めなかったものの10位中3位に入っている。

昨年世界で起きた予想を裏切る結果、イギリスのEU離脱、アメリカでのトランプ氏の
大統領当選の原動力となった反移民、反グローバル化、反EUを従来から掲げていて支持率を伸ばしている。

イスラム過激派の市民権を剥奪し出身国に送り返すこと、国境管理も厳しくして過激派予備軍の入国を阻止し、
政権奪ってから6カ月以内にEU離脱の国民投票を行うことを公約としている。

フランスでも、失業率は10%を超えて高止まりし、若者の失業率が極めて高く、
移民の流入増加がはなはだしい。
2015年末のパリでの同時多発テロ事件の傷も癒えない状況である。

ドイツとともに、EUの中心であったフランスにルペン大統領が生まれると、
EUは崩壊の道をたどると予想される。

ルペンに対抗するのが共和党右派のフィヨン元首相(62)である。経済的自由主義者で、
公務員50万人の削減や法人税の引き下げ、疾病保険民営化、
定年退職年齢の引き上げなどの構造改革と経済政策による経済の再生を訴えている。
国境管理の厳格化のため、域内を自由に移動できる「シェンゲン協定」の見直しを求めているほか、
移民の家族呼び寄せの制限を主張している。外交面では親ロシア寄りである。

既成政党以外からは、無所属(超党派市民団体)マクロン元経済相(39)が、出馬予定である。
自らの政治運動「アン・マルシュ(前進)!」が基盤で経済リベラル・社会リベラルの旗を掲げて、
中道から左派陣営に訴えている。
ただし、大統領選の立候補には、中央・地方議員の支持が500人以上の支持が必要であり、
これを確保できるかどうかは未知数である。

1月22日からの左派統一候補を選ぶ予備選には、7名の候補者が予定されており、ここで有力なのは、
社会党のバルス前首相(54)であり、その他モントブール元経済相(54)アモン前教育相(49)らが争うこととなる。
但し、左派や与党であった社会党の支持率は落ちこんでおり、決戦投票に残るのはむつかしいとみられている。
バルス前首相は政策的には最も中道だが、緊縮政策を進め治安対策でも強硬派であった。

フランス大統領選のシステムは、第一回投票で50%以上とれば、決定、
決まらなかった場合は上位2名が決選投票にまわり(20%弱と思われる)、
ここで、多数の票を獲得した候補者が大統領となる。

大統領選の構図としては、1/19の世論調査で、25%~26%と1位を占めるルペン党首が決選投票にまわるのは確実とみられる
ついで、同じく23%~25%のフィヨン元首相が残る可能性が高い。

2017年フランス大統領選挙についての日本の反応を見てから、まとめてみましょう。
スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2017-1-19

    メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応「普通に働く人々の成功を助ける!」「新しいサッチャー?」

    英国のメイ首相は、EU単一市場から脱退する強硬離脱(ハードブレグジット)の方針を表明した。 これに…
  2. 2016-12-28

    世界で最も美しい顔100人全員が発表!審査基準はどうなってる?海外の反応まとめ

    毎年話題になる世界で最も美しい顔100人全員が選出されました。 いやはや美人ばかりですが、いったい…
  3. 2016-10-5

    堀琴音姉妹の評価は?反応をまとめ「悲劇のヒロインやわ」「プロが泣いている場合でない」

    10月2日の日本女子オープンゴルフ選手権で惜しくも優勝を逃した堀琴音選手。 実はお姉さんもゴルフ選…
  4. 2016-10-1

    北方領土返還の可能性 今がベストタイミング?反応まとめ

    安倍首相とプーチン大統領の山口での会談で、70年間解決できなかった 北方領土返還、平和条約が大きく…
  5. 2016-10-12

    電通過労死で長谷川教授不適切発言で炎上の経緯!反応をまとめてみた

    大手広告会社電通で女性会社員が過労で自さつしたことに対する、 武蔵野大学の教授のコメントが原因とな…
  6. 2016-12-20

    ロシアで、偽入浴剤を代用アルコールとして飲んだ市民40人以上が死亡!考えられる4つの原因!反応まとめ

    日露会談を終えて帰国したばかりのプーチン大統領が統治するロシアで、安価な酒を求め、 有害なメタノー…
  7. 2016-11-29

    鳥インフルエンザ 2016全国感染の韓国から日本へ?反応まとめ

    2016年11月21日に感染届け出後、韓国全国に広がった鳥インフルエンザが、 渡り鳥を介して日本に…
ページ上部へ戻る