5月13日戦争が起こると嘘っぽい予言を言う預言者の素性を調べてみた

5月13日から10月13日の間、人類にとって非常に危険な期間で、戦争が起こると予言している有名な預言者がいるとか。
いかにも嘘、と言いたいところですが先入観なしに、海外では注目されている人らしいので
預言者・ホラシオ・ヴィレガスについて深く掘り下げて調べてみました。
海外の反応も載せていきます。

スポンサーリンク

5月13日戦争が起こると嘘っぽい予言を言う預言者の素性

5月13日戦争が起こる、ありそうでなさそうですが、嘘っぽい予言と感じるのが日本人です。
しかし、海外と日本というのは感覚がけっこう差があり、日本ではスピリチュアルというと胡散臭いと思われがちで詐欺とかに利用されないかという感じですが
アメリカではスピリチュアルの社会的立場は思ったより強く、信頼感があるものなのです。

ホラシオ・ヴィレガス氏が予言していることは以下です。

・聖母マリアがファティマに現れてから100周年の5月13日に第三次世界大戦が勃発する
・その戦争は、イルミナティの王となる“億万長者のビジネスマン”によって起こされる
・戦争は2017年5月13日から10月13日の間に起こり、多くの厄災と死をもたらす

と、2017年の4月に発表したそうです。「イルミナティの王となる億万長者のビジネスマン」ってトランプさんしかいないような…。
ファティマの軌跡については別記事で触れたとおりで今年は100周年記念で祭典が5月13日に実際に行われています。

ちなみにイルミナティとはラテン語で「光に照らされたもの」で、後に宗教的な活動から「啓蒙、開化」をも意味しこの名前の秘密結社が数多くある。フリーメンソンはこれと区別される。
また、イルミナティカードというものが特別視されており、昔からあるカードだが、そこには911を連想させるものや、トランプ大統領出現や、東日本大震災と放射能を連想させるカードがあり、未来を予言しているカードと見られている。

話がズレましたが、ホラシオ・ヴィレガス氏についてみていきましょう。

・2015年段階でトランプ大統領の出現を予言
・4月のシリア攻撃を予言
・日本も海外もホラシオ・ヴィレガス氏のwikipediaはない
・ノストラダムスも彼の主の研究対象
・ノストラダムスの予言書を現代に訳すことも多いようだ
・そこまでいろんな人に信じられているわけではないようだ
・「私は警告しているのに、多くの人が無視する」と怒っている
・夢で見たものを警告したりする

怪しいにおいがしてきましたが、今回彼が予言していることを見てみましょう。

・米が北朝鮮を攻撃し、中国、ロシアと向かうだろうとしている。
・彼の最も最近の夢「火のボールが空から落下し、地球上で打つ」「世界中の人々が偉大な破壊から隠すために必死の試みで実行されていた」を見たと主張

出典:https://goo.gl/QqehXa

ということで、ここまでで筆者は怪しい人であるようにすごく感じました。
確かに北朝鮮と米国の緊張関係は異常ではありますが、そこまで信頼できる人かは疑問です。

スポンサーリンク

Horacio Villegasの海外の評価は?

youtube
非常に興味深いですが、聖書は偽預言者たちに警告しています。偽預言者は多くの曖昧な声明を出しました。彼らの予測が神のインスピレーションではなかったことが明白です
twitter
確かにWW3は21世紀に起こります。しかし私も、私たちは絶滅しないと信じています
youtube
ノストラダムスは9/11などを決して予測してないでしょ?この人の言ってること嘘だね
twitter
ノストラダムスは1999年外したし信頼なくない?
youtube
あいまいなことを言って、最終的に予言に結びつくことのできるものが起こるんでしょう
twitter
陰謀理論家の妄言ね
youtube
彼は反キリストのペテン師ね

出典:https://youtu.be/cWzCO0uqIOY
出典:twitter

あまりいいことを言っている人を見つけるのは難しかったです。

これらのことからわかるのが、
・そこまで信頼性の高い人ではないのでは?
・4月に予言を発信ということで、4月の段階ではその可能性を普通に考えうるのでは?
・現在の世界情勢にファティマでの聖母マリア君臨100周年記念を無理やりこじつけただけでは?

ということを考えてしまいます。
とりあえず13日も気にせずに仕事に取組み、自分ができる精一杯のことをやっていきたいところです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  2. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  3. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…
  4. 20日のボクシングWBAミドル級王座決定戦で村田諒太がアッセン・エンダムに不可解な判定負けをしました…
  5. カールおじさんなどのキャラクターでもおなじみの明治のスナック菓子カールが中部から東の地域で販売を終了…
  6. 前川喜平文・部科学省の前事務次官が加計学園問題にて加計(かけ)学園に関する総理のご意向とした文書を「…

人気記事

  1. 2017-3-11

    韓国野球WBC敗退後に2021年開催撤退へ!韓国の反応「最高の暗黒時代」「あらたに流入するファンをはじくことになる」

    WBCは各国の野球場を工面して試合を開催しているが、今回1次リーグ敗退の韓国は 実力だけでなく開催…
  2. 2017-1-10

    トランプ次期大統領ツイッターでメリル・ストリープの授賞式での痛烈批判に口撃!海外の反応「幼稚で粗野で不機嫌な反論で感情のままだ」「過大評価されているのはどっち?」

    ハリウッド外国人映画記者協会の恒例のゴールデングローブ授賞式で、 「セシル・B・デミル生涯功績賞」…
  3. 2016-10-18

    アメリカでも導入されたソーダ税の税率と反応まとめ「無糖ソーダはどうなる?」「健康のためというと聞こえはいいが」

    アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー市では2014年11月にソーダ税が決まり、今も2リットルのコ…
  4. 2017-3-8

    北朝鮮同時ミサイル発射!なぜ在日米軍基地標的訓練を?反応まとめ

    北朝鮮は6日に行われた日本のEEZ内などに着弾したミサイル4発の同時発射は 在日米軍基地を攻撃する…
  5. 2016-10-7

    貴乃花の息子は俳優のような顔立ち!でも職業はなんと!!反応まとめ「ストイックなまでに極めそう」「劇団ひとりに見えて・・」

    貴乃花といえば「若貴ブーム」を起こし、一般にまで相撲人気を拡大させた平成の大横綱ですよね。 そんな…
  6. 2016-10-3

    女子ゴルフ長野未祈の評価と反応まとめ「世代交代の波を強く感じる」「メンタルの弱さが出た」

    日本女子オープンゴルフ選手権競技で惜しくも優勝を逃したものの、弱冠15歳ながら大活躍した長野未祈(み…
  7. 2017-5-26

    鳥谷敬頭部死球でもなぜ強行出場?その結果連続出場が1795に!反応まとめ

    24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…
ページ上部へ戻る