都議選2017自民党大敗予想を安倍首相謝罪で覆せるか?反応まとめ「ポーズでしかない」「焦りからでは」

最新の世論調査で、自民党支持率が大幅に下落しているため、東京都議選2017で自民党が20議席以上減らす
大敗予測も現実的になってきた。安倍首相の異例の謝罪会見でこれを覆すことができるのでしょうか?
反応もまとめました。
<2017/7/3更新>
都議選自民惨敗!その原因は小池マジック?反応まとめ
スポンサーリンク

都議選2017自民党大敗予想を安倍首相謝罪で覆せるか?反応まとめ

安倍首相は通常国会の閉幕後の記者会見で、「国会では建設的議論と大きくかけ離れた批判の応酬に終始した。
国民に大変申し訳なく感じている」、「印象操作のような議論に対してつい強い口調で反論してしまう
私の姿勢が政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」と謝罪した。

また、国会では記録文書の存在を文科省がなかなか認めなかったことについて
「調査に時間がかかり、率直に反省したい」と述べていた。

23日に告示、7月2日投開票と迫った東京都議選の結果にこの謝罪が影響を与えるであろうかを調べてみました。

今回の都議選に自民党安倍内閣が危機感を抱いている理由は以下である。

自民党安倍内閣が危機感を抱いている5つの理由

1. 最新の各社世論調査で自民党の支持率が大幅に落ちている。
都議選に関連しても以下の調査結果が出ている(産経・FNNの最新世論調査)
東京都の自民党支持 41.0%(5月調査)→29.5%(6月) と11.5%減少
小池百合子都知事 東京の支持率 70.9%(5月調査)→ 68.6%(6月) 2.3%の微減
これらから考えると都民ファーストの会が都議会第一党となり、
自民党が20議席以上減らす大敗との予想も十分現実味をおびてきます。

2. 都議選がその後の国政に大きな影響を与えた過去の事例がある

3. 自民党を避けた場合、国政では民進党など野党が弱体化している現状があるが、
都議選では受け皿となる小池知事の都民ファーストの会が存在する。

4. 小池知事は、これまでの都議会自民党の内田前都議会議員を中心とする
「忖度政治」を叩いているが、これは、安倍内閣の加計学園問題にも通じるものである。

5. 問題となる争点化を両者が巧みに避けてきたため、国政運営に焦点があたってきた。
小池百合子都知事(都民ファーストの会)
・決められない都知事との批判に対し、オリンピック費用負担問題を曲がりなりにも決着させ、
築地市場移転問題では、公示前に方針を表明する予定と言われている。
自民党
・受動喫煙対策を争点化しようとした小池知事に対し、
党内が割れている自民党は今国会での法令を延期した。

これにより、都議選が都民の「(傲慢な)自民党におきゅうを据えたい」との格好の場となる可能性がある。

安倍首相の謝罪および都議選についてのネットの反応は?
スポンサーリンク

安倍首相謝罪に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

安倍首相の謝罪を都議選と結びつけるコメントが多く、
本当の意味での謝罪ではないとの意見も多数あります。

本来の謝罪をするなら、言葉だけでなく、国会休会中であっても、
問題解明のための具体的な行動に結びつけるべきと思います。

支持低下が、内閣改造などで、一過性に終わるのか、
今後の大地殻変動の端緒となるのかしっかり見極めて行く必要があります。

■関連記事
都議選2017の一人区対決の最新予想は?反応まとめ

安倍内閣の最新支持率の急落をパククネ前政権と比較!これからどうなる?反応まとめ

小池都知事アウフヘーベン発言は何を意味する?反応まとめ「先伸ばしするだけ」「便利な言葉だ」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 浜田正幸
    • 2017年 6月 22日

    東京都民の方はいいですね、選挙で意志表示が出来るので投票率が上がる事を祈ります。投票率が上がれば困る様な政党が政権とるようではいつまでも、この国は良くならない

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 中国の4大銀行が中国人民銀行の指示で、北朝鮮籍の個人、企業に対する金融業務の取引停止をした。公式には…
  2. 北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  4. 歌手の安室奈美恵(40)が2018年9月16日で引退すると今月20日に発表したことで 日本では大騒…
  5. 9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  6. 元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…

人気記事

  1. 2017-2-14

    イヴァンカトランプがカナダ首相とのトップレベルの会議でリーダーシップ!反応まとめ「公私混同の常識のなさ」「30年後くらいに大統領なるかも」

    トランプ米大統領が、訪米中のトルドーカナダ首相と米加両国の女性実業家らと開いた会合に、 イヴァンカ…
  2. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  3. 2017-5-12

    ファティマ第三の予言が2017年5月はデマか本当か?反応まとめ「北朝鮮危機にこじつけた」「日付は指定されてない」

    今回は少しオカルト的な内容となりますが、非常に面白い話なので紹介します。 事実と創られた話の境がわ…
  4. 2017-7-24

    安倍政権都議選に続く連敗で崩壊の危機へ!反応まとめ「情報に弱い高齢者がマスコミに騙されてる」「国政と関係ある?」

    仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  5. 2017-4-20

    ラウドネスの入国拒否には理由が!反応まとめ「オバマ時代にもあったよ」「トランプ関係ないよ」

    日本のヘビーメタルの代表格LOUDNESS(ラウドネス)が入国拒否によりアメリカツアーを断念し帰国し…
  6. 2017-6-19

    松山英樹のキャディ進藤大典がスゴイ!収入・支える力 反応まとめ

    松山英樹選手のキャディを務める進藤大典さんの収入や仕事ぶりがスゴイ!と話題になっています。 いった…
  7. 2016-12-30

    飲食店で連休休めない張り紙が炎上!その反応と対策「経営者側の準備不足に非」「サービス業で全休みだすのは非常識」

    ある飲食店の張り紙が話題になっています。 twitterに投稿された「今後の大型連休は全て休み希望…
ページ上部へ戻る