アシッドアタック日本人もある?イギリスで急増中に心配の声

アシッドアタックがイギリスで急増していることに対して日本でもあるの?と心配の声が多数上がっています。
スポンサーリンク

アシッドアタック日本人もある?イギリスで急増中に心配の声

実際、日本でも過去に被害はあったのでしょうか?
今回は、アシッドアタックがイギリスで急増していることに対する心配の声などをまとめていきたいと思います。

<アシッドアタックとは?イギリスで急増中>
アシッドアタックとは、硫酸・塩酸・硝酸など強酸の劇物を他人の顔や頭部などにかけてやけどを負わせて、
顔面や身体を損壊させる行為のことです。アシッドは酸を意味していて、酸攻撃とも呼ばれます。

このアシッドアタックがイギリスのロンドンで急増しているようなのです。
最近ではロンドン東部のクラブの中で無差別に強酸がふりかけられ、22人が負傷する事件が起きました。
その犯人の25歳の男は逮捕されましたが、急増するアシッドアタックにロンドンの人々は不安を募らせています。

無差別というのは怖いですね。それにしてもそんな危険なものを他人の体に平気でかけるというのがそもそも理解不能です…。

元々は、インドで昔からある犯罪で、国の問題としてよく取り上げられていましたが、ここになってイギリスで急増している事態です。
「懲らしめるため」ということでインドではよくある犯罪ということですが、おそらくこれを模倣したのでしょう。
移民問題などの絡みでこういったことがイギリスで起きており、狙った人だけでなく無差別もあるので、非常に卑劣であります。

<アシッドアタックは日本人も被害がある?>

そんな恐ろしいアシッドアタックは残念ながら日本でも被害事例がありました。

その昔、1957年1月13日には美空ひばり塩酸事件というのが起こりました。浅草の国際劇場で、「花吹雪おしどり絵巻」に出演していた当時19歳の美空ひばりが、
客席にいたファンの少女(当時19歳)から塩酸をかけられるという事件です。

少女は「塩酸をかけて、みにくくなった顔をみたい」と手帳に書いていたそうです。
幸いひばりの回復は早く、1月29日には大阪の舞台に復帰したそうです。

これとは少し違うようですので、最近の日本の事件を見て行きましょう。

一件目は2007年の8月。福岡県福岡市の路上で44歳の男性が硫酸をかけられて重傷を負うという事件が起きました。
犯人は男女2人組で、インターネットの「復讐サイト」で知り合い、共謀するにいたったとのこと。

二件目は2015年4月。群馬県高崎市で、女性が相次いで硫酸をかけられるという事件が発生。
県警はその後、30歳の無職の男を犯人として逮捕しました。

日本でも被害があったなんてショックです…。しかも、2015年の事件は無差別に女性が被害に遭ったということで、
いつ路上で被害に遭うかわからないと当時不安になった方も多かったと思います。

最近の日本ではあまり馴染みのない犯罪ですが、海外で多発していることが影響で日本でも模倣犯として
アシッドアタックをする輩が出てくるかもしれません。
劇物を簡単に一般人が手に入れられないようにするなどしてなんとか対策してもらいたものです。

アシドアタックに心配の声も急増中のようですので、見て行きましょう。
スポンサーリンク

アシドアタックへのネットの反応

インドとかだけじゃないのか、怖っ
アシッドアタックは非道すぎる
ついに日本でも…
まさか日本でも起こるとは、おそろしい…
加害者の神経がわからん
アシッドアタックをするやつは本当に頭おかしい
日本でもアシッドアタックが出回り始めたのか
アシッドアタックは絶対許される行為ではない
もっと厳罰化するべき
傷害事件の中でも最低最悪

出典:https://togetter.com/li/805274

許されざる犯罪アシッドアタックがイギリスで多発していることは、日本でも同じことが起きないかと心配です。
特に、アシッドアタックの被害に遭うのは女性が多いということで、不安な方も多いと思います。
アシッドアタックの厳罰化、劇物の仕入れルートの整備などで防止していくことが必要です。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 真木よう子が真実でないと抗議した東スポ記事“女優廃業危機”が炎上しています。 視聴率をツイッターで…
  2. 8月21日から米韓合同軍事演習が予定通りに韓国で行われます。 北朝鮮を敵と想定しての訓練になります…
  3. 英国ケンブリッジ大出版局が、「チャイナ・クオータリー」のサイトに掲載されていた政治的に敏感な大天安門…
  4. 注目の集まっている異種格闘技戦、メイウェザーvsマクレガーはWOWOWで放送しないと言われているので…
  5. バノン首席戦略官兼上級顧問が解任され、北朝鮮問題など、重要課題を抱えるトランプ大統領政権がどう変化す…
  6. 夏の甲子園3回戦で注目のカードであった仙台育英vs大阪桐蔭で球場が騒然とする劇的ラストを迎えた。 …

人気記事

  1. 2016-12-25

    世界最低レベルの受動喫煙対策強化なるか?厚生労働省案に猛反発!なぜ?

    東京オリンピック・パラリンピックに向け、厚生労働省は最近、受動喫煙対策強化案を示し、 飲食店や駅・…
  2. 2017-5-8

    「みどりくじ」当たった人いるの?反応まとめ

    5月1日からLINEで実施されている「みどりくじ」 くじを引くことで高額の当選金が手に入る可能性も…
  3. 2017-8-14

    山中慎介V13戦のテレビ放送時間と結果予想まとめ

    WBCバンダム級王者・山中慎介は13度目の防衛をかけ、8月15日にルイスネリと対戦します。 この試…
  4. 2016-11-13

    朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

    韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、 ソウル中心…
  5. 2017-8-10

    北朝鮮がグアム攻撃へミサイルを飛ばそうとする理由と海外の反応まとめ「誰も国連を恐れてない。意味がない」「キムは初動をしてしまうほど愚かか」

    北朝鮮が、10日朝に、中長距離弾道ミサイル「火星12」型4発を、 日本上空を通過させて、グアム周…
  6. 2017-7-10

    フィリピンイスラム国拠点化阻止に苦慮!なぜ?反応まとめ「対岸の火事ではいられない」「より日本に脅威が」

    フィリピンのドゥテルテ大統領が、イスラム国拠点化阻止を掲げ、5月23日ミンダナオ島一帯に戒厳令を布告…
  7. 2017-6-1

    ACL浦和×済州で乱闘!ペク・ドンギュとは?韓国の反応「ベンチの選手がひじ打ちはおかしい」「監督も問題」

    5月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦2nd leg 浦和…
ページ上部へ戻る