ACL浦和×済州で乱闘!ペク・ドンギュとは?韓国の反応「ベンチの選手がひじ打ちはおかしい」「監督も問題」

5月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦2nd leg
浦和レッズが逆転で済州を下して準々決勝進出を果たしましたが、なんと試合終盤から試合終了後にかけて両チーム入り乱れての乱闘が勃発。
今回は、ACL浦和済州戦の乱闘の経緯とその中でもエルゴーでレッドカードをくらったペク・ドンギュ選手について、そして乱闘に対する韓国の反応をまとめていきます。

スポンサーリンク

ACL浦和×済州で乱闘!ペク・ドンギュとは?

ACL浦和×済州で乱闘で、途中からおかしいと思ったのは日本だけではないでしょう。
ちょっとした乱闘というものはあるものですが、ピッチの選手じゃない選手が暴力をふるうという異常な事態が起きました。

韓国の反応と、ペク・ドンギュ選手について整理してみていきましょう。

▶ACL準々決勝浦和済州戦 乱闘の経緯

5月31日に行われたACL準々決勝2nd legの浦和済州戦。
結果としては浦和が勝利しましたが、試合終盤から終了後にかけて両チームの控え選手やスタッフまで入り乱れての乱闘が発生。
まずは延長後半終了間際、済州のベンチにいたペク・ドンギュがピッチに入り込み浦和の阿部勇樹にひじ打ちをお見舞いして退場。
そして試合終了後、両チームの選手、スタッフが入り乱れてのもみ合いが発生し、さらに大勢の相手チーム陣営に追いかけられた浦和の槙野選手は控室に走って逃げこむなど混乱のまま試合は終了しました。

槙野選手については日本でも批判があり、これは別件としてここでは割愛します。

 

▶試合に乱入したペク・ドンギュとは?

延長後半に試合に乱入し相手選手にひじ打ちをお見舞いして退場となった済州のペク・ドンギュ選手とは何者なのでしょうか。
ペク・ドンギュは韓国出身、済州ユナイテッドFC所属の26歳。
ポジションはDF。2014年にFC安養でプロデビューし、今に至るということですが、正直これ以上の情報はネットでは得られませんでした。
おそらく問題の試合でも控えだったことからそこまで有名な選手ではないようです。
それとも今回の行動のことを考えると普段から素行の良くない選手なのかもしれません。

スポンサーリンク

ペクドンギュ選手エルボーの乱闘に対する韓国の反応

韓国の反応をまとめてみましたところやはり9割以上同じような反応でありました。

なんであんなことをしたんだ
たとえ負けてもあんなことするのはまともじゃない
監督にも問題がある
明らかに不公平な審判だったし浦和が買収したんじゃ
あれは謝るべき
ベンチの選手が出てきてひじ打ちはおかしい
見苦しい敗北
ゴールもマナーもない
乱闘で結果もマナーも失った
なんでベンチの選手が?

出典:https://goo.gl/Zb9MSQ

衝撃的な乱闘だったペク・ドンギュのエルゴー。
韓国でも「これはひどい」と酷評されていて、特に控え選手なのにピッチに乱入したペク・ドンギュに対しては理解不能だという反応が多く見られました。
たしかに私もサッカーの試合を今までたくさん見てきましたが、控え選手が試合に乱入した退場させられるなんてのは見たこともありません。おそらく彼は控え選手として改めて処分を受けることになると思います。
やっぱり私たち観客は乱闘ではなくいいプレーが見たいものですので
今回浦和が勝っても非常に後味が悪いものとなってしまいました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 今年最大の政治決戦と言える東京都議選2017の投票日が迫ってきました。 選挙の期間、また選挙当日は…
  2. 大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  3. 投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する 一…
  4. 張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  5. サニブラウンが9秒台を最初に出すか? 日本選手権2017男子100m決勝にて、かつてないハイレベル…
  6. 陸上・日本選手権兼世界選手権ロンドン大会代表選考会第2日の男子100メートル決勝が24日(土)20:…

人気記事

  1. 2017-1-31

    小池都知事は豊洲移転争点化で都議会自民党を撃破できるか?反応まとめ

    小池都知事は都議選で豊洲市場移転問題を争点化し、2011年に移転予算案を成立に導いた都議会自民を責め…
  2. 2017-1-10

    新元号の予想一覧!決め方や問題点もまとめてみた「安始って」「日明」「安成でしょ」

    2019年から新元号とする意向を政府が発表し、次の元号は何かと話題になっています。 今回は、新元号…
  3. 2016-10-1

    中国人観光客への感想。いち中国人観光客家族の悲しくも心温まる事実を紹介

    日本への中国観光客のイメージや感想としては、富裕層、爆買い、マナーが悪いという日本人が多いようです。…
  4. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  5. 2016-12-1

    潘基文が大統領選出馬!その評判と反応「国連事務総長の人気がタイミングよすぎない?」「外相時代から反日言動」

    藩基文といえば国連事務総長ですが、今回の朴槿恵政権退陣を受けて韓国大統領出馬をする可能性があると発言…
  6. 2017-4-17

    フランス大統領選挙2017マクロン支持率低下でルペンの決選投票勝利も!反応まとめ

    第1回投票で、極右政党のルペン党首と中道のマクロン前経済相が選ばれ、決戦投票で、 ルペンを嫌う有権…
  7. 2016-11-7

    ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

    10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、 …
ページ上部へ戻る