北朝鮮から解放されたアメリカ人学生に父親の無念!トランプ大統領はどう出る?反応まとめ

13日に昏睡状態で、北朝鮮から解放されたアメリカ人学生オットー・ワームビア氏が19日なくなったと伝えられた。
トランプ大統領が、父親の訴えを受けて水面下の交渉を指示し、実現させただけに大統領が今後どう出るかが注目される。解放にいたる経緯と反応をまとめた。

スポンサーリンク

北朝鮮から解放されたアメリカ人学生に父親の無念!トランプ大統領はどう出る?反応まとめ

2016年1月2日、アメリカ人学生オットー・ワームビア氏が北朝鮮当局に逮捕される。
ホテルで政治宣伝物を盗もうとしたという「反朝鮮敵対活動」の理由で、
15年間の労働教化刑(体制転覆容疑)を言い渡されていた。

オットー・ワームビア氏解放の経緯

2017年1月 トランプ政権誕生
2017年4月 父親のフレッド・ワームビア氏が米FOXニュースの番組で息子の問題を取り上げてもらう。
オバマ前政権は事を荒立てないよう求めるばかりで「何の成果も挙げなかった」、
「アメリカの外交官は息子を解放させるのに全く役立っていない」と批判した。
・昨年オバマ政権のジョン・ケリー元国務長官に訴えたが、北朝鮮を「動揺させ」ないように静かしているようにと言われた。
このような微妙な外交問題では、通常の手続き(プロトコール)だと専門家が言うアドバイスだった。
・トランプ政権の誰も電話もしてこない。国務省との主要な連絡は、その機関の下位の職員だけだ。
「誰も私達に手を差し伸べてくれない」「私は、(国務省の)の人以外の誰かが手を差し伸べて、
私たちに安心感を与えてくれることを期待していたが、それはこの世では起こらない」

これを知ったトランプ大統領が米国の人質の解放を確保するための適切な措置
(水面下の解放交渉)をティラーソン国務長官に、指示する。
ティラーソン国務長官は直ちに作業を開始し、進捗状況を大統領に逐次報告した。

6月6日 国務省特別代表ジョセフ・ユン氏Joseph Yunは、ニューヨーク市でのパク・キヨンPak Kil-yon北朝鮮国連代表部大使との会談で、
オットー・ワームビア氏の健康を悪化している(昨年3月以降昏睡状態に陥っている)ことを知ることを初めて知る。
6月12日 ワームビア氏を解放するため、ジョセフ・ユン氏が医療チームと北朝鮮に行った。
これが、米国がワームビア氏の状況を確認した最初のことであった。人道上の理由で解放を要求し、北朝鮮からの出国を手配した。
6月13日 解放され、昏睡状態ながら故郷のシンシナティにて、家族と再会した。
6月19日 家族が19日、息子の死を明かにし、「息子は北朝鮮によってあまりにも残酷な扱いを受けた」との声明を発表した。
トランプ米大統領も「人生の盛りにいる子どもを失うことほど、親にとって痛ましいことはない」
「残忍な北朝鮮政権を非難する」との声明を発表した。
この事態を受けてトランプ大統領は北朝鮮に対しどう動くか?

「人道的見地から解放した」と言い張る北朝鮮に、トランプ政権は態度を著しく硬化させている。
米世論の反発も強い。まだ、3人の米国人が北朝鮮に捕まっており、これまで以上に北朝鮮に圧力を強めていくと思われる。

一方、米中両国による初の「外交・安全保障対話」を21日に首都ワシントンで開かれる予定である。
中国の北朝鮮への圧力の努力を認めながらも、成果が出ていないことにイラついているトランプ大統領がこの問題も含めて、どうでるかが注目される。

次に、北朝鮮から解放されたアメリカ人学生についてのネットの反応を見て行きましょう。
スポンサーリンク

北朝鮮から解放されたアメリカ人学生に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

北朝鮮の残忍さに対する非難はもちろんだが、今まで、米国人向け北朝鮮ツアーが行われていて、
多数の米国人観光客が参加している米国人の好奇心が高く、楽観的なところに不思議な感を受けるのは、確かである。

父親への対応を見ると、オバマ政権は、核廃絶問題や人権問題などで、理想を掲げながら、
結局摩擦を避け、北朝鮮の核開発の進展を許したり、捕らわれた自国民に何の手も打たなかったのではと思える。

こういう点が、前政権を非難し、トランプ大統領を支持する層の存在する理由の一つでもある。

強硬策が解であるとは言えないが、摩擦を避けていては、事態は悪化するか、
北朝鮮のような国の思うつぼになるということであろう。

先制軍事攻撃、経済的圧力、中国への働きかけなど手が限られているということだが、
この事態を受けて、次にトランプ大統領が打つ手に注目される。

■関連記事
アメリカ人大学生北朝鮮から昏睡状態で解放に全米憤り!なぜ今?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. カドカワ株価急落の理由は、言わずもがな超人気アニメ「けものフレンズ」を手がけてきたたつき監督が外され…
  2. 後藤久美子さんといえば、40代の人なら一世を風靡した女優として鮮烈に記憶に焼き付いていることでしょう…
  3. 北朝鮮の李容浩外相がニューヨークで、「トランプは(ツイッターで)わが国指導部の先はそう長くないだろう…
  4. 25日午後、小池都百合子都知事は臨時記者会見を開いて、国政政党「希望の党」の立ち上げを発表し、 自…
  5. いよいよ10月22日衆議院解散総選挙となります。 いきなりの解散で各党の公約がどうなるか注目される…
  6. 林修先生の9月4日初耳学での英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言が話題です。 実は筆者も幼児を…

人気記事

  1. 2017-5-1

    護衛艦いずもの実力は?初防護のため出港した反応まとめ

    北朝鮮の核・ミサイル開発によって緊張状態が続いているアメリカと北朝鮮ですが、日本は安全保障関連法に基…
  2. 2017-7-17

    安倍離れの理由8つの出来事と反応まとめ「自民党支持層のなかからも」「マスコミの偏向報道」

    安倍離れの理由についてみていこう。 報道各社の最近の世論調査で内閣支持率は軒並み30%台に急落…
  3. 2017-4-17

    山本幸三担当相はなぜ学芸員はがんと失言した?反応まとめ「文脈が分かれば納得できる部分も」「何様だ」

    山本幸三担当相が学芸員はがんと発言したことで波紋を呼んでいます。 なぜそのような軽率な失言をしたの…
  4. 2016-12-3

    プーチン大統領山口来日を前にした岸田外相との会談に2時間遅刻!!これは意図的か?反応まとめ

    プーチン大統領は15日に来日して行う山口での安倍首相との会談を前にした サンクトペテルブルクでの岸…
  5. 2017-3-5

    中国THAAD配備報復を加速化の5つの理由とは?反応まとめ

    中国が7月に予定されている韓国でのTHAAD配備を白紙にするため、韓国への報復の度合いを最近ますます…
  6. 2017-7-10

    フィリピンイスラム国拠点化阻止に苦慮!なぜ?反応まとめ「対岸の火事ではいられない」「より日本に脅威が」

    フィリピンのドゥテルテ大統領が、イスラム国拠点化阻止を掲げ、5月23日ミンダナオ島一帯に戒厳令を布告…
  7. 2017-5-5

    森脇良太選手の口臭い発言と反応まとめ「これまでのことがあるから」「弁解だが支離滅裂だ」

    浦和の森脇良太選手が4日の鹿島戦にて相手選手への口臭い発言などが問題となっています。 今回は、4日…
ページ上部へ戻る