あずきバー7月1日無料配布の人気の秘密に迫る!反応まとめ「みんな、歯ぐきは鍛えた?」

井村屋は「日本記念日協会」に登録している「井村屋あずきバーの日」、7月1日に、
全国5カ所で人気のアイスキャンディー「あずきバー」1万9450本を無料配布する。反応もまとめた。

スポンサーリンク

あずきバー7月1日無料配布の人気の秘密に迫る!反応まとめ

その硬さから「食べる凶器」とも評される井村屋の「あずきバー」の秘密とこれまでのトピックスをまとめてみた。

あずきバーの歴史

1972年 「あんの消費が落ち込む夏場に、あえてあんのお菓子を食べてもらう」というコンセプトで誕生した。
1973年 「あずきバー」発売される、
2008年7月1日 無料配布のイベントスタート(以降断続的に行われる)。
2013年1月24日 知財高裁は「『あずきバー』は井村屋の商品の名称として広範に認知されている」などとして
訴えを認め、特許庁の決定を取り消し、「あずきバー」の商標登録が認められた。
2013年7月1日 無料配布のイベントを毎年の恒例として行うようになる。
2015年 あずきバーと日本刀に共通する「かたさ」が取り持った縁で、岐阜県関市のふるさと納税の返礼品にも選ばれた。
今年も返礼品リストに「あずきバー食べ比べセット」として載っています。
2016年」3月28日 岐阜県関市のナイフメーカーがデジタルロックウェル硬度計であずきバーの硬度を測定した。
http://blog.livedoor.jp/gsakai/archives/2179877.html
一瞬、サファイアの硬度を超えたとも書かれていますが、測定が安定せず正確な硬度は測定できなかったとされています。
安定しないのは、スケートの原理と同じで、硬度測定のため、圧力をかけると、融点が降下し、その部分が溶けだすためだと思われます。
2016年4月1日 あずきバーが24年ぶりの値上げで、10円高くなって70円となる。
これは、CMで有名になったガリガリくんの値上げと同じ時期。
2017年6月29日 「世界一固いアイス!? を削って新しい食感を体感しよう!!」との
キャッチフレーズで、タカラトミーの「おかしなかき氷」が発売される。

<なぜ「あずきバー」はこんなに堅いの?>
井村屋のホームページには、あずきバーの商品説明に「固く凍っているため、
歯を痛めないようにご注意ください」と書いてあるほど、堅さで有名なあずきバーはなぜこんなに堅いのでしょう。

「ぜんざいをそのままアイスにする」という発想で作られているため、原材料は小豆・砂糖・コーンスターチ・塩・水あめの5種類のみで、
乳固形分や乳化剤や安定剤などの添加物を使っていない。したがって、空気の泡が少なくなって固くなっているとのことです。

さらに、昔と比べて甘さが求められなくなり、甘さを抑えた結果、水分量が増え、
その水分が氷になる割合が増え、以前と比べると固くなったんですとも説明されている。

なお、「あずきバーはなぜ堅い?」という書籍も出版されているようです。

<どこでいつ配付される?>
配布会場は東京、大阪、名古屋、福岡の4都市5カ所。今回の配布本数は過去最多となる1万9450本だそうです。
東京ミッドタウン会場では、午後2時半から6000本を配布する。
各地の詳細は以下に。
https://www.imuraya.co.jp/news/2017/details119/

あずきバー無料配布についてのネットの反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

あずきバー無料配布に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

あずきバーの変わらぬ人気がうかがわれます。

筆者もあんが大好き人間ですので、アイスキャンデーのなかでも「あずきバー」が一番です。
但し、あの堅さには、細心の注意を払い、購入してから慎重に時間を計って、食べ始めます。
これで歯が欠けると、歯医者に行って、「あずきバー」何本分の医療費がかかるのかと思いながら。でもやめられません。

「・・・にやさしい」ものばかりがもてはやされる最近の世の中で、伝統を守って頑固に堅さを
売りにしているところが人気の秘密かもしれません。高齢化社会にも負けないでと応援したくなります。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  2. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  3. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  4. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  5. ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  6. 安倍離れの理由についてみていこう。 報道各社の最近の世論調査で内閣支持率は軒並み30%台に急落…

人気記事

  1. 2017-5-11

    トランプがパソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用拡大!反応まとめ「スマホもダメとか言い出す?」「日米線でやられたらマジで痛い」

    トランプ政権は3月の中東・北アフリカ地域発の航空便を対象としたパソコンの機内持ち込み禁止に引き続き、…
  2. 2017-1-8

    慰安婦少女像はウィーン条約違反なのになぜ放置?反応まとめ「ソウル前の方が問題」「努力義務で約束ではない」

    慰安婦少女像設置に対して菅官房長官は5日、「ウィーン条約違反」という言葉を明確に発言しました。 元…
  3. 2017-2-11

    芦田愛菜ちゃん合格の名門中学はどこ?仕事も学業も天才への反応まとめ「いじめを見返した」「尊敬しかない」

    芦田愛菜ちゃんはまだ中学生になっていなかったのですね。 ドラマ『OUR HOUSE』見た時はもうと…
  4. 2017-5-12

    5月13日地震が福岡でという噂はデマか本当か?その根拠と反応まとめ

    5月13日前後に福岡で大規模な地震が起こることが予想され話題となっています。 地震を事前に予知する…
  5. 2017-6-30

    あずきバー7月1日無料配布の人気の秘密に迫る!反応まとめ「みんな、歯ぐきは鍛えた?」

    井村屋は「日本記念日協会」に登録している「井村屋あずきバーの日」、7月1日に、 全国5カ所で人気の…
  6. 2017-2-15

    金正男の息子・ハンソルを心配する声!韓国の反応「独裁者、と彼は主張したことがあるからな」「かくれんぼだ」

    金正男がマレーシアにてあやめられたという事件に対して、昔から金正恩の粛清対象だったためということで …
  7. 2016-12-26

    樋口新葉と本田真凛同年齢のふたりのライバルの今後は?反応まとめ

    今年の全日本選手権女子で、樋口新葉は2位、本田真凜は4位という結果となった。 同年齢のふたりのライ…
ページ上部へ戻る