トランプがパソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用拡大!反応まとめ「スマホもダメとか言い出す?」「日米線でやられたらマジで痛い」

トランプ政権は3月の中東・北アフリカ地域発の航空便を対象としたパソコンの機内持ち込み禁止に引き続き、
携帯電話よりも大きな電子機器の機内持ち込みを禁止する措置について、複数の欧州諸国にも適用を拡大する可能性が大きいと報じられた。
スポンサーリンク

トランプ政権がパソコンの機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用拡大!反応まとめ

トランプ政権によるパソコンの機内持ち込み禁止の理由として、パソコン内部に隠された爆発物の危険性に対処するためとしている。
「高密度の物体がバッテリーかプラスチック爆薬かどうかを判断するのは実際のところ非常に難しい」ことが理由の一つとして挙げられるとのことだ。

この対象国の拡大により、ユナイテッド航空やデルタ航空、アメリカン航空など米航空会社に影響を与える可能性がある。

米国のパソコン機内持ち込み禁止はこれまで、USへの直行便を持つロイヤル・ヨルダン航空RJAL.AM、エジプト航空、
トルコ航空、サウジアラビア航空、クウェート航空、ロイヤル・エア・モロッコ、カタール航空、エミレーツ航空エティハド航空に大きな影響を与えてきた。

また、同時に貨物室での電子機器のリチウム電池が発火するリスクについて、対策を再検討しているとのことだ。

3月での処置とその影響は以下であった。
3月21日、米国は、武装グループが爆発物を電子機器に隠して持ち込もうとしているとの報道を踏まえ、
イスラム教徒が多く住む中東や北アフリカ諸国の一部空港を出発する航空機内への電子機器持ち込みを制限した。

空港はエジプトのカイロ、トルコのイスタンブール、クウェートのクウェート市、カタールのドーハ、
モロッコのカサブランカ、ヨルダンのアンマン、サウジアラビアのリヤドとジェッダ、アラブ首長国連邦のドバイとアブダビである。

携帯電話よりも大きな電子機器としては、タブレット端末や携帯DVDプレーヤー、ラップトップ、カメラなどで、
機内持ち込みは禁止され、預け入れ荷物とすることが義務付けられる。

英国も、中東6カ国からの航空便で携帯電話よりも大きな電子機器のメーンキャビンへの持ち込みを制限した。

英国の制限は、トルコ、レバノン、ヨルダン、エジプト、チュニジア、サウジアラビアからの直行便に適用された。

国際民間航空機関(ICAO)は、アラブ首長国連邦、エジプト、その他の国々が、
航空会社が不当に罰せられたと不満を表明している。

その他、新たな処置に対し、解決する必要のある問題には、空港での混乱を最小限に抑えるため、
新しい禁止事項を乗客によく伝える方法がある。
運用面では、米国行きのフライトのオンラインチェックインを停止するとか、
ターミナルのそれ専用の場所から出発することなどの措置が検討されている(以上Reuter参照)。

この処置の背景としては、PC等に仕組まれたテロ対策と、
それに付随してリチウムイオン電池による発火事故対策の両面があるようです。

ただ、リチウムイオン電池が貨物室で発火することを心配するなら、
キャビンでない貨物室で、仕組まれた爆弾が爆発する危険の方が大きいのではと思われます。

テログループの「爆発物をパソコンなど電子機器の内部に仕掛ける新たな技術を取得」との追いかけっこで、
処置がどんどん厳しくなる
印象ですが、安全のためには仕方ないのでしょう。

テログループは、より高度な検査機器を開発しても、またそれをかいくぐる技術を開発するのでしょうか?
北朝鮮と言い、どうしてそれほどまで技術レベルが高いのでしょう?

パソコンの機内持ち込み禁止についてネットの反応をまとめます。
スポンサーリンク

パソコンの機内持ち込み禁止に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本発の航空機に適用されるのも時間の問題のように思われます。ますます、一般人の生活に危険と不便さが忍び寄ってきています。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アシッドアタックがイギリスで急増していることに対して日本でもあるの?と心配の声が多数上がっています。…
  2. リンキンパークのチェスターベニントン2017年7月20日になくなったことが報道された。 自死による…
  3. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  4. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  5. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  6. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…

人気記事

  1. 2017-3-16

    安倍総理が森友学園に寄付金の信憑性は?事実ならどうなる?反応まとめ

    森友学園に関して籠池泰典理事長が安倍総理から100万円の寄付金を受けていたと語りました。 果たして…
  2. 2016-12-29

    紅白歌合戦2016の審査員に新垣結衣が選ばれたのはなぜ?反応まとめ「NHKに民放が乗っかった」「恋ダンス踊れるの?」

    大晦日恒例のNHK紅白歌合戦。その審査員に新垣結衣さんが選ばれました。 人気女優であることは確かで…
  3. 2017-4-10

    米海軍カール・ビンソン空母打撃群の実力は?反応まとめ「小さい国なら滅ぼせる」「火の粉がふりかかるのは日本」

    4月8日、米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」をはじめとする空母打撃群がフィリピンから朝鮮半島へ向…
  4. 2017-5-31

    世界卓球2017ドイツ女子の放送予定は?48年ぶりのメダル獲得が期待できる3つの理由とは?

    世界卓球2017ドイツ大会が29日に開幕し、女子シングルス1回戦で本日31日から日本選手が登場する。…
  5. 2016-12-7

    孫正義のトランプ会談での巨額投資は大丈夫?心配の声

    ソフトバンク社長の孫正義がトランプ氏との会談で5兆円の投資をする約束をしたことが話題になっています。…
  6. 2016-12-26

    ソフトバンクのスマップCMオリジナルバージョンの内容は?反応まとめ「CMで泣いたのはじめて」「永久保存」

    ソフトバンクがスマスマ最終回にて、間のCMにて1分間ものオリジナルバージョンのCMを流したことが …
  7. 2017-2-17

    金正男がいい人と人気なのはなぜか?10個の強烈エピソード紹介と反応まとめ

    2月14日にマレーシアにてスパイにあやめられたことが報道された金正男氏ですが、 ネットでは非常に好…
ページ上部へ戻る