アリゲーターガーが名古屋城で捕獲!日本で繁殖してるのはなぜ?反応まとめ

5月17日、アリゲーターガーが名古屋城でついに捕獲されました。2016年には荒川でも捕獲されましたが、
これほどまでに日本で繁殖しているのはなぜでしょうか?
今回は、名古屋城で捕獲されたアリゲーターガーの顛末と今までの日本での捕獲例をまとめていきます。

Sponsored Links

アリゲーターガーが名古屋城で捕獲!日本で繁殖してるのはなぜ?反応まとめ

北アメリカ最大の淡水魚であり、世界最大級の淡水魚としても知られているだけあって大きいですね。

<アリゲーターガーが名古屋城で捕獲される>
今回捕獲されたアリゲーターガーは2009年に初めて目撃されたものです。

今までもたびたび捕獲を狙って名古屋市が巡視し続けてきましたが、
4月8日に市民が今年初めて目撃し、市の職員が刺し網を設置。

2度の失敗の末、15日に仕掛けた罠に1匹がかかりついに捕獲に成功しました。
今後、このアリゲーターガーをどう扱うかはまだ調整中とのことです。

<アリゲーターガーの日本での捕獲例>
アリゲーターガーの捕獲例は数多く報告されています。一般人による捕獲が多いため、
残念ながら詳細な時系列は分かりませんでしたが、
大阪の寝屋川や兵庫の芦屋、神奈川・東京の多摩川などで何匹も捕獲されているようです。

<日本で繁殖しているのはなぜ?>
鑑賞用で購入した人が飼育放棄によって河川へ放流したのが原因と言われています。

大量輸入で、価格が手ごろになり、誰でも購入できるようになった。
また、小さい頃であれば、安く10cm程度の幼魚なら数千円で購入できる。

ところが、繁殖が早く、最終的な成魚の段階では大きさ2m、重さ100kgにもなるという。

こうなると、
・2mのアリゲーターガー泳げる巨大な水槽を準備する必要がある。

・肉食性で、最初はアカムシ、ボウフラ、動物プランクトンなどを食べているが、稚魚となると、
水生昆虫やその幼虫、小さな甲殻類と大きさ量とも必要量が増えてきて、
甲殻類のエビや魚を与えることが必要となる。これでは飼育費用もどんどん増加してゆく。

以上の結果として、購入した人が飼い切れなくなって、近辺の河川等へ放流することが頻発する。

さらに、放流された成魚は10℃程度の低水温にも耐えると言われており、
温暖な河川では、越冬し、繁殖する可能性もある。

日本国環境省は2016年3月14日、アリゲーターガーを含むガー科魚類を特定外来種に指定した。
猶予期間後、2018年4月から実際の規制対象となる。

アリゲーターガーが日本で繁殖へのネットの反応

ネットの反応

魚は悪くない。人間が悪い
来春に特定外来生物に指定って環境省何やってるの
飼えないなら最初から飼わなきゃいい
繁殖してたらもう手遅れ
名古屋港水族館へ運ぶのかな?
あんなに小さなお堀の生態系ってそんなに目くじら立てるほど大事なのかな?
雌雄じゃないといいけどね
名古屋城の堀は人口の水域で外の水域と繋がってないから生態系とは関係ないはず
在来魚の稚魚や卵を食べるブラックバスやブルーギルの方が余程被害は深刻なんだけど
釣り大会をやればすぐに捕まるんじゃない

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000074-asahi-soci

Sponsored Links

近年の外来種の繁殖は問題になっていますが、今回のアリゲーターガーはどうでしょうか。
それにしてもこういう生物に限って飼えなくなって捨ててしまうというケースが多すぎる気がします。

生き物を飼うならば最後まで責任を持って飼うべきですし、
このまま責任を全うできない飼い主がいなくならないようであれば、
今後は外来種を飼う場合には免許などが必要になるように法の整備をしてゆくべきかもしれません。

とにかく、外来種として連れてこられてしまった生き物たちには何の罪もありませんし、
安易に処分するのではなく何かしらの解決策を模索していってほしいです。
無責任な飼い主が早くいなくなり、生き物たちが安心して暮らせるようになることを願います。

■関連記事

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-9-22

    水爆実験太平洋上どこで出来る?海外の反応「次はトランプが何か言う番」「2人は同等だ」

    アメリカと北朝鮮の舌戦が続いている。 国連総会でトランプ大統領が会場をどよめかせ、北朝鮮大使が途中…
  2. 2017-4-1

    羽生結弦世界選手権フリー逆転V!海外の反応「氷の天才」「オリンピックの支配者となるだろう」

    羽生結弦選手が2017年フィギュアスケート世界選手権フリーにて5位から1位に逆転となる世界最高得点で…
  3. 2017-5-7

    阪神2日連続の逆転勝利の立役者は若虎5選手!12年ぶりの優勝に繋がるか?反応まとめ「何度見ても泣きそうやわ」

    阪神は広島との首位攻防3連戦で、二日連続の逆転勝利とし、今季初の単独首位に立った。 これには、9点…
  4. 2017-6-21

    ワームビア氏の件で北朝鮮対応はどうなるか?海外の反応まとめ

    北朝鮮に拘束され、その後解放されアメリカに帰国したワームビア氏が亡くなったことが19日に報道されまし…
  5. 2017-5-19

    村田諒太世界初挑戦の入場曲がいつもあの曲なのはなぜ?その反応「永田裕志と同じやな」「ブレないね~」

    村田諒太世界初挑戦の入場曲はやっぱりアノ曲でいくようです。 プロデビュー時からずっと変わらないので…
  6. 2017-1-26

    対馬仏像盗難事件で韓国裁判が韓国へ引き渡しの判決!海外の反応「小倉コレクションは1200点ある」「我々の子孫のために日本に謝罪すべき」

    日本の長崎県対馬市の三つの神社・寺院から、韓国人窃盗団によって重要文化財の仏像2体などが連続盗難され…
  7. 2017-8-2

    ポニーテール禁止の校則に「なぜ?」反応まとめ「ありえない!」「何かの冗談?」

    ポニーテールを禁止する校則があるという驚愕の事実がネットで話題となっています。 しかし実はそうした…
ページ上部へ戻る