アリゲーターガーが名古屋城で捕獲!日本で繁殖してるのはなぜ?反応まとめ

5月17日、アリゲーターガーが名古屋城でついに捕獲されました。2016年には荒川でも捕獲されましたが、
これほどまでに日本で繁殖しているのはなぜでしょうか?
今回は、名古屋城で捕獲されたアリゲーターガーの顛末と今までの日本での捕獲例をまとめていきます。

アリゲーターガーが名古屋城で捕獲!日本で繁殖してるのはなぜ?反応まとめ

北アメリカ最大の淡水魚であり、世界最大級の淡水魚としても知られているだけあって大きいですね。

<アリゲーターガーが名古屋城で捕獲される>
今回捕獲されたアリゲーターガーは2009年に初めて目撃されたものです。

今までもたびたび捕獲を狙って名古屋市が巡視し続けてきましたが、
4月8日に市民が今年初めて目撃し、市の職員が刺し網を設置。

2度の失敗の末、15日に仕掛けた罠に1匹がかかりついに捕獲に成功しました。
今後、このアリゲーターガーをどう扱うかはまだ調整中とのことです。

<アリゲーターガーの日本での捕獲例>
アリゲーターガーの捕獲例は数多く報告されています。一般人による捕獲が多いため、
残念ながら詳細な時系列は分かりませんでしたが、
大阪の寝屋川や兵庫の芦屋、神奈川・東京の多摩川などで何匹も捕獲されているようです。

<日本で繁殖しているのはなぜ?>
鑑賞用で購入した人が飼育放棄によって河川へ放流したのが原因と言われています。

大量輸入で、価格が手ごろになり、誰でも購入できるようになった。
また、小さい頃であれば、安く10cm程度の幼魚なら数千円で購入できる。

ところが、繁殖が早く、最終的な成魚の段階では大きさ2m、重さ100kgにもなるという。

こうなると、
・2mのアリゲーターガー泳げる巨大な水槽を準備する必要がある。

・肉食性で、最初はアカムシ、ボウフラ、動物プランクトンなどを食べているが、稚魚となると、
水生昆虫やその幼虫、小さな甲殻類と大きさ量とも必要量が増えてきて、
甲殻類のエビや魚を与えることが必要となる。これでは飼育費用もどんどん増加してゆく。

以上の結果として、購入した人が飼い切れなくなって、近辺の河川等へ放流することが頻発する。

さらに、放流された成魚は10℃程度の低水温にも耐えると言われており、
温暖な河川では、越冬し、繁殖する可能性もある。

日本国環境省は2016年3月14日、アリゲーターガーを含むガー科魚類を特定外来種に指定した。
猶予期間後、2018年4月から実際の規制対象となる。

アリゲーターガーが日本で繁殖へのネットの反応

ネットの反応

魚は悪くない。人間が悪い
来春に特定外来生物に指定って環境省何やってるの
飼えないなら最初から飼わなきゃいい
繁殖してたらもう手遅れ
名古屋港水族館へ運ぶのかな?
あんなに小さなお堀の生態系ってそんなに目くじら立てるほど大事なのかな?
雌雄じゃないといいけどね
名古屋城の堀は人口の水域で外の水域と繋がってないから生態系とは関係ないはず
在来魚の稚魚や卵を食べるブラックバスやブルーギルの方が余程被害は深刻なんだけど
釣り大会をやればすぐに捕まるんじゃない

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000074-asahi-soci

近年の外来種の繁殖は問題になっていますが、今回のアリゲーターガーはどうでしょうか。
それにしてもこういう生物に限って飼えなくなって捨ててしまうというケースが多すぎる気がします。

生き物を飼うならば最後まで責任を持って飼うべきですし、
このまま責任を全うできない飼い主がいなくならないようであれば、
今後は外来種を飼う場合には免許などが必要になるように法の整備をしてゆくべきかもしれません。

とにかく、外来種として連れてこられてしまった生き物たちには何の罪もありませんし、
安易に処分するのではなく何かしらの解決策を模索していってほしいです。
無責任な飼い主が早くいなくなり、生き物たちが安心して暮らせるようになることを願います。

■関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-1

    護衛艦いずもの実力は?初防護のため出港した反応まとめ

    北朝鮮の核・ミサイル開発によって緊張状態が続いているアメリカと北朝鮮ですが、日本は安全保障関連法に基…
  2. 2017-9-12

    北朝鮮制裁決議採択に海外の反応は?「無益だ」「避けられません」

    国連安全保障理事会は11日、北朝鮮による核実験を受け、北朝鮮への石油の輸出に上限を設けることを柱とす…
  3. 2017-4-10

    北朝鮮挑発でアメリカ先制攻撃の最も危ない週へ!反応まとめ「北朝鮮は一線を越えてる」「在日米軍基地への核攻撃も」

    緊迫の度を増す北朝鮮情勢が、北朝鮮の重要記念日を含む最も危ない週に入って来た。 果たして、北朝鮮の…
  4. 2017-5-11

    FBI長官コミー氏解任の理由と海外の反応「ウォーターゲート事件の再来」「ロシアの関与本当なの!」

    アメリカでFBI長官のコミー氏が5月9日にトランプ政権によって解任されたことが発表されました。 コ…
  5. 2017-6-29

    井上尚弥の対戦相手アントニオ・ニエベスの戦績と評価は?放送予定と反応まとめ

    ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥が米国のデビュー戦で、アメリカのアントニオ・ニエベ…
  6. 2017-8-29

    9月9日が米国北朝鮮激突による日本に最も危険な日の理由とは?反応まとめ

    北朝鮮の北海道上空を通過したミサイル発射により、米国北朝鮮の激突による日本の危険がますます高まった。…
  7. 2016-11-7

    ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

    10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、 …
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。