安倍内閣の最新支持率の急落をパククネ前政権と比較!これからどうなる?反応まとめ

新聞各社が17~18日に行った最新世論調査で、軒並み安倍内閣の支持率が10%前後急落していることが分かった。
不支持が支持を上回っている社もある。支持率を5%にまで、落として失職した
韓国パククネ前政権の場合と比較した。反応もまとめました

スポンサーリンク

安倍内閣の最新支持率の急落をパククネ前政権と比較!これからどうなる?反応まとめ

各社の17,18日に行われた最新調査の結果をまとめた。

いずれも支持率の大きな下落と、その分に相当する不支持率の増加の閣下となっている。
この支持率の状況は安全保障関連法を巡り世論の賛否が割れた15年秋以来であり、
安倍内閣は危機感を持っているようである。

今回の原因は学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る問題や、
「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の国会運営など最近の強引な安倍内閣のやり方が影響したと思われる。

この支持率低下は一時的なものであろうか?発足時60%を超える支持率を誇りながら、最後には国民全体の反発を受けて5%まで落ち、
ついには大統領弾劾で、失職した韓国パククネ前大統領の支持率の変化と比較して今後を考えてみましょう。

韓国パククネ前大統領の支持率の変化と事件

パククネ前大統領の場合は、就任直後の高い支持率が、2年後のセオウル号や側近の国政介入疑惑あたりから不支持率と逆転し始め、
ついに、10月末に発覚した崔順実ゲート事件で、急落し、11月には5%まで落ちた。高齢の保守層は岩盤の支持層と言われ、
絶対に崩れないとされていたものが、結果としてこのような状態にまで陥ったのである。

もし、加計学園問題が友人に便宜を図った図式となるなら、ことの大小は別としても、
崔順実ゲート事件との類似性を考えてしまいます。

<今回の支持率低下の原因>
1.「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る問題。
2.「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の国会運営。
3. 頼りない答弁しかできない担当閣僚の資質のなさ。
4.内閣の問題に対する取り組みの遅さ、やる気のなさ。
5.緊張感のなさからくる、閣僚等の失言の多発。

<今後支持率を回復させる要因>
1. 内閣改造により問題閣僚を一掃する。
2. 「加計学園」、「森朋学園」問題などを時間とともに沈静化させる(できるだけ審議は避ける)。
3.核実験、ミサイル問題などで北朝鮮情勢がさらにひっ迫する。
4. 尖閣列島を始めとする中国との関係がさらに悪化する。
なお、以前安倍外交が目指していた北方領土問題で、成果を上げることは難しそうである。

このようになった一番の原因は野党が弱すぎる、自民党内に安倍首相に対抗できる勢力がないという点であろう。
これが、安倍内閣に、緊張感もなく、強引な政権運営を可能とさせてきたのである。
次に安倍内閣の支持率の急落についてのネットの反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

安倍内閣の支持率の急落に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
コメントには、安倍内閣への厳しい意見とともに、ふがいない野党への批判もあります。

今、安倍内閣に影響を与え、動かすことができるのは、自民党内の異なる意見を持つものでもなく、
野党でもなく、今回のような世論調査の大きな変動であるように思える。

とりあえず経済情勢がそこそこだからとか、就職率が改善しているからというのではなく、
その時々の問題に対して、メリハリのある世論の結果がでれば、選挙まで待つことなく、
内閣に影響を与えることができるのではないでしょうか?

東アジア情勢、世界情勢をふくめて、ますます世の中は混迷しています。

安倍内閣は後ろめたいことがないなら、解明すべきことは、早急に片づけて(謝罪が必要なら謝罪して)、
直ちに手を打っていかねばならない多くの問題にきちんと向き合ってほしいと思います。

■関連記事
都議選2017の一人区対決の最新予想は?反応まとめ

内閣支持率維持に「おかしい!」の声 なぜ下がらない?反応まとめ「操作されてる」「野党がダメだから」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 今年最大の政治決戦と言える東京都議選2017の投票日が迫ってきました。 選挙の期間、また選挙当日は…
  2. 大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  3. 投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する 一…
  4. 張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  5. サニブラウンが9秒台を最初に出すか? 日本選手権2017男子100m決勝にて、かつてないハイレベル…
  6. 陸上・日本選手権兼世界選手権ロンドン大会代表選考会第2日の男子100メートル決勝が24日(土)20:…

人気記事

  1. 2017-5-21

    都議選投票日2017年7月2日の小池知事自民党決戦の火蓋が切られる!反応まとめ

    都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  2. 2017-3-2

    アッキード事件とは?ロッキード事件との共通点はあるの?反応まとめ

    今回の森友学園の件をアッキード事件表現した山本太郎氏が注意を受け、安倍首相もこの発言に対して遺憾の意…
  3. 2017-2-3

    シリア難民を政府が300人規模で受け入れるとどうなる?反応まとめ「これ否定するならトランプ批判する資格なし」「反対だ」

    日本政府がシリア難民を300人規模で受け入れる見通しであることが発表されました。 ネットでは賛否両…
  4. 2016-10-13

    職場での旧姓使用訴訟で東京地裁はこれを認めず!海外の反応は?「馬鹿馬鹿しい判決だ」「時代遅れ」

    私立日大第三中学・高校の女性教論による、職場で旧姓使用を求めた訴訟で、東京地裁はこれを退けました。 …
  5. 2017-1-24

    ネイサンチェンと羽生はどちらが強い?海外の反応「間違いなく2018年オリンピック金メダル!」「美しくファンタスティック」

    1月22日のフィギュアスケート全米選手権にて信じられないことが起こりました。 アメリカのネイサン・…
  6. 2017-5-13

    国連委員会が慰安婦合意再交渉を勧告した理由は?炎上まとめ「潘基文の影響?」「日本の外交下手のせい」

    国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が2015年に日本と韓国で慰安婦問題に関してされた合意に対して …
  7. 2017-4-22

    ルペンとトランプの違いとネットの反応について

    大統領選挙直前のフランスでテロが発生しました。このテロが起きたことで失速傾向にあったルペン候補に追い…
ページ上部へ戻る