前倒し英総選挙左派コービン党首の猛追でメイ首相の地滑り的勝利が消滅!3つの理由とは?反応まとめ

2020年5月の予定だったイギリス総選挙を2017年6月8日に前倒して、地滑り的勝利が予想されていたメイ首相率いる保守党に、
左派コービン党首の労働党が猛追している。その3つの理由とは何か?
反応とともにまとめる。

スポンサーリンク

イギリス総選挙2017年6月8日前倒しが危険な3つの理由とは?

2020年5月7日に実施されることになっていたが、メイ首相は2017年4月18日の閣議後に、議会を解散し、
総選挙の実施時期を前倒しすることを表明し、2017年6月8日のイギリス総選挙実施が確定した。

当初、与党保守党の圧勝と予想され、左派の闘志ジェレミー・コービンが率いる
野党労働党の投票率のほぼ倍で、17議員を増やす大勝利になるとされていた。

しかし、最近の世論調査で、前倒し総選挙実施発表時に最大25ポイント開いていた差は一気に5ポイントまで縮まっている。

メイ率いる保守党が労働党の猛迫を招いた3つの理由はどこにあるのか?

保守党が労働党の猛迫を招いた3つの理由

1. 両党の選挙公約 保守党の4月18日に発表した公約のうち、社会保障制度について高齢者に負担増を求めたり、
低所得者以外の冬期燃料手当を廃止したりする改革案が、特に支持層の高齢者に不評であった。
コービン党首の労働党の公約での富裕層への課税強化や鉄道の再国有化などの政策が想定以上に支持を得た。

2. 5月22日のマンチェスターの自爆テロの影響
コービン党首は、イギリスの軍事作戦がイスラム教徒の反発を招き、国内でテロを招いた。
また、保守党政権が緊縮財政を進めた結果、警察に必要な予算が削減されたと主張した。

一方メイ首相は、内相時代から大規模テロを未然に防いできたことが高い支持率につながっていたのが、
「卑劣で英国史上最悪の一つ」と評した今回のテロにより、逆に評判を落とす結果となった。

3. ブレグジット
メイは「EU離脱交渉の舵取りを任せられるのは私、それともコービン?」と
国政経験のないコービンを攻撃し、総選挙の争点をブレグジットに絞って有権者に問いかけていた。

これに対し、欧州連合(EU)単一市場撤退など保守党の強硬離脱路線に反発する人たちの票が労働党に流れた他、
EU離脱決定により、通貨ポンドが下落し、株式などの資産バブルが加速したことにより
、富裕層が資産を大きく増やしたことになった。コービン党首は富裕層攻撃を強めている。

世論調査は両党の支持率が接近しているものの、2015年イギリス総選挙での世論調査の保守党大勝の結果が接戦の予想と
大きく外れていたことやトランプ大統領勝利、ブレグジットの予想とのかい離などで、最近世論調査は信用されていない。

現在オッズでは、保守党 – 1/16、労働党 – 8/1で圧倒的に保守勝利に、賭けているものが多く、
メイ首相は継続するだろうという予想が大勢である。

スポンサーリンク

英総選挙保守党のリード縮小に関する日本のネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

予断を許さない状況になってきたとのコメントも。

さて、アフガニスタン、イラク戦争、リビアやシリアへのイギリスの軍事介入に徹底して反対してきた左派コービン党首が、
アメリカ大統領選での民主社会主義者サンダースや、フランス大統領選の急進左派メランションのように、
あと10日と迫る投票日までにさらに大旋風を起こすのか注目される。

労働党勝利とでもなれば、ブレグジットと同様、イギリスが今年も最初に、世界を揺るがすということになります。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 今年最大の政治決戦と言える東京都議選2017の投票日が迫ってきました。 選挙の期間、また選挙当日は…
  2. 大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  3. 投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する 一…
  4. 張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  5. サニブラウンが9秒台を最初に出すか? 日本選手権2017男子100m決勝にて、かつてないハイレベル…
  6. 陸上・日本選手権兼世界選手権ロンドン大会代表選考会第2日の男子100メートル決勝が24日(土)20:…

人気記事

  1. 2016-10-20

    土人発言擁護はなぜ?その意味とネットの反応「プロ市民の癖に」「反対派も酷い発言」

    大阪府警の警官が「土人」と発言した事を大阪府の松井知事がTwitterで擁護した事に対して波紋が広が…
  2. 2017-6-16

    アメリカ人大学生北朝鮮から昏睡状態で解放に全米憤り!なぜ今?反応まとめ

    1年5カ月間拘束されていたアメリカ人大学生オットー・ワームビア氏が北朝鮮から解放されたものの、 昏…
  3. 2017-1-22

    韓国が少女像を竹島に設置したいのはなぜ?反応まとめ

    韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  4. 2016-12-14

    ケンタッキーの指手袋・フィンガーナップの評判は?「革新的!」「油まみれで食べるまでがセットでしょ」

    日本ケンタッキー・フライドチキンがチキン商品をつかんで食べる際に手が油で汚れないよう、 専用の指袋…
  5. 2016-11-8

    福岡の道路陥没の原因は?英国のシンクホール問題と同じ?反応まとめ

    福岡で道路陥没が発生しました。 発生から11時間経っていますが、今のところ原因はわかりません。 …
  6. 2017-4-14

    日本水泳選手権2017注目出場選手の放送予定を一覧表に!反応まとめ

    日本水泳選手権2017の熱いレースが13日から始まった。 プロになって出場する萩野公介選手など注目…
  7. 2016-12-5

    問題のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

    議員提案された問題の「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で 自民党と日本維新の会などの…
ページ上部へ戻る