クアドラスvsエストラーダ10日対戦予想をまとめてみた!

カルロス・クアドラスとファン・フランシスコ・エストラーダの対戦が9月9日に行われます。(日本時間10日10時より井上戦でその次)
この日はロマゴンや井上尚弥の試合が同日開催という豪華な一日です!筆者も絶対に見逃せないと予定を調整しています。
そこで今回は、クアドラスvsエストラーダ戦の勝敗予想や選手のプロフィールなどをまとめていきたいと思います!

Sponsored Links

クアドラスvsエストラーダ戦の予想 どっちが勝つ?

9月9日(日本時間9月10日10時より井上戦)にアメリカ・カリフォルニアで行われるWBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦のクアドラスvsエストラーダ戦。
ロマゴンvsシーサケットのアンダーカードという位置づけの試合ですが、スーパーフライ級2位と3位の組み合わせという前座にはもったいないくらいのビッグマッチです。
そしてこの試合の勝者は、ロマゴンvsシーサケット戦の勝者と戦うことがWBCから義務付けられています。
彼らと戦う権利を得るためにも、この試合には勝たなければならないということですね。

▶カルロス・クアドラスのプロフィール

Embed from Getty Images

クアドラスはメキシコ出身、29歳のボクサーです。通算成績は38戦36勝1敗1分の27KOです。
メキシコ特有のファイタースタイルではなく、堅実な試合運びを好み、チャンスがあれば強打を畳みかけていくオーソドックススタイルで今まで数々の強敵を倒してきました。ファイタータイプではないものの、KO数からは一撃の強力さが伺えますね。

個人的にはロマゴン戦が衝撃的で、試合後のロマゴンはまるで敗者のように顔がはれ上がっていました。

人によってはあれはクアドラスの勝ちだ、という人もいるくらいです。

 

▶ファン・フランシスコ・エストラーダのプロフィール

エストラーダも同じくメキシコ出身、27歳のボクサーです。通算成績は37戦35勝2敗の25KOと、クアドラスとほぼ同じ戦績、KO率です。
エストラーダは強打とスタミナを武器に、手数の多さやボディショットを絡めながら右フックを当てていく攻撃的なスタイルが魅力の選手です。
お互い強打を持った者同士の対戦ということで、派手な打ち合いやKOでのフィニッシュが求められているかと思います。どちらのパンチが先にヒットするのかが勝敗を分けそうですね。

クアドラスvsエストラーダ勝敗予想 反応まとめ

一方的にはならないがエストラーダ有利だと思う
エストラーダの方が明らかに強い
クアドラスの回転力のあるパンチがエストラーダを圧倒しそう
一発の威力ではエストラーダよりクアドラスの方が上
クアドラスの方が派手なパンチでポイントを集められそう
エストラーダに勝ってほしい
エストラーダのKO勝ちが見たい
エストラーダの方が戦力的な厚みはある
スーパーフライ級のカードの中で一番楽しみ
クアドラスが判定でギリギリ逃げ切りそうな気が

出典:twitter
クアドラスvsエストラーダ戦の勝敗予想やネットの反応をまとめてみました。
見た感じでは6:4くらいでエストラーダの勝ちと見る人が多いかな?と思いました。

クアドラスvsエストラーダを見逃せない3つの理由

ボクシングファンなら言わずもがなですが、9日の3つのマッチが一気に見れるというこは、本当に最高に興奮することで、こんなことは今後ないんじゃないか、と思うくらいです。

今回を見逃せない3つの理由をあげてみました。

 

1.WBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦

今回の試合はスーパーフライ級の暫定王座を決める戦いになります。同級2位と3位の選手どちらが王座を手にするのか、スーパーフライ級ファンなら絶対に見逃せない試合です。

 

2.勝者はロマゴンvsシーサケット戦の勝者と試合

この試合の勝者はロマゴンvsシーサケット戦の勝者と試合をすることが決まっています。勝てばあのロマゴンやシーサケットと試合をすることができるので、そうした意味でも負けられない戦いです。また、両者ともにロマゴンには一度敗れているので、リベンジにも燃えていることでしょう。

 

3.アンダーカードとしてはこれ以上ない豪華な試合

今回の試合はロマゴンvsシーサケット戦のアンダーカードとして行われます。暫定王座決定戦がアンダーカードで行われるなんてことはめったにありません。ロマゴン、井上の試合と合わせたビッグマッチ3連戦はボクシングファンなら絶対に見逃せません!

 

視聴方法はWOWOW一択か

今のところ視聴方法はWOWOW一択のようです。
この豪華なカード、見たら絶対にボクシングを好きになります。軽量級最強の5人が集う試合ということで
井上も圧勝すると思いますし、最高に楽しめるはずです。

エストラーダ戦やロマゴンや井上尚弥を見るならWOWOW!!

スーパーフライ級のトップ5の戦いを最高に楽しむには、WOWOWオンデマンドを利用するのがオススメです!

見逃しのハイライトも一定期間見ることが出来ます!

料金は、2か月縛りで、月あたり2480円、のところネットからだとe割で2か月1800円(税込み1944円)です。(その後、継続するなら月2480円)
解約して再登録しても、やはり最初の2か月1800円なので、これを利用して要所・要所だけ年に2,3回だけしか登録しない面白い人もいます。
どうせ夏休みかぶりますので映画なんかも見れば十分元を取れますし、テニスの全米オープンもあり、フェデラー・ナダル・杉田の活躍をライブで見ることも出来ます。。

e割の期間がいつ終わってしまうのかは私にもわかりません。ぜひ、この機会に無料登録しておくことをおすすめします!
ちなみに登録は3分で簡単にできますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

*条件としてはBS環境があることです。リモコンの「BSボタン」を押し、リモコンの「チャンネル9」で「受信できません」「エラー202」と出なければBS環境は整っていると言えます。

まとめ

期待が高まるWBS世界スーパーフライ級暫定王座決定戦、クアドラスvsエストラーダ。ネットの予想ではエストラーダ有利となっていますが、一発の威力があるクアドラスも十分勝機はあると言われています。
勝利しスーパーフライ級最強の座を手にするのはどちらなのか?9日の対戦が待ち遠しいですね。

■関連記事

井上尚弥戦テレビ放送は地上波でやる?録画しかないがライブを見る方法はある!

井上尚弥9月9日の対戦相手ニエベスのスペックは?「無名だけどポテンシャルはある」「腕が細い」

ロマゴンとシーサケットの再戦の予想と放送予定まとめ「技術のロマゴン、体力は王者」「巧妙な肘打ちに注意」

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2016-10-2

    松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

    松坂投手が日本復帰後初めて1軍のマウントにあがりました。 結果は大乱調...。甲子園のヒーローでそ…
  2. 2017-8-29

    ロマゴンとシーサケットの再戦の予想と放送予定まとめ「技術のロマゴン、体力は王者」

    ロマゴンとシーサケットの再選が9月9日に行われます。 前回まさかの判定負けとなったロマゴンにとって…
  3. 2017-6-18

    マー君どうした?敗戦続く原因は?海外の反応まとめ

    MLBで活躍を続けていたマー君こと田中将大投手が7試合連続で敗戦投手となっています。「マー君どうした…
  4. 2016-11-19

    トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

    先日行われた安倍総理とトランプ次期アメリカ大統領の会談。 そこにトランプ氏の娘であるイヴァンカさん…
  5. 2017-5-15

    インドネシア高速鉄道の2017年5月最新情報中国開発銀行の融資は?反応まとめ「5%も進んでないだろ」「安物買いの銭失い」

    中国が逆転受注し、2015年に着工、2019年に開業予定のインドネシア高速鉄道(ジャカルタ-バンドン…
  6. 2017-7-12

    たけしの家庭の医学「皮付きピーナッツは認知症予防に有望」は本当?世の情報を調査し、反応をまとめた!

    認知症の原因の一つとされる脳のゴミ(アミロイドベータ)を捨てる力を増すのに、「たけしの家庭の医学」で…
  7. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
ページ上部へ戻る