ラブカの写真画像は?シンゴジラでモデルになったその特徴と反応まとめ

TOKIOの人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』で学会で発表するレベルという「ラブカ」というサメを生きたまま捕獲に成功したというニュースが話題となっています。
実はこのサメ、昨年大ヒットした『シンゴジラ』のモデルになるほど奇怪な姿をしているんです。それでは、その写真画像とラブカについての特徴を紹介していきましょう。
反応をシェアします。

スポンサーリンク

ラブカの写真画像は?シンゴジラでモデルになったその特徴

TOKIOが発見したラブカ!

発端は番組の人気コーナー『DASH海岸』にて、いつものメンバー(リーダー・達也・木村氏)で東京湾の入り口にある「東京海底谷」の生物調査を行っていた時です。
深海に仕掛けた刺し網を漁船の上で引き上げていると、海中でうごめく異形の生物が…。
この生物こそラブカであり、その生きた姿を収めた動画は世界でも数える程しかないという希少な生物なのです。そんな世紀の瞬間に立ち会ったメンバーたちの反応は…
それは5月14日19:00放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』にて!

ラブカの特徴

番宣のようになってしまいましたが「ラブカ」について紹介していきましょう。
ラブカは主に水深500~1000メートルの深海に生息するサメで、その長細い体型からウナギザメとも呼ばれるそうです。全長は2メートルに達し、原始的なサメの特徴が見られることから生きている化石とも言われています。
そして、何よりインパクトがあるのがその頭部です。縦向きに並んだ歯、まるで生気を感じさせないギョロリとした目、横から見ると笑っているようで不気味な口、ヒダのようなものが剥き出しでグロテスクなエラなど、普段私たちがイメージするサメではない、どこか異質な存在感を放っています。

スポンサーリンク

シンゴジラでのモデル

ところでこのラブカの顔を見て、「なんかデジャヴを感じるんだけど…。」と思った方はいませんか?
じつはこのラブカ、昨年大ヒットしたある映画のキャラクターのモデルになったとも言われているんです。そう、あの『シン・ゴジラ』です。
『シン・ゴジラ』はそれまでのゴジラシリーズに比べ、異色な作風が話題となっていました。中でも衝撃的だったのが「ゴジラが進化し、姿を変える。」という点で、ラブカがモデルとなったのはゴジラが進化する途中の姿、「第2形態」と呼ばれる形態です。
確かに見比べると似ていますよね。特にギョロ目や半笑いの口、ヒダ状のエラなどは明らかに意識しているとしか思えません。
実際に映画のパンフレットにはラブカをモデルにしたとの旨が明言されており、スタッフもラブカの強烈な姿形から、人知を超えた何かを感じ取ったのかもしれませんね。

ラブカ生け捕りへのネットの反応

DASH海岸でのラブカ生け捕りでネットは大盛り上がりでした。その反応を見てみましょう。

生け捕り成功とか強運どころじゃないだろう。
この二人本職って…。といつも思う。
人間には到底思いつかない姿だと思う。
生きているのなら最後には逃がしてほしい。
グロテスクな魚だから見ない方がいいかも。
放送前にネタバレはしないでほしい。
世界中で希少なのに日本ではよく捕獲されるという設定もラブカをモチーフにしたのだろうか。
放送が楽しみで仕方がない。
確かにシンゴジラに似てる
捕獲例はそれなりにあるのだから大げさではないか?
鉄腕DASHはバラエティ番組の域を超えている。
研究機関より番組の方が資金を回せるのだろうか。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/

『深海生物ラブカ』いかがだったでしょうか?
見れば見るほど怪物然としたその風貌は、怪獣のモチーフと言われても全く違和感がありませんよね。そこには人知を超えた、得体の知れなさを感じ取ることが出来ます。こういう点がゴジラに通ずる部分でもあったんでしょう。
こんな生物が日本の海にも実在しているなんて、ちょっとワクワクしてきませんか?

「鉄腕DASH」はこれまで幾度も学会レベルの発見に立ち会って来ました。1バラエティ番組としてはすごいことだと思います。これも番組スタッフやTOKIOたちが少年のような夢や好奇心を忘れずに取り組んできた結果なのでしょう。そして、視聴者である私たちが少年の心を忘れていなかったからこそ、「鉄腕DASH」が長寿番組として君臨しているのです。
TOKIOやスタッフのみなさんをこれからも応援し続けたいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。 予想…
  2. 7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  3. 7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  4. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  5. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  6. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…

人気記事

  1. 2017-1-18

    飯島元マネの新会社の真の目的は?3つの違和感と反応まとめ「赤西くんみたいに日本で見れなくなったらやだな」「レギュラーかなり持ってるが捨てていくか?」

    SMAP解散からまだ日が経たない中で新たな動きが。 元マネージャーの飯島三智氏が新会社を立ち上げて…
  2. 2017-6-6

    一帯一路中国の野望に乗るのか?安倍首相条件付き協力表明はなぜ?反応まとめ「包囲網の妄想が失敗」「流石にこれは応援できない」

    経済覇権を目指す中国の野望ではとの見方がある一帯一路構想に安倍首相は条件付きながら協力を表明した。 …
  3. 2017-1-24

    トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

    2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。 果たしてこの決断は日本…
  4. 2017-5-17

    村田諒太の対戦相手アッサンエンダムの評価と勝ち目は?「スタミナ勝負なら不利」「アッパー弱点」

    今月20日に世界タイトル初挑戦となるWBA世界ミドル級王座決定戦に挑む村田諒太選手。 この王座決定…
  5. 2016-10-12

    大量わさびすし事件の大阪で嫌韓ムード拡大と韓国総領事館が注意呼びかけ!なぜ?反応まとめ「大阪の恥、日本の恥やなぁ」「突然立て続けに騒ぎ出したなあ」

    大量わさびすし事件など、立て続けて大阪で韓国人に対するトラブルが起こり、 暴力事件にまで、発展した…
  6. 2017-4-23

    北朝鮮核実験あるなら時間と場所はどこか?反応まとめ「情報戦になってる」「実験までならいいんだが…」

    北朝鮮の建軍節に当たる4月25日に向けて、6回目の核実験の危機感が募っています。 実験をしたらアメ…
  7. 2017-2-5

    宇多田ヒカルの私見が話題だが無理か? JASRAC著作権使用料問題「他のアーティストも追随すべき」「それだけ収益が危ない水域なのだろう」

    JASRAC(日本音楽著作権協会)が音楽教室からも著作権使用料を徴収すると発表しました。 この方針…
ページ上部へ戻る