巨人12連敗なぜ?これからどうなる?反応まとめ「あまりの弱さに呆然」「ベイスターズファンなら、どってことない」

高橋監督に代わって2年目、開幕直後は好調で、大補強を行った今年こそと期待されていた巨人が、
まさかの12連敗を喫し、5位であがいている。なぜこのような事態に陥いったのであろうか?これからどうなるのでしょうかを考えてみました。

スポンサーリンク

巨人12連敗なぜ?これからどうなる?反応まとめ

12連敗は42年前長嶋監督が就任1年目に喫した11連敗の記録を更新した。この年巨人は最下位となった。

この連敗の原因について様々な指摘がなされている。

12連敗の原因

1.高橋由監督の采配が問題
昨年突然、意にそぐわないかたちで引退させられ、指導者経験がほとんどないまま監督になった高橋由監督に対する同情もあり、
これまで、批判は差し控えられてきたが、ここに来てOB、評論家などから厳しい意見が相次いでいる。

・負けたのはベンチのミス。
・高橋監督には一事が万事、勝負に対する厳しさが希薄に映る。
・選手時代から「優柔不断で決断力に欠ける性格」であった。
・表情が暗くて、ベンチの雰囲気が悪い。

2.今年度の大補強の失敗
FAで、球界初となる3選手森福允彦(30)、陽岱鋼(30)、山口俊(29)を獲得するなど、
30億円以上の大金をつぎ込んで大補強を敢行したものの、故障、リハビリと本来の働きができず、
一軍に上がっていない選手もあり、「不良債権」だとの指摘さえある。

3.  若手が育っていない
最近の主力は坂本(28)、阿部(38)、長野(32)で、数年、同じ顔ぶれで若手が育っていない。

4. これまで、常勝巨人で、選手が負けになれていない。タフでない。注目球団だけに負けがこむとすぐマスコミに叩かれる。

このままでは、高橋由監督交代の事態も考えられます。
過去の巨人監督の成績と交代時期をまとめてみましょう。
監督の成績として、チーム順位とリーグ優勝しても、日本一になれたかどうかをまとめてみました。

歴代監督とチーム成績

巨人の監督は、リーグ優勝はもちろん、日本一にならないと、責任を果たしていないと言われるようです。

これまでをみると、リーグ優勝しながら、日本一にならなかったことが、10回あり、翌年以降(1~3年)リーグ優勝を逃した場合は、
監督解任または交代となっている厳しい状況です。唯一の例外は1994年の長嶋監督のケースのみです。

原前監督も、2014年にリーグ優勝しながら、日本一にならなかったたため、翌年2位であっても、交代となりました。

高橋由監督がこのまま行って、例えばBクラスでシーズンを終えると、
2004年、2005年の堀内恒夫監督のように、リーグ優勝の経験なしで交代との事態も考えられます。

その場合、次の監督に引き受ける監督がいるのでしょうか?

まず連敗についてのネットの反応を見て行きましょう。
スポンサーリンク

巨人12連敗に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネットの反応もここに至ってはなんとなく白けているようです。

これからどうなるか?
次の監督候補として唯一考えられるのは、原前監督の再々登板ではないかと思います。
原監督が、2002年に日本一になりながら、2003年に3位になって理不尽と思われる監督交代を受け入れながらも、
「巨人愛」と称して、堀内監督後の2006年に再度監督を引き受け、2015年までに、見事な巨人軍の復活を果たしました。

その間、巨人は阪神などに比べて若手が育っているという時期もあったと記憶しています。
それがなぜこのような事態になったのか、それを一番よく知っているのも原前監督です。

WBC監督での実績などもあり、結局ここに落ち着くのではという気がします。
その際フロントは眼の前の結果ではなく、若手を育てるという長期の視点で見る必要があります。

■関連記事
鳥谷敬頭部死球でもなぜ強行出場?その結果連続出場が1795に!反応まとめ

清宮幸太郎ホームラン数のペースの異常さがわかる比較と反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 今年最大の政治決戦と言える東京都議選2017の投票日が迫ってきました。 選挙の期間、また選挙当日は…
  2. 大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  3. 投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する 一…
  4. 張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  5. サニブラウンが9秒台を最初に出すか? 日本選手権2017男子100m決勝にて、かつてないハイレベル…
  6. 陸上・日本選手権兼世界選手権ロンドン大会代表選考会第2日の男子100メートル決勝が24日(土)20:…

人気記事

  1. 2016-12-23

    トランプが中国強硬派を司令塔に起用!海外の反応「正面から中国にケンカを売るつもり」「海外市場は米国製品をボイコット」

    トランプ次期大統領は、貿易政策を担当する「国家通商会議」を創設し、トップに対中国強硬派の ピーター…
  2. 2016-12-4

    トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

    トランプ次期米大統領は、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統からの 電話を受けて国交断絶後37年で…
  3. 2016-10-26

    電車での化粧はみっともない?東急電鉄マナー向上広告CMが炎上!反応をまとめてみた

    東急電鉄はマナー向上広告を定期的に出します。 今回は電車内での化粧に対するものなのですが、その内容…
  4. 2017-1-10

    新元号の予想一覧!決め方や問題点もまとめてみた「安始って」「日明」「安成でしょ」

    2019年から新元号とする意向を政府が発表し、次の元号は何かと話題になっています。 今回は、新元号…
  5. 2017-6-26

    エアバッグの大手タカタがリコール問題でついに倒産!なぜ?反応まとめ

    大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  6. 2017-2-14

    東芝ショックはドル円にどれだけ影響するか?「持ち直す気はする」「巨額債務はバレてんだから今さらショックじゃないでしょ」

    東芝ショックが本格化するかもしれない。東芝ショックは2016年12月にも言われ始めた言葉だが あれ…
  7. 2017-3-4

    ヤマト運輸未払い残業代7.6万人支給されることへの衝撃!反応まとめ「立派だ」「うちの会社も」「でも防犯カメラ以外、勤務時間を証明できるものはない」

    ヤマト運輸が未払い残業代を7.6万人分調べて支給するという個人的には衝撃的な発表をしました。 筆者…
ページ上部へ戻る