日野皓正氏ビンタ体罰の理由!反応まとめ「偏向報道の方が悪。擁護発言を大幅カット」「天才肌のトランス状態を誰かが止めるべきだった」

世界的ジャズ・トランペット奏者である日野皓正氏が、公募で集まった中学生と共演する「Dream Jazz Band 13th Annual Concert」本番中に、
演奏の進行の妨げとなるほど暴走してしまった生徒に対し、観客の前で厳しく叱責、ビンタなど体罰を加えてしまう出来事がありました。
会場ではコミックな演出と思った観客から失笑が出たものの、その後尋常ならない様子に気付き困惑が広がりました。
さらには、暴力シーンを撮影した動画を週刊誌が入手し、その動画が公開され、記事と共に拡散中です。
本番中に厳しい体罰に至った詳細な理由は、まだ教育委員会の発表のみとなっています。

スポンサーリンク

日野皓正氏ビンタ体罰の理由は?

文春と新潮といった週刊誌は入手した“暴行の瞬間”動画を公開、記事は8月末日発売号に掲載されることとなりました。

演奏中のドラマー(中学生)の背後に回り込み、スティックを取り上げると放り投げ、なおも手でドラムを叩き演奏を続けるドラマーの髪の毛をわしづかみにすると、
2回ビンタ体罰、さらに「なんだその顔は!」と罵倒、と報じています。
日野皓正氏サイドからは、まだ理由など詳細は未発表です。

実際の現場の状態としては、現場にいた人によりますと
最高に盛り上がり、アンコールの後
ソロを8小節16小節阿吽の呼吸でまわし順番にスポットライトを浴びてやっていたところ
ドラマーは「どうなっているのか?」と周りが思うほど、ソロを続けたようです。

ドラマーは片手で回りも参加しろ、というような合図を出して、周りも入ったのですが
予定外の大音量合奏となり、収拾着地出来ず周りは演奏を辞めていった。

それでもドラマーは辞めずに続けたところそれにしびれを切らした日野氏が、止めにスティックを取り上げる。
しかし、手で叩き続ける。日野氏が「みんなにも回せ」というが、無視してにらみつけて
ビンタ体罰に至ったとのこと。

 

▶Dream Jazz Band 13th Annual Concertとは?

今月20日に開催された「Dream Jazz Band 13th Annual Concert」とは、公募で集まった世田谷区の中学生40人が、日野皓正ら一流ミュージシャンから4か月の指導の
もとに成果を発表する「新・才能の目を育てる体験型」イベントです。
毎年8月に開催され、今年で13年目を迎えています。

 

▶日野皓正(ひの てるまさ)氏のプロフィール

日野氏を知らない人にプロフを紹介します。
彼を知っている人であれば今回日野氏が悪く報道されていることに相当のショックを受けていると思います。
それほど、すごい存在の人です。

ジャズ・トランペット奏者
東京都出身
年齢:74歳
アメリカ・ニューヨーク在住
日本人で初めてジャズの名門レーベル“ブルーノート”契約をした国際的アーティスト。
04年 紫綬褒章受章
その他文部省主催の音楽・芸術各賞受賞歴多数
大阪音楽大学短期大学部客員教授
尚美学園大学客員教授

オリジナリティーと芸術性の高さから、日本を代表するアーティストのひとり。

スポンサーリンク

ネット反応まとめ

当日会場にいました。どうしてあの子を止めないの?という雰囲気、事件の発端となった子供の方が悪かったという事実も伝えなければいけません。
ジャズのソロは自由だが、小節は決まっている。これを崩されたら続くバンドの演奏(入り方)がわからなくなる。ガキが悪い。ガキを擁護するなら、日本は芸術のわからない国ということだ。
子供がソロ演奏をやめなかった理由って何?
文春の偏向報道の方が悪。日野氏擁護発言を大幅カット
若いドラマーでも結構キャリアある奴でも陥るトランス状態。疲れてやめるまでやらせるか、殴って止めるかつかみだす。
相手が子供でも腹が立つのは分かるが、公衆の面前での殴打(ビンタ)となると、筋が通っていても弁解できない。
映画「セッション」に感化された中学生の行動かも知れない。
プロなら、どんな状況下でも観客を楽しませることが最優先のはず。指導者であるという思いあがった姿勢で、舞台終了後の半殺しの方がまだ許せる。
この少年のドラムをたたきたい衝動は本物。将来大物になる。
幕を下ろさなかった運営が無能。
吹奏楽部は体育会系です。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00529717-shincho-soci

http://www.akb48matomemory.com/archives/1067279601.html

スポンサーリンク

日野皓正氏のビンタ体罰の理由

ネットの反応を見てもわかるように、音楽や演奏に詳しい人が今回の演奏中に起きた出来事を見たコメントに、なるほどと思うくだりがあります。
その才能が認められていても、未熟なドラマーが陥りがちなトランス状態やその対処法、バンドとして絶対的に基本な演奏ルール。
芸術家が演奏と指導者を兼ねていること、イベント中に何か事件が起きても、指導者自らが出向いて止めねばならなかった運営及びスタッフの問題、映画に感化されているのかまたは、指導者をナメているのかよくわからない中学生。
本当の理由は、一般人、凡人には理解が難しいのではないかと思えます。

 

感想・まとめ

今回の騒動は、ちょっと胸が痛い内容で書き出すのが少し辛かったです。
日野皓正の名前や存在は、ジャズを知らなくても私が若い頃から有名だったからです。
著名な実績あるアーティストを指導者に迎えた体験型学習の失敗談ばかりか、経歴や面子を潰すようなことにならないよう、こにまま醜聞には終わらず、これこそ映画化されるくらい新しい時代の始まりとなっていただきたいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 近藤バトン
    • 2017年 9月 02日

    映像を見る限り熱中症になるまで休みなしで運動させたとかそういうレベルの物でもない気がする。人間なら口頭注意で済んだろうけど、周りを意に解せずドラム叩き続ける姿は動物に近いよね。あぁ、あんまりこう言う事言うと中学生がへそ曲げちゃうから駄目なんだったよね。ごめんごめん。

  1. 観客の前で少年を止めに入りそれでもやめないからビンタをしてでもやめさせた。これは【お金を払ってる観客に失礼】という考えかたもあるしそう思う観客もいると思います。またその反対に少年のあまりの【才能というチカラを振り回した暴力的なドラミング】にアタマに来てた観客もいると思います。そういう観客からすれば日野さんが止めに入ったことに拍手を送っていると思います。中学生であろうがキチンとした料金を払って聴いてる観客の前ではプロだから日野さんはそれが許せなくて今回のようなことになったのだと思います。
    【観客の前でそういう行動を取るのはプロとして失格】と思うかたもいらっしゃると思います。それと同時に【観客の前で自己中なダサいプレイをするな!と観客の観てる前であえてそれをみせる。それもリアリティのあるジャズ】だと思います。ジャズに深く触れている観客は日野さんの行動を不愉快にはあまり思わないと思います。綺麗事ではなく【生きたリアリティジャズの世界】だと思います。多分この少年と日野さんはこのあと深く精神的に繋がると僕はみています。

    • ****
    • 2017年 9月 20日

    観客の大半が凡人なので「ジャズだから」では通用しない
    少なくとも主催の教育委員会の意に沿うべき
    日野皓正が経歴や面子を潰すことになっても自業自得
    40人の努力を無駄にしたくないなら人選を慎重に行えばよかった
    そもそもろくに顔を出さずに弟子任せにしてたんだから日野にそんな事できるはずがない
    周囲が過度に「日野ブランド」を頼りすぎたために日野を増量させた

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 中国の4大銀行が中国人民銀行の指示で、北朝鮮籍の個人、企業に対する金融業務の取引停止をした。公式には…
  2. 北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  4. 歌手の安室奈美恵(40)が2018年9月16日で引退すると今月20日に発表したことで 日本では大騒…
  5. 9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  6. 元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…

人気記事

  1. 2017-6-29

    福原愛が妊娠!海外の反応は?「妬ましいけど、祝福するよ」「小さな愛ちゃんが生まれてくる」

    福原愛の台湾人の夫、江宏潔選手が29日、中国版ツイッター「微博」で妻の妊娠を明らかにした。 海外(…
  2. 2017-4-13

    中国が北への原油供給制限決断か?現地報道を抄訳した!反応まとめ

    中国が北への原油供給制限決断との現地報道を抄訳し、中国政府の意図を探った。また日本のネットの反応をま…
  3. 2017-8-15

    山中慎介V13ならずで具志堅用高が見直される 反応まとめ「ネリは確かに強い」「年齢的に引退はあるのか」「タオル投入は適切だった」

    2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  4. 2017-8-6

    世界陸上2017日本代表リレーメンバーと日程!海外の反応まとめ

    世界陸上2017が8月4日から開催されています。今回の世界陸上はロンドンでの開催です。 日本からも…
  5. 2017-9-7

    トイザラス(米)破産可能性の理由と日本はどうなる?反応まとめ「親子で買いに行けないのは悲しい」「日本も危ないのでは」

    世界中に店舗を持つおもちゃ屋として日本でも知られているアメリカの企業「トイザらス」が破産する可能性が…
  6. 2017-2-1

    東京新聞に香取慎吾ファンのメッセージが溢れてるのはなぜ?反応まとめ

    1月31日の東京新聞を見てびっくりしました。 広告の伝言コーナー欄に元SMAPの香取慎吾への誕生日…
  7. 2016-11-29

    餅つき禁止の自冶体なぜ?反応まとめ「親のレベルを見たら仕方ない」「そのうち寿司も禁止に」

    餅つき禁止の自治体があるという事実がニュースになり炎上気味です。 なぜ餅つきが禁止されることになっ…
ページ上部へ戻る