稲田朋美防衛相「自衛隊」発言で辞任否定するももう限界か?反応まとめ「レベルが違う問題発言」「辞任すべき」

稲田朋美防衛相が27日、都議選の自民党公認候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊としてもこの候補をお願いしたい」旨の発言をした。
防衛大臣として、自衛隊を政治利用したと受け取られる可能性がある。
深夜になって発言を撤回し、辞任を否定したが、これまでと違い今回は、レベルが違う、もう限界との声もある。反応をまとめた。

スポンサーリンク

稲田朋美防衛相「自衛隊」発言で辞任否定するももう限界か?反応まとめ

南スーダン派遣自衛隊部隊日誌」管理案件、森中学園問題、教育勅語の評価に絡む発言など、最近の問題事件のたびに、登場し、
叩かれている稲田朋美防衛相が、都議選の応援で、防衛大臣として、ありえない「自衛隊としてお願い」発言をし、
野党のみならず、与党からも批判が出ている。

今回の都議選は、安倍首相、自民党が、支持率低下の中、目下のところ最重要と位置付けている選挙選である。

これまでも問題が起こるたびごとに、「これからもしっかりと職務を全うしたい」として、
辞任しない考えを示してきたが、そろそろそれも限界かもしれない。

稲田朋美防衛相は言うまでもなく、安倍首相が自分と思想的に最も近いとして特に目をかけて、
育て上げ、引き上げてきた女性政治家である。自由民主党政務調査会長になったころは、
将来は初めての女性首相にとの評価もあったほどだ。

それが昨年これまで、全く経験のなかった防衛大臣に抜擢されてから、雲行きが怪しくなってきた。
今回の問題では、本当に法律家(弁護士)なのかという声も出ているほどである。

防衛大臣は、以前と比べると、その重要性が大きく増し、
北朝鮮のミサイルがいつ日本に飛んでくるか分からない現状では、
管理能力、統率力が最も問われ、それは国民の命に直結している。

次の内閣改造で再任はありえないとは思うが、
それを待つまでもなく早急に対処する必要があるのではと思われる。

スポンサーリンク

稲田朋美防衛相の問題発言に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

圧倒的に今回の発言に対して厳しいコメントが多く、擁護する意見は皆無でした。

最近の森友学園、加計獣医学問題、暴言発言で、叩かれる多くの政治家が、
安倍首相が出身派閥の細田派で、安倍首相の側近と言われる人物も多い。

第一次安倍内閣末期のお友達内閣での、問題続出の頃に雰囲気が似てきた気がしないでもない。

これで、都議選惨敗、安倍政権の支持率さらに低下となると、
3年後の東京オリンピックまで安泰と思われていた安倍一強政権が、
一挙に弱体化する恐れも現実味を帯びてきたのではと思われる。

■関連記事
森友学園問題海外の反応は?スキャンダルが安倍夫人と稲田防衛相を巻き込んだ!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  2. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  3. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  4. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  5. ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  6. 安倍離れの理由についてみていこう。 報道各社の最近の世論調査で内閣支持率は軒並み30%台に急落…

人気記事

  1. 2016-12-21

    柴崎岳の移籍先は?スペインかドイツの可能性あり!?

    先日まで開催されていたクラブワールドカップで大活躍した鹿島アントラーズの柴崎岳選手。 早くも海外移…
  2. 2017-5-22

    メガマウス打ち上げで地震はデマか本当か?「水面にプランクトン食べに来てるの」「M6以上は月1で起きてる」

    幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  3. 2016-11-29

    鳥インフルエンザ 2016全国感染の韓国から日本へ?反応まとめ

    2016年11月21日に感染届け出後、韓国全国に広がった鳥インフルエンザが、 渡り鳥を介して日本に…
  4. 2017-7-6

    ヒアリ対策殺虫剤でフマキラー株が断トツの急騰なぜ?反応まとめ

    女王アリが見つかったとの報道で、日本での定着が恐れられているヒアリだが、 株式市場では業界3位のフ…
  5. 2017-4-4

    日本政府駐韓大使を85日ぶりに帰任させる!なぜ?海外の反応は?「地政学的な懸念がこの争いに終止符を打った」

    日本政府は、釜山市の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として 一時帰国させていた…
  6. 2017-2-16

    イヴァンカブランド称賛で大統領顧問に懲戒処分勧告!迷言連発のコンウェー女史とは?反応まとめ

    トランプ米大統領の顧問のケリーアン・コンウェーが、ニュースのインタビューでイヴァンカのファッションブ…
  7. 2017-1-5

    箱根駅伝山の神の歴代一覧とその後の活躍まとめ!「実業団で活躍できないジンクス?」「卒業後の確かな成長を」

    新年の風物詩である第93回箱根駅伝が青山学院の3連覇達成で終わりました。 箱根駅伝といえば5区の山…
ページ上部へ戻る