京大のiPS創薬が実用化へ!他の疾患5候補薬の現状はどうか?反応まとめ

今月初め、iPS細胞を新薬の開発に使う「iPS創薬」が実用段階に入ったことが報じられた。
京大iPS細胞研究所の戸口田淳也教授が、難病「進行性骨化性線維異形成症」の治療薬候補をiPS細胞で見つけ、
臨床試験を始めるというものだ。昨年報じられた他の疾患5候補薬の現状はどうか?反応もまとめた。

スポンサーリンク

京大のiPS創薬が実用化へ!他の疾患5候補薬の現状はどうか?

今回の臨床試験で、iPS創薬として候補薬を患者に試すのは世界で初めてとなる。

京大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授が2006年に世界で初めてマウスで、翌年にヒトの細胞で作製したiPS細胞を新薬の開発に使う
iPS創薬の実用化の現状を見て行きましょう。

国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」のまとめで、2016年9月時点で、
iPS細胞を使って難病の治療開発を京都大と慶応大が進めており、次の表にある6疾患の薬の候補物質を見つけたとしていた。

その後の状況を調べ、表に書き込んだ。今のところ、「進行性骨化性線維異形成症」の
治療薬候補ラパマイシン以外は大きな進展はないようである。

軟骨無形成症の候補薬として、2014年9月には、スタチンが見つかったことが報じられ、
大きな話題となったが、現時点では、臨床試験までに至っていないようである。

iPS細胞による創薬は、患者の細胞を用いて、人の臓器や組織の細胞を作り、試験管の中で、
多数の物質を試し、治療薬の候補を絞ることができるため、従来のマウスなどで、
人の病気を再現し、発症の仕組みを調べ、薬の候補物質を突き止めたうえで、
ヒトに有効かどうかを調べるやり方に比べると、創薬の開発スピードは非常に速く、成功率も上がると言われていた。

従来のやり方では開発期間が10年以上、費用が1000億以上、製品化の確率は20000分の1から30000分の1と言われている。

しかし、候補薬が見つかってから、Phase1~3に及ぶ臨床試験で、ヒトに対する有効性と安全性のテストをするのは、
今のところ従来と同じ手間と時間がかかる。

患者が少なく、売り上げがそれほど見込めない難病に的を絞り、
候補薬を他の病気で既に承認されている既存薬としたのは、その点を考えたものであろう。

課題は臨床以降の開発にかかる費用をどう工面するかにあるようだ。
難病治療薬への大手医薬メーカーの参入や投資は売り上げ規模からするとほとんど期待できないと思われる。

「ポンペ病(糖原病II型)」という難病にかかったふたりの我が子のために、会社を辞めて、
自ら治療薬「マイオザイム」を開発したというジョン・クラウリーの実話がもとになった
映画「小さな命が呼ぶとき」(2010年公開)があるようですが、誰もができることではありません。

スポンサーリンク

iPS創薬が実用化へに関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

期待は大きいようです。

従来見向きもされなかった難病の薬に目が向けられたことは大きく、何とかこの芽を育てて、
患者さんの期待に答えるような仕組みを作って行くのは国の責任であると思われる。

ただ最近の動きとしては、iPS細胞の創薬応用を推進するため、京都のベンチャー「iPSポータル」が、
理化学研究所バイオリソースセンター提携契約を結んだとのニュースが伝えられた。

iPS細胞を使った創薬分野が活性化し、難病に限らず、
世界的にみても困難さが増している新薬開発への大きな後押しになればと思われます。
■関連記事
小野薬品のがん免疫薬オプジーボの薬価はほんとうに高すぎるのか?反応まとめ「製薬会社の開発意欲が削がれる」「国民の税金がむしりとられているだけ」

最新肺がん免疫治療の特効薬オプジーボが異例のスピード値下げで、半額に!そのメリットとデメリットは?
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 中国の4大銀行が中国人民銀行の指示で、北朝鮮籍の個人、企業に対する金融業務の取引停止をした。公式には…
  2. 北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  4. 歌手の安室奈美恵(40)が2018年9月16日で引退すると今月20日に発表したことで 日本では大騒…
  5. 9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  6. 元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…

人気記事

  1. 2017-1-30

    廃刊!?NYタイムズのトランプ批判が逆鱗に触れた内容は?海外の反応「米を第一に考えているリーダー」「実際移民はリスクがある」

    1月30日トランプ大統領は自身のtwitterで「ニューヨークタイムズは正しく経営するか、廃刊すれ…
  2. 2016-10-13

    ピエロ恐怖症騒動が全米はじめ世界で発生!なぜ?海外の反応「SNSがこのいまいましい騒動を始めた」「もう夜外に出ることはできない」

    10月末のハロウィンが近づくにつれ、ピエロ恐怖症騒動が世界に広がっているようである。 ホラー小説「…
  3. 2017-6-5

    世界卓球2017日本のメダルラッシュに福原愛と夫の江宏傑はどうしている?反応まとめ「愛ちゃんの旦那は?」「私生活メインで過ごしてる」

    世界選手権卓球日本のメダルラッシュの中で、昨年、混合ダブルスに、福原愛夫妻で出場の可能性もと報じられ…
  4. 2017-6-21

    北ミサイル避難方法CMなぜここまで?反応まとめ「Xデーが近いの?」「政権への不満そらし」

    北朝鮮情勢が緊迫している。 なんと政府は23日からテレビCMにて、北朝鮮ミサイル避難方法について流…
  5. 2017-1-23

    インドネシア高速鉄道2017の中国建設のめど立たず?現地メディアから探ってみた!反応まとめ

    激しい受注合戦の末、日本が敗れて大きなショックを与えたインドネシア高速鉄道計画が、 昨年の起工式か…
  6. 2016-11-11

    PS4ProVRの感想!ネットの反応もまとめてみた「VRが4K以上の衝撃」「そこまで変わらない?」

    PS4 Proが11月10日に発売されました。賛否両論な意見が出ていたVR機能が期待以上の物なのか?…
  7. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

    トランプ大統領が間もなく誕生する。 将来アメリカを抜くと予想されている大国・中国の反応をまとめてみ…
ページ上部へ戻る