JAの米に中国産!産地偽装した大元は?内容と反応まとめ「ブランド米がこれは酷い」「他にもあるのでは」

国産なら安心、と食べていたところにショックなニュースが舞い込んで来ました。
週刊ダイヤモンドはJA京都が国産として販売していたコメの中に中国産が混入している疑いがあることが分かったと報道したのです。
報道の詳細とその反応を見ていきましょう。

>コメントをたくさんいただきまして一部記事を修正いたしました。

スポンサーリンク

JAの米に中国産!産地偽装した大元は?

週刊ダイヤモンドの報道

ニュースによると、週刊ダイヤモンドがJA京都が販売したコメの産地判別検査を実施したところ、
なんと「滋賀産」や「魚沼産」として販売されていたコメの中に中国産が混入していたというのです。


検査は産地判別の実績がある研究所に依頼し、滋賀県産のコシヒカリを使用。
そしてその10粒中6粒が中国産だと判別されたのです。10粒中6粒は意図せざる混入とは言えず、
JAが産地を偽装して販売していたのではという疑いが持たれています。

今回の検査で判明した偽装疑いの商品は以下の3つです。
・滋賀こしひかり
・京都丹後こしひかり
・魚沼産こしひかり

産地偽装の大元は?

今回の産地偽装されたコメがどこから流通したものなのかは行政の調査待ちのようでまだ明らかにはなっていません。

かつてイオンが同じように週刊文春に産地偽装したように報道され、激怒したことがあります(真相はイオンが入荷元に騙された形なので、大元はその入荷先がいけないのに、あたかもイオンが意図して悪いことをしたかのように紹介されたことに対する件)

今回、JAとしてもブランドがありますので週刊ダイヤモンドに対して強気な対応をとるかもしれません。
実際JAは「集荷者」の扱いとなります。

生産者

集荷者(JA)

販売業者(楽天や各お店)

消費者

ですので、もしかしたら生産者の方が悪である可能性もありますので、今の段階ではJAを悪とするのは早いので
追加の報道を待ちましょう。

ただし、この中で安い中国米を入れることで誰が一番得をするか?と考えるとどうなのでしょうか?
生産者も得はするかもしれませんが、一番は集荷業者な気はします。
→コメントをたくさんいただきました。
生産者側からすると、中国米を輸入したとしても、関税段階で国産米より高くなるので、まったくメリットがないとのこと。
もし、闇での入荷としたら、それはそれで手間がかかるので、そこまでやるメリットも考えにくく、
生産者・集荷業者が混ぜるメリットはないとのことです。

誰が得をするか分かりにくい構造ですので、今後の続報を待ちましょう。

スポンサーリンク

米の産地偽装報道のネットの反応

日本人が安心していて食べていたお米だけに、ネットでは非常にショックを受けている反応が多いです。

twitter
ブランド米で高いお金取っておいてこれはひどい
twitter
日本中で米余ってるのになんで混ぜるのか疑問
twitter
中国米とか食べたくない
twitter
他県産でも許されないのに、よりにもよって中国産
twitter
JAだからって安心して買えないのか
twitter
他にもあるのでは?って思ってしまう
twitter
ブランド米の偽装は当たり前になってる
twitter
新潟出身としては恥ずかしい
twitter
JAの米は買わないようにしよう
twitter
米農家からすると消費者って大変だなーって思う
出典:twitter

よりにもよって中国産のコメが混入していたという事実に国民の怒りが爆発しています。
中国米は良いものもありますが、プラスチック米報道もありましたし、心配は高いです。

食品の安全性を確認する上で産地と言うのは非常に重要な要素です。
それを偽装されてしまっては私たち消費者は安全な食品を選ぶことができません。
JAが不正をしたのか?これによって一番得をするのは誰なのでしょうか?…真相は何なのでしょうか?
消費者もこれからは販売者まで考えて食品を選ばなければならないと思うと本当に大変です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • ああ
    • 2017年 2月 14日

    仕入先が偽装していて販売店は知らなかったから責任はないなんて、消費者側からしたらありえない考えですよね。
    イオンの件も仕入れ元を精査することを怠った訳ですし、全く責任がないとは言えないでしょう。
    それに消費者にとっては意図した偽装かそうでないか判別のしようがありませんしね。
    アフターフォローも惣菜用買ったレシートなんてその日のうちに捨てる人が大半なのに、レシートで返金を検討するという返金すら確約しないお粗末なものでした。

    • 名無し
    • 2017年 2月 14日

    文中、集荷者たるJAと生産者には疑いの目を向けながら販売業者を疑わないのは何故ですか?
    卸売業者が挟まってる可能性もありますよね?場合によっては卸➡卸みたいな移動もあると思いますが。
    海外産米を調達しやすい立場としてはむしろその集荷業者よりも下流の方が可能性ありますよ。
    とんな業界でも作業としての「詰め替え」はあることです。(偽装とはまた違う)
    疑わしきは様子見なのは正しいと思いますが、現実的には限りなく可能性が低いであろう生産者の方に疑いを残す書き方は釈然としません。

      • borderline-wp
      • 2017年 2月 14日

      ご指摘ありがとうございます。
      生産者が可能性が低く、販売業者も可能性が高いということで
      当方の認識不足であります。

      >海外産米を調達しやすい立場としてはむしろその集荷業者よりも下流の方が可能性ありますよ。

      なるほどです。説得力があります。
      勉強になります。

    • 生産者
    • 2017年 2月 14日

    生産者です。
    我々はJAからコシヒカリの苗を購入しない限り収穫したお米をJAへ出荷することさえ許されません。

    もし報道が事実であるならば、そこまでして管理下にある生産者が出荷(30Kg/6700円)したお米を消費者を欺いて、生産者を欺いて組織を守る必要があるのか疑問を感じます。

    地方のJAは地元採用者が多くいることから問題に対してあまり大きな声を上げることができませんが、生産者、農家のための組織ではない気がいたします。

    一次産業従事者は社会保険にも加入ができず、年金は国民年金を2ヶ月で6万円程度いただいてます。一方中間で利ざやを稼ぐ企業は何億円もする本社ビルで、政治活動?社会保障も充実している環境。

    そしてこの問題。

    お願いですから生産者に還元してあげてください。

    お願いですからそんな企業にしてください。

    • 金澤 英也
    • 2017年 2月 20日

    若しこの問題が真実であれば、非常にどす黒い今の日本の現実の表層化です。
    中国米が入っていた事が品質や嫌中国の感情等の中国誹謗の問題でなく、何故外国産米が混じって仕舞っているかの
    起因です。
    ご存知のように、外国産米は農水省直下のクオター制で輸入できる商品です。既得権を持っている輸入業者が限られています。よってこの輸入社が介在しない事には(密輸でもしない限りは)JAにも届かない仕組みになっています。
    勿論そのような事が起こってしまっていますから、農水省も知らないとは言えないはずです。
    組織ぐるみか?どうかは判りませんが、少なくとも農水省、中国米輸入商社、或はその卸元、JA,精米業者の一部の人間はこのからくりを知っていると存じます。
    この推論が当たっているかどうかは専門家に任せるとして、このような非合法が各組織を跨いでまかり通る今の日本、今日本は何処へ行くのでしょうか?

    • 米農家
    • 2017年 2月 23日

    そもそもSBSの落札結果等は農水省がすべて公開しており、ウェブサイトで確認できます。
    昨日の報道でJA側の主張として「2016年12月まで日本全体で中国産米の輸入が無く、仮にそこで落札していたとしても手元に届くのは2月末である」とコメントを出しています。
    もちろんMAの枠外での輸入もあろうかと思いますが、現状1kg当たり340円近い関税がかかることを考えると、そんな高い米を混入するメリットは集荷業者にも販売業者にもありません。そもそも、枠外で輸入されている米は、私の推測ですが飲食店等で使用される長粒種なんかが多いのではないかと思います。長粒種は日本で作付がほとんどありませんので。
    本ブログでは生産者や集荷業者による混入の可能性も指摘されていますが、例えばコシヒカリだと産地によりますが新潟を除いても概ね玄米60kg(1俵)13000~15000円程度で流通しているものと思われます。1kg換算で約200~250円。つまり、関税だけですでに国産米の価格を超えています。仮にMAの枠内で輸入されたものだとしても売り渡し価格は1kg当約200円。玄米で取引する生産者や集荷業者がそんなものを混入させる意味はまったくないことがわかるかと思います。
    さらにいえば、生産者が個人で乾燥・調整を行うにしろ、JAのカントリーエレベーターで行うにしろ、工程上別の米を混入させるというのは莫大な手間がかかります。業界の人間からすればありえない話です。
    こういう書き方をされると産地に対する風評被害を煽ることになるので、事実をよくお調べになり、十分ご留意いただきたい。

      • borderline-wp
      • 2017年 2月 23日

      ご指摘いただきありがとうございます。
      大変勉強になりました。
      ご指摘を元に記事を修正したいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2017-1-16

    駅伝マラソンがこれまで雪で中止になったことは?決行した女子駅伝への反応まとめ「八甲田山の雪中行軍がいまだに生きてる」「ベストは延期なんだろうけど」

    昨日大雪に見舞われた京都で、「第35回全国都道府県対抗女子駅伝」が2千人規模の除雪作業を行って決行さ…
  2. 2017-3-17

    もやし安すぎて業界窮状へ!その理由は?反応まとめ「倍の値段でも買いますよ」「40円でも安い」

    最近のニュースでも取り上げられていますが、もやし生産業者が中国からのタネの買い付け価格が高騰したため…
  3. 2017-4-23

    畠山愛理が新体操からキャスター転身へ!その理由と反応まとめ

    新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  4. 2017-2-2

    GPIFを米インフラに投資の報道に炎上!反応まとめ「年金は総理の財布じゃない」「外交ツールか」

    2月10日の日米首脳会談で、公的年金のGPIFが米国のインフラ事業に投資するという提案を提出すること…
  5. 2017-8-23

    相次ぐ事故で第7艦隊司令官を解任へ!原因は?反応まとめ「驚きのできごと」「稲田前防衛相が笑顔で・・と大きな違い」

    第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  6. 2016-12-27

    男性にとっての少子化の原因が2017年さらに増える…バーチャルホームロボット現る!

    少子化が日本の問題となっています。男性は特に恋愛などに対する拒絶傾向が強くなり、 草食系男子という…
  7. 2017-3-3

    オランダ選挙2017投票結果は日本時間いつ分かる?反応まとめ「極右政党が第一党になったら…」

    オランダ版トランプと言われるウィルダース党首率いる極右政党・自由党(PVV)が、30~35議席を獲得…
ページ上部へ戻る