6月1日酒税法改正値上げでどうかわる?反応まとめ「ビール類が1割・・」「愛飲するお酒も変えなきゃ」

5月のティッシュ、トイレットペーパーに続き、6月1日からビールなど酒類、
はがき、バター、タイヤなどが値上げされる。その理由と反応をまとめた。

スポンサーリンク

6月1日酒税法改正値上げでどうかわる?反応まとめ

酒類の値上げは昨年5月に議員立法で成立した「酒税法の一部改正」が施行されることによる。
酒類のディスカウント店などが、メーカーからのリベート等を原資にして、ビール・発泡酒製品を目玉商品として、過剰な安売りをしてきた。
これを規制するものである。今回の法改正により、町の個人商店である酒屋さんを保護するということだ。

仕入れ原価と販管費の合計額を下回る小売価格で販売した場合や、周辺の販売事業者の売り上げ減などにつながった場合に罰されることになる。
さらに繰り返して基準を守らなければ酒類の製造・販売免許を取り消したり罰金を科したりするという厳しいものだ。

これにより、
・小売りは仕入れ原価に人件費や光熱費などの販管費を加えた総販売原価を下回る価格では酒類を販売できなくなる。
・メーカー側にはリベートの支払い基準の厳格化が求められる。

このため、小売り業者によって、人件費等の違いで、小売価格に多少の違いは出るものの、極端な安売りは出来ず、
コンビニなどとの価格差は縮まるものと予想されている。プライベートブランドのビールなど、
宣伝費をかけず原価が安いものは、値上げなしということも考えられる。

はがきの料金は6月から52円→62円に、実に20%近くも引き上げられる。
はがきの値上げは消費増税以外では23年ぶりということです。
売り上げ数量の大幅な低下、人件費の上昇などが背景にあるそうです。

筆者も、先日来た同窓会の返信はがきに6月以降に投函する場合は、
10円切手を貼るようにと書いてあって、初めて気が付きました。

値上げを忘れていて、戻ってきて期限に間に合わないというのが一番困ります。
買いだめするわけにもゆかないので、ますます電子メールで返信が増えそうです。

タイヤは、ブリヂストンや住友ゴムの夏用タイヤの出荷価格が平均6%引き上げられる。
これも原材料の高騰が原因とか。

明治や森永乳業が6月1日出荷分から5円値上げ。例えば、405円のバターが410円となる。
その理由は、生産者数と乳牛の飼育頭数が減少していて、生乳の生産量も減っているので、
バター用の生乳価格が上がったためとしている。
根本的な原因が解消されない限り毎年のように値上げということになりそうだ。

6月1日から一斉値上げに関するネットの反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

6月1日から一斉値上げに関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

安売り規制の酒税法がらみのため、店によって価格差が出るなど、今回の酒類の値上げは少し複雑となります。

今年に入ってから、値上げのニュースを耳にすることが多いように思えます。
酒の安売りのように、正常な販売形態から外れてゆがんだ形になっているものを是正するのは、仕方がないという気もします。

一方、一向にインフレにならないアベノミックスを支えるために、
価格が高い要因となっている規制には、あまり手を付けていないのではとも思う。

バターなどは、根本的な問題を解決しないことには、畜産業者の減少とともに、
毎年値上げするということになるのではないでしょうか。

■関連記事
あずきバー7月1日無料配布の人気の秘密に迫る!反応まとめ「みんな、歯ぐきは鍛えた?」

ビール値上げ一覧を調査!発泡酒だけじゃないの?イオンとセブンで前後を比較します…(1日にも更新)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. トランプ大統領の白人至上主義事件に対する「双方に非がある」発言が大問題視されている。 日本のメディ…
  2. 8月15日に行われたWBC世界バンダム級タイトルマッチ。13度目の防衛のかかった山中慎介でしたが、ま…
  3. 北朝鮮が2発のミサイルICBMに用いたウクライナ製高性能液体推進エンジンは、ロシアから闇市場を通じて…
  4. 2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  5. 2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…
  6. WBCバンダム級王者・山中慎介は13度目の防衛をかけ、8月15日にルイスネリと対戦します。 この試…

人気記事

  1. 2017-2-14

    イヴァンカトランプがカナダ首相とのトップレベルの会議でリーダーシップ!反応まとめ「公私混同の常識のなさ」「30年後くらいに大統領なるかも」

    トランプ米大統領が、訪米中のトルドーカナダ首相と米加両国の女性実業家らと開いた会合に、 イヴァンカ…
  2. 2017-5-8

    中国人観光客韓国避けて日本へ!クルーズ船が素通り! 反応まとめ

    韓国のTHAAD配備を受けて、中国観光客が韓国を避けて、日本を中心としたアジア諸国に行き先を変更して…
  3. 2016-11-19

    安倍首相とトランプ次期米大統領の1時間半の会談は友好関係のスタート?中国の反応?

    ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は17日、外国首脳として初めてトランプ次期米大統領と会談した。 …
  4. 2017-4-16

    Jアラートはスマホアプリでどう設定する?北朝鮮ミサイルの危機感とその反応

    北朝鮮とアメリカが一発触発の緊張状態の4月、故金正成105周年パレードの15日に話題になったのが …
  5. 2017-6-27

    平昌冬季五輪で北朝鮮との共同開催はありうるのか?反応まとめ「世界に喧嘩を売っている」「日本は参加拒否すべき」

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平昌冬季五輪で、韓国と北朝鮮の合同チーム結成や開会式での合同入…
  6. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
  7. 2017-6-8

    山手線の車内防犯カメラ設置はいつから?賛否両論の反応まとめ

    JR東日本は6月6日、山手線の各車両に防犯カメラを設置すると発表しました。 これに対して世間からは…
ページ上部へ戻る