ロッテマートついに中国撤退! THAAD報復に耐えかねて!海外の反応は?

THAAD配備場所提供で、中国政府からターゲットにされていたロッテマートが、営業不振に耐えかね、
全112店舗を撤退させると発表した。中国政府、国民の韓国のTHAAD配備への報復の結果である。海外と国内の反応をまとめた。

スポンサーリンク

ロッテマートついに中国撤収! THAAD報復に耐えかねて!海外の反応は?

まず、韓国のロッテの中国進出のこれまでを見てみましょう。

ロッテの中国進出のこれまで

2007年   オランダ系大型スーパー「マクロ」8店舗を1兆2000億ウォンで買収して中国に進出した。
2016年7月 朴大統領、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備に合意する。
2016年9月 韓国政府がTHAAD配備場所に慶尚北道星州(ソンジュ)のゴルフ場「ロッテスカイヒル星州CC」を指定した。
   11月 中国当局消防点検や税務調査などをロッテマート各店舗に集中的に行い罰金命令をだす。
2017年2月末 韓国政府がTHAAD配備計画を具体化する。
   3月  ロッテ商事がTHAADの配備先としてロッテグループが所有する土地を提供する契約を結んだ。
中国はロッテ商事の属するロッテグループを非難し、検疫当局によるロッテ菓子の廃棄処分や、中国人によるロッテのボイコットなどが起こった
ロッテマートの営業停止が始まる。
3月15日 中国政府はり、韓国への団体旅行商品の販売中止を国内旅行会社に命じた。
5月10日  文在寅大統領に就任する(選挙期間中からTHAADの韓国配備に関して慎重論を展開)。
5月19日 文大統領が大統領特使としてイ・ヘチャンを北京に派遣して習主席と会談させる。
6月7日  韓国政府はTHAADの追加配備に関しては「4基の配備は用地の環境影響評価作業が終了してから決定する」と発表した。
環境評価作業は1年はかかる見込みで、事実上の中断。
7月28日 北朝鮮のミサイルを発射を受けて、文在寅大統領は米軍基地内で保管中の残り4基についても、 環境評価完了前に臨時配備と方針変更。
9月7日 装備・資材などを搬入により、6基全ての設備が揃い、THAADシステムの本格運用が始まった。
9月14日 中国ロッテマート112全店を売却する方針を発表した。

THAAD配備慎重派の文大統領に就任により、一時中国の「禁韓令」が緩和されたと思われたときもあったが、
北朝鮮の挑発により、文大統領としてもTHAAD全面配備を決意せざるを得なくなった。

政府の「禁韓令」、中国国民のロッテ製品の不買運動などで、4~6月期の中国ロッテマートの売上高は
前年同期の10%の210億ウォンに落ち込み、店舗全体の77%に相当する87店舗が閉鎖した状況だ。
残りの店舗も事実上、休店状態となっているとのことだ。

ロッテとしても、維持費用が増えるばかりで、先が見えない状況のため、ついに撤退を決断したと思われる。

その他の韓国企業も苦戦しており、イーマート(韓国スーパー最大手)はすでに、
「中国からイーマートを全面撤収する」との方針を5月下旬に公表している。最近、上海市内にある5店舗すべてを閉鎖したとの報道もある。

韓国現代自動車は、2017年4~6月の中国販売が前年同期比4割減ったと発表した。
アモーレパシフィック(コスメ)は4-6月期の営業利益が前年同期比58%減の1304億ウォンだった。
税関審査と衛生承認手続きの強化が要因の一つという。
オリオン(菓子メーカー)今年上半期の営業利益は前年同期比64%減少した。
農心(製麺、インスタント食品、スナック菓子)今年上半期の売上高が1276億ウォンと、14%減少した。

韓国の対中輸出額は昨年1240億ドル(約14兆3100億円)に上り、対日輸出額の約5倍、
米国と比べても2倍の規模となっているため、韓国経済全体に与える影響も大きい。

「韓国企業が中国から確実に締め出されつつある」との朝鮮日報中国版の記事に対する海外(中国)の反応を見てみましょう。

韓国企業の中国から締め出しに関する海外の反応

永遠の友などない、永遠の敵もない。韓国野郎はアメリカの番犬になろうとしている。あ!

中国は発展し、国内のスマホや自動車の利点が大きくなった。国内技術はずんずん良くなり、価格の優位性もある、
サムスンは爆発事件以来だれも買いたいとは思わなくなった。

これが人々の当然の選択だ。

サムスンは死んだ。韓国経済は終わりとなるだろう。

日本より自覚がない。だから退場することになる。

日本は姉で、アメリカは君たちの親父だ。

 

中国人は、自国の技術に自信を持ち始めたようです。
THAADの事件と、工業製品については中国の技術力がアップして韓国に追いついた時期が一致した影響もあるようです。

次に、ロッテマート中国撤収について日本の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

ロッテマート中国撤退に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

すでに尖閣問題のレアアースなどで、経験しそれなりに潜り抜けたが、中国もこの事件に学び、
いやがらせのやり方もWTOに提訴されても証拠を残さないようになどより巧妙になっているようです。

大国に挟まれた中で、うまくバランスを取りながら、策を弄してきた韓国ですが、北朝鮮の予想できない行動もあり、誤算となり
墓穴を掘ったようです。

つい先日の北朝鮮への人道援助など、これまでの経験、歴史に学び、韓国はよく考えて行動してもらいたいものだと思えます。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 中国の4大銀行が中国人民銀行の指示で、北朝鮮籍の個人、企業に対する金融業務の取引停止をした。公式には…
  2. 北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  4. 歌手の安室奈美恵(40)が2018年9月16日で引退すると今月20日に発表したことで 日本では大騒…
  5. 9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  6. 元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…

人気記事

  1. 2017-7-3

    都議選自民惨敗!その原因は小池マジック?反応まとめ

    東京都議選で自民党は23議席と歴史的な惨敗を喫した。一方、小池百合子知事が率いる 「都民ファースト…
  2. 2017-8-13

    世界陸上男子400mリレーでボルトが棄権!なぜ、どこを痛めたのか?海外の反応

    世界陸上男子400mリレー決勝が行われ、このレースをラストランとしていたウサイン・ボルトがなんと怪我…
  3. 2017-7-17

    上西小百合議員のツイッターまた炎上!浦和逆転負けに油を注ぐ!反応まとめ

    ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  4. 2017-5-31

    イギリス総選挙2017年6月8日の日本時間とネットの結果予想をまとめてみた

    2017年6月8日に前倒しとなったイギリス総選挙。実は現職のメイ首相は絶対的な状況でなくなってきてい…
  5. 2017-5-30

    前倒し英総選挙左派コービン党首の猛追でメイ首相の地滑り的勝利が消滅!3つの理由とは?反応まとめ

    2020年5月の予定だったイギリス総選挙を2017年6月8日に前倒して、地滑り的勝利が予想されていた…
  6. 2017-7-27

    蓮舫辞意か?なぜこのタイミング?反応まとめ「当然」「株と為替が敏感に反応したぞ」「党内で何かあったね」

    7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  7. 2016-12-10

    フライデーの信憑性は?文春と比べてどうか?炎上の今、振り返る

    フライデーの信憑性はどうなのでしょうか?現在炎上し、批判にさらされているフライデーですが、 簡単に…
ページ上部へ戻る