内閣支持率維持に「おかしい!」の声 なぜ下がらない?反応まとめ「操作されてる」「野党がダメだから」

森友学園問題や閣僚の問題発言など様々な問題で世間を騒がせている安倍内閣。
しかしその支持率が横ばい状態で維持されていることに「おかしい!」との声が多くあがっています。
いったいなぜ内閣支持率は下がらないのでしょうか。今回は、内閣支持率維持の詳細とその理由をまとめていきます。
スポンサーリンク

内閣支持率維持に「おかしい!」の声 なぜ下がらない?反応まとめ

<内閣支持率横ばい>
6月現在、安倍内閣の支持率は50%前後。過去最低となったのは安保法制でもめた、2015年7月の36.1%でしたが、
その後持ち直し50%前後を維持するようになりました。

そして最近の森友学園の一連の問題や相次ぐ閣僚の失言などさまざまな問題で世間からバッシングを受けているにもかかわらず、
未だ支持率50%前後を維持しています。

内閣支持率横ばいに「おかしい」の声がネットから出ています。

内閣支持率横ばいに「おかしい」へのネットの反応

大臣失言、大スキャンダルで支持率落ちないのおかしいでしょ
これ以上横ばいだったら調査の不正を疑うしかない
なんでこんなに支持率落ちないんだろう
あれだけのスキャンダルで内閣支持率落ちないってどうかしてる
閣僚が何を言っても内閣支持率が下がらないな
むしろ支持してる人間に興味ある
支持率調査なんて誘導尋問みたいなもの
信憑性ゼロ
納得できないけど野党よりよっぽどまし

出典:twitter
スポンサーリンク

これだけの問題を起こしながらも安倍内閣の支持率が下がらない理由は何でしょう。
考えられる5つの理由を以下にまとめます。

内閣支持率が維持されている3つの理由

1. 不正に支持率が操作されている説
国民の不満が溜まっているにも関わらずこれだけ支持率が落ちないとなると、
調査の不正を疑うのが自然です。
支持率の調査の実態は謎に包まれていますし、故意に内閣を支持している人を中心に調査したり
内閣を支持する回答ばかりを採用していたりするのかもしれません。あくまで憶測の域です。
2. 問題が起きている一方で経済への貢献を評価されている
さまざまな問題を起こしている内閣ですが、その一方で雇用回復や実質経済成長率が16年は1.2%、
17年は1.3%の見通しであるなど、きちんと実績を残しているために支持率が拮抗状態にあるという見方もあります。
3. 他に支持できる政党がいないため
「安倍政権に不満はあるけれど、他に支持できるような政党がない…」と考えている人が多いようです。
そのため、とりあえず今の内閣を支持しておこうという人が多く支持率が下がらないという可能性もあります。

4. マスメディア・インターネット対策対策がうまくいっているため
社会学者で東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授の西田亮介氏による、分析の中で語られていてことですが、
第2次安倍内閣発足時から、今まではとは違うマスメディア対策を行ってきたいう。
簡略化していうと、対立するメディアとは徹底的に対立、擁護するメディアには褒美を与えるといったアメとムチ的な対応をし、
メディアに対する対策を徹底しているという。そういう党内の対策グループがあるそうだ。
そして、ネット対策グループも作り、ツイッターの監視・候補者のSNSアカウントの監視・2ちゃんねるの監視なども継続的に行っているという。
そういったことは他の党はやっていないので、(幸福実現党はやっている気がするが)それが差となっているのではないか?ということ

5. 若者の支持率が高いため
意外にも若者の支持率の高さが数字として確かに表れている。昔の若者のようにすでにある大きな権力に対する対抗心とは違う
考え方が若者の中にあるのが見て取れる。

下がらない支持率で戦後第3位の長期政権となった安倍内閣。
その下がらない支持率にはいろいろなカラクリが隠されていそうです。

しかし一番の問題は、野党に支持できる政党がないということでしょう
これではいくら自民党が不祥事を起こしても支持率が下がることはありません。
野党は「なんで支持率が下がらないんだ」なんて嘆いて下げる方法にあくせくするのでなく、
自らの政党の支持率をあげる努力をしてほしいものです。

また、安倍内閣も問題発言をしても支持率が下がらないので、
気がゆるみ問題発言を繰り返すという悪循環に陥っているようにも見えます。

結局最後に損害を被るのは国民です。我々もメリハリのついた対応が必要ではないでしょうか。

■関連記事
安倍内閣の最新支持率の急落をパククネ前政権と比較!これからどうなる?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 今年最大の政治決戦と言える東京都議選2017の投票日が迫ってきました。 選挙の期間、また選挙当日は…
  2. 大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  3. 投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する 一…
  4. 張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  5. サニブラウンが9秒台を最初に出すか? 日本選手権2017男子100m決勝にて、かつてないハイレベル…
  6. 陸上・日本選手権兼世界選手権ロンドン大会代表選考会第2日の男子100メートル決勝が24日(土)20:…

人気記事

  1. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
  2. 2017-6-25

    張本智和参加の中国オープン男子でトップ選手が突然のボイコット!なぜ?海外の反応「なんら恥じることはない」「前途を公正公平に賭けた」

    張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  3. 2017-3-6

    中国が携帯料金廃止って?現地メディアでその意味を探った。海外の反応は?「何て良い総理だ」「まず解決すべきは住宅と医療だ」

    5日開幕した全国人民代表大会の李克強首相の政府活動報告の中で、最も会場が沸いたのが、 「携帯電話料…
  4. 2016-11-26

    韓国版トランプ李在明が韓国大統領に!反応まとめ「何でも日本のせいにする奴が好まれる」「むしろ韓国のサンダース」

    韓国版トランプと言われる李在明が反日とポピュラリズムを煽り、 パククネ罷免デモのうねりの中で、韓…
  5. 2016-10-9

    サムスンがアップルに米国スマホ特許訴訟で逆転敗訴!約120億円の支払いを命令ぜられる!!海外の反応は?

    サムスンはアップルと米国で争っていたスマホ特許訴訟で、逆転敗訴し、 2014年の判決どおりアップル…
  6. 2016-11-22

    福島県沖地震で津波も発生!韓国の反応「最初の警報の緊迫感は311の教訓だな」「90㎝って普通の波じゃないの?」

    11月22日5時59分に福島県沖を震源とするM7.4の大地震が起き、震度5弱を記録しました。 アウ…
  7. 2017-1-22

    平野美宇は石川佳純に昨年の全日本選手権決勝の雪辱を果たせるか?反応まとめ

    2014年から2016年この大会を3連覇し、今回4連覇を目指す石川佳純(世界ランク4位)と、 史上…
ページ上部へ戻る