北朝鮮万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なし、なぜ?反応まとめ「やっぱり信用出来ない」「北朝鮮を暴走させて何を狙う?」

北朝鮮の貨客船・万景峰(マンギョンボン)号の定期便運航第1便が、17日午後、北東部の羅先(ラソン)を出発し、
18日早朝ロシアのウラジオストクに入港して、運航を開始した。制裁決議に配慮しないロシアの意図はどこにあるのか?反応もまとめた。

Sponsored Links

北朝鮮万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なし、なぜ?反応まとめ

今回の乗客は、中国の観光業界からの代表者たち11人だけの試験運航ということですが、
この船を北朝鮮側から借り受けたロシアの運航会社「インベスト・ストロイ・トレスト」によれば、
ウラジオストクへ運ぶのは主に中国から陸路で北朝鮮の羅先に入る中国人観光客だということです。

万景峰号の当初予定されていた5月8日の就航延期は、北朝鮮の核・ミサイル問題で米国などが圧力を強める中、
ロシア側が配慮したのではとの見方もあったが、「万景峰号が入港する岸壁が確保できなかった」との
説明のように単なる事務的、技術的な問題に過ぎなかったようです。

この就航により、日本でのへの入港が禁止されている万景峰号(船体自身は異なるという話もある)が
月4回程度、往復航海を行うことになるようです。

北朝鮮のこの定期便運航開設のメリットははどこにあるのでしょうか?

北朝鮮の定期便運航開設のメリット

1. 北朝鮮は、老朽化した万景峰号をロシア運航会社の費用で修理のうえ、有効活用ができる。
2. 万景峰号の使用料をロシア運航会社に請求し、収益を得る。
3. 中国人観光客のロシア観光への羅先までの陸路を使ったルートを確保し、北朝鮮国内での中国人観光客からの経済効果が見込める。
4. 核・ミサイル問題で国際的に圧力が強まる中で、ロシア、中国との一定の関係を維持できる。
5. 北朝鮮、ロシア間での貨物の運送に利用できる。そのなかに、輸出入が国連決議で禁止されているものが含まれないとは限らない。

では、ロシアのこの定期便運航開設のメリットはどこにあるのでしょうか?

ロシアの定期便運航開設のメリット

1. 中国観光客のロシアへの定期が開設され、ロシアへの中国観光客の増加が見込まれる。
2. 中国がアメリカの要請によって、北朝鮮への圧力を強めるこのタイミングで、北朝鮮へ恩を売って、より強い影響力を確保したい。
3. 上記により、ロシアの存在感を高めるとともに、極東ロシアで中国に対抗するカードとして、北朝鮮を使いたい。

以上で、世界各国がなんと言おうと、自国の利益となることには躊躇しないということが特にロシアについて明確になりました。

万景峰号定期運航開始についての日本のネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links

万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なしに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ロシアへの不信感が溢れています。安倍外交のメインテーマのひとつである北方領土問題は、
このような国と交渉して前進するのでしょうか?

ウクライナ問題で、さんざん国際的な批判を浴びても、ロシアにとって必要なことはやるということを
見せつけたプーチン大統領に対し、「延期はロシア側が配慮したか?」などの観測は甘かったと言わざるを得ません。

先の記事にも書きましたが、日本人として、国際政治は、信義や友情では動かず、
冷徹な自国の利益優先のpowerの論理が基本の世界だということを改めて認識する必要があります。

■関連記事
ロシアが中国と関係悪化の北朝鮮を支援するメリットは?反応まとめ「これじゃ抜け穴じゃん」「プーチンは世界のならず者大好きだな」

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-3-27

    てるみくらぶ倒産!帝国データバンクに2017/3/27にやっと情報が出る!反応まとめ「全額現金振込限定になったからヤバいのかと」

    てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  2. 2017-9-14

    結婚の条件の代役KUMIさんの経歴と舞台の反響まとめ「騒動になり逆に成功する?」「代役1人なの?」

    鈴木砂羽(44)さん初の舞台主演というこで劇団クロックガールズによる「結婚の条件」が騒動となっていま…
  3. 2017-6-10

    加計学園獣医学部認可の問題文書を再調査なぜ?反応まとめ

    松野博一文科相が、加計学園の獣医学部認可問題に関する文書の再調査について、これまで一貫して、 不要…
  4. 2016-12-14

    ヨドバシカメラの福袋が炎上したのはなぜ?反応まとめ

    ヨドバシカメラの「夢のお年玉箱」の福袋が12月13日炎上。 実はかく言う私も「今年こそは!」と気合…
  5. 2016-12-18

    リオ金メダルの萩野公介がプロ転向へ!コメントから見た北島康介との違いは?反応まとめ

    リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介選手(22)が、 来…
  6. 2017-9-3

    北朝鮮の水爆の威力はどれくらい?海外の反応まとめ「ロシア・中国の協力?」「いや現地で終わるよ」

    北朝鮮の水爆の威力と海外の反応について調べてみました。 2017年9月3日、北朝鮮は新たに製造され…
  7. 2017-7-29

    村上春樹7年ぶりの本格長編小説「騎士団長」海外の評判は?

    村上春樹の「1Q84」以来7年ぶりの本格長編小説「騎士団長殺し」が7月に韓国で発売され、 来春には…
ページ上部へ戻る