北朝鮮万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なし、なぜ?反応まとめ「やっぱり信用出来ない」「北朝鮮を暴走させて何を狙う?」

北朝鮮の貨客船・万景峰(マンギョンボン)号の定期便運航第1便が、17日午後、北東部の羅先(ラソン)を出発し、
18日早朝ロシアのウラジオストクに入港して、運航を開始した。制裁決議に配慮しないロシアの意図はどこにあるのか?反応もまとめた。

スポンサーリンク

北朝鮮万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なし、なぜ?反応まとめ

今回の乗客は、中国の観光業界からの代表者たち11人だけの試験運航ということですが、
この船を北朝鮮側から借り受けたロシアの運航会社「インベスト・ストロイ・トレスト」によれば、
ウラジオストクへ運ぶのは主に中国から陸路で北朝鮮の羅先に入る中国人観光客だということです。

万景峰号の当初予定されていた5月8日の就航延期は、北朝鮮の核・ミサイル問題で米国などが圧力を強める中、
ロシア側が配慮したのではとの見方もあったが、「万景峰号が入港する岸壁が確保できなかった」との
説明のように単なる事務的、技術的な問題に過ぎなかったようです。

この就航により、日本でのへの入港が禁止されている万景峰号(船体自身は異なるという話もある)が
月4回程度、往復航海を行うことになるようです。

北朝鮮のこの定期便運航開設のメリットははどこにあるのでしょうか?

北朝鮮の定期便運航開設のメリット

1. 北朝鮮は、老朽化した万景峰号をロシア運航会社の費用で修理のうえ、有効活用ができる。
2. 万景峰号の使用料をロシア運航会社に請求し、収益を得る。
3. 中国人観光客のロシア観光への羅先までの陸路を使ったルートを確保し、北朝鮮国内での中国人観光客からの経済効果が見込める。
4. 核・ミサイル問題で国際的に圧力が強まる中で、ロシア、中国との一定の関係を維持できる。
5. 北朝鮮、ロシア間での貨物の運送に利用できる。そのなかに、輸出入が国連決議で禁止されているものが含まれないとは限らない。

では、ロシアのこの定期便運航開設のメリットはどこにあるのでしょうか?

ロシアの定期便運航開設のメリット

1. 中国観光客のロシアへの定期が開設され、ロシアへの中国観光客の増加が見込まれる。
2. 中国がアメリカの要請によって、北朝鮮への圧力を強めるこのタイミングで、北朝鮮へ恩を売って、より強い影響力を確保したい。
3. 上記により、ロシアの存在感を高めるとともに、極東ロシアで中国に対抗するカードとして、北朝鮮を使いたい。

以上で、世界各国がなんと言おうと、自国の利益となることには躊躇しないということが特にロシアについて明確になりました。

万景峰号定期運航開始についての日本のネットの反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なしに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ロシアへの不信感が溢れています。安倍外交のメインテーマのひとつである北方領土問題は、
このような国と交渉して前進するのでしょうか?

ウクライナ問題で、さんざん国際的な批判を浴びても、ロシアにとって必要なことはやるということを
見せつけたプーチン大統領に対し、「延期はロシア側が配慮したか?」などの観測は甘かったと言わざるを得ません。

先の記事にも書きましたが、日本人として、国際政治は、信義や友情では動かず、
冷徹な自国の利益優先のpowerの論理が基本の世界だということを改めて認識する必要があります。

■関連記事
ロシアが中国と関係悪化の北朝鮮を支援するメリットは?反応まとめ「これじゃ抜け穴じゃん」「プーチンは世界のならず者大好きだな」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。 予想…
  2. 7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  3. 7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  4. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  5. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  6. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…

人気記事

  1. 2017-5-30

    前倒し英総選挙左派コービン党首の猛追でメイ首相の地滑り的勝利が消滅!3つの理由とは?反応まとめ

    2020年5月の予定だったイギリス総選挙を2017年6月8日に前倒して、地滑り的勝利が予想されていた…
  2. 2017-7-1

    韓国議長暴言はなぜ?反応まとめ

    6月8日に大島理森衆院議長らと会談した韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長が、会談の際に暴言を吐…
  3. 2016-10-16

    大嘗祭で平成が終わる 次は何に?反応まとめ

    天皇陛下が生前退位の意向を示されたことは、以前から新聞紙上を賑わしていますが、 この度政府は、皇位…
  4. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
  5. 2017-3-4

    ヤマト運輸未払い残業代7.6万人支給されることへの衝撃!反応まとめ「立派だ」「うちの会社も」「でも防犯カメラ以外、勤務時間を証明できるものはない」

    ヤマト運輸が未払い残業代を7.6万人分調べて支給するという個人的には衝撃的な発表をしました。 筆者…
  6. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  7. 2017-2-27

    アマゾンにヤマト運輸が限界!でも撤退したら影響は?「行き過ぎのサービスを再考すべき時」

    2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
ページ上部へ戻る