アルジャーノンのネーミングが炎上?ダウン症改善化合物これでいい?「持ち船にタイタニックとつけるのと同じ」「一時的な効果の印象のネーミング」

画期的な発見に「アルジャーノン」と命名…
2017年9月5日、京都大学化学生物研究グループが、ダウン症改善の化合物を発見したことを米化学アカデミー紀要電子版に発表、既にマウスでの出生前投与の実験を行っており、化合物は「アルジャーノン」と名付けれています。
このネーミングの由来と、今後の人の胎児での臨床研究などから、早くも炎上とは言わずとも倫理的な物議を醸しだしています。

アルジャーノンのネーミングでいいの?ダウン症改善の新化合物

現在出生前診断で、胎児の段階でのダウン症をはじめとする重い知的障害や心臓病など、染色体異常の有無を調べる検査が導入されています。
その結果、異常と診断された人の約9割が中絶を選択しています。
胎児とは言えども殺人ではないかという倫理的な問題や、それによって悩む人、検査をクリアしても知的障害を負って生まれてきたなど、出生にまつわる様々なことから問題は尽きないようです。

こうした状況を背景に、京都大学化学生物研究グループが発見した、ダウン症改善の新化合物は、「アルジャーノン」と名付けられました。
お気づきの方がほとんどかと思いますが、実はこのネーミングの由来は、あまりにも有名な映画化された小説に由来していることが明確です。
その物語中で、人工的に知能を上げる実験に使われたハツカネズミの名前だからです。

私も何回も読みましたが、まさに人間の人生を凝縮したような名著であります。
そのネーミングに対し、ネットではチラチラと炎上とまではいきませんが反応が出始めています。

アルジャーノンに花束をと言えば…

「アルジャーノンに花束を」と言えば、アメリカの作家ダニエル・キイスによる今では古典と言われる時期のSF小説ですが、受賞後ドラマ化や映画化されている有名な作品です。この作品のストーリーは、当時のアメリカにおける知的障害者の福祉問題を社会背景にした、作品以上の重い事実が隠されています。

作品の主人公である知的障害者は、動物実験でに使われたハツカネズミのアルジャーノンと同じ手術を受けてIQが飛躍的に上がり、手術を行った博士達を超える天才となりますが、性格は未発達のままで苦しみます。そしてある時、アルジャーノンが異常行動をとるようになり死んだ事について研究し、人工的に増大した知能はピークに達するとやがてまた失われていくという結論に達します。
残された時間に怯えながら、もはや文章を正確に描くことがままならないほど衰えた知力と記憶で、最後の研究報告書にアルジャーノンを埋めた場所に花束を備えてもらえるよう書き残してこの物語は終わります。

アルジャーノンのネーミングに対するネットの反応

出生前にダウン症と判明し、薬で治療して生む選択する人は現実的にあまりいないのではないだろうか?
限りなく正常に育成されるなら、朗報になると思う
このネーミングをつけた気持ちはわかるけど、一番つけちゃいけない名前!
出生前健診が常態化する近未来では、ダウン症などは根絶されるため、医学的興味以外には意味のない薬
ダウン症などの遺伝的疾患が理由の中絶は、これによってなくなる。中絶せずに済むのならそれに越したことない
人によっては、やっと授かった命を簡単に中絶するわけにもいかない場合もあり、朗報かと思う
ダウン症でない胎児に投与した場合の比較データは取ってあるのだろうか?
名前からして効果が一時的に終わりそう。
持ち船にタイタニックと命名するようなネーミング。
バッドエンドが見える

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000063-san-hlth
出典:http://netnavi.appcard.jp/e/9xail

まとめ

出生前診断は、イギリスをはじめ先進国では、国家戦略として推進されています。その根底には優生学,優生思想もあり難しい問題です。
国によっては、出生前診断により発見された胎児異常による中絶を違法としている国もあります。

個人的には、大学教授などの家庭にはダウン症などの問題を抱えた子供が生まれやすいと聞いたこともあるため、この医学の専門研究の現場では、身近な改善すべき重要な問題として、医学的な興味だけで動いてはいないはずと受け取っています。
また日本が神道の国であるという、無意識に浸透している生命の大切さに対する根本的な考え方もあるように思えます。

しかし、私も「アルジャーノン」というネーミングは、ストレートに動物実験の被検体を連想してしまいますし、タイタニックと命名に同感です。
ネーミングした人はアルジャーノンの結末を知っているのでしょうか…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-26

    カール販売中止はいつから?その理由と反応まとめ「なくなると思うと欲しくなる」「メルカリに並びそう」

    カールおじさんなどのキャラクターでもおなじみの明治のスナック菓子カールが中部から東の地域で販売を終了…
  2. 2017-4-25

    今村復興大臣辞任理由と過去の失言集 反応まとめ「これは擁護できない」「前回は記者にも問題があったが今回はダメ」

    4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  3. 2017-4-1

    羽生結弦世界選手権フリー逆転V!海外の反応「氷の天才」「オリンピックの支配者となるだろう」

    羽生結弦選手が2017年フィギュアスケート世界選手権フリーにて5位から1位に逆転となる世界最高得点で…
  4. 2017-1-22

    反トランプデモに有名人が続々参加するのはなぜ?マドンナがあれだけ嫌う理由と反応まとめ

    アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
  5. 2017-1-14

    千代田区長選の情勢は?小池都知事と都議会自民党が激突!反応まとめ

    今月29日告示される千代田区長選に、小池都知事支持の現職と都議会自民党が推薦する 与謝野馨元財務相…
  6. 2017-8-4

    メロン除草剤事件の犯人と犯行の理由は?反応まとめ

    8月3日、北海道富良野市の「寺坂農園」が生産しているメロンの一部に除草剤がかけられ、 その後全滅し…
  7. 2017-8-1

    田原総一朗氏の安倍首相への「政治生命かけた冒険」進言とは?九つの案のうちベストはこれだ!反応まとめ

    田原総一朗氏が、支持率低下に悩む安倍首相に「政治生命かけた冒険」を進言したと伝えられ、 その内容を…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。