日本カビのネーミングが炎上「日本発症の真菌みたいやん!」「スペイン風邪は嘘だったね」

日本カビのネーミングがいかがなものか?と炎上気味である。
世界にパンデミックを起こしていると報道された、通称「日本カビ」(「カンジダ・アウリス」)だが
名前だけ見ると、まるで「日本で発生したカビ」という印象しかない。
しかし、実際は、平成21年に日本の研究者が新種として世界で初めて報告したので「日本カビ」という通称がついたのだ。
しかもパンデミックとはまだ言えず、「流行」の方が正しいでしょう。

この世界的流行を起こしている日本カビは、菌だけでなく、ネーミングも世界に拡散されてしまっているのだろうか?
詳細と反応をみてみよう。

日本カビのネーミングが炎上

日本カビは、通称であり、正式名称ではない。
正式名称は、カンジダ・アウリス。

帝京大大学院医学研究科の槇村浩一教授が平成17年に発見。
その後、世界で発見され、死亡例が確認されるようになった。

もともと各国に同種のカビがあったことが発症であり、決して日本で起こり始めたわけではない。

アメリカでは2日前にニュースで取り上げられているがそこには「日本カビ」の文字はなかったので
日本カビというネーミングはアメリカには拡散されていないようだ。

  確認されたケースの数が各州で掲載されていたので紹介しておきます。
ニューヨーク 86人
ニュージャージー 26人
イリノイ州 4人
マサチューセッツ州3人
フロリダ州 2人
カリフォルニア 1人
コネチカット州 1人
インディアナ州 1人
メリーランド州 1人
オクラホマ州 1人

日本カビのネーミングが炎上

日本では、そのパンデミックの恐ろしさよりもネーミングに対する指摘の方が多いです。

見出しだけ読むと誤ったイメージを抱く可能性もあるのでお気をつけて
表現はいかがなものか。悪意を感じる
名前の付け方変えてほしい
日本がばら蒔いた日本根源のカビかと思ったじゃん
ネーミングには一定の考慮が必要と感じた
 インフルエンザの香港型・ソ連型でさえ
いまだに多くの人が、付いてる名前の場所が元凶の発生源だと
思ってしまってる
抗生物質が効かない菌が、世界的に広まる可能性がある という実は凄く恐い話
グローバル化のツケ
ライターは誤解を招きそうな見出しや、表現をあえて使っているよね。パンデミックじゃないでしょ

出典:twitter&ヤフコメ

まとめ ネーミングの大切さ

今回の通称は、海外記事を見ると「日本カビ」なんて言葉は見つからなかったので
何か違和感があります。

ただ、確かにネーミングによる誤解というのはよくあるものです。

「インフルエンザ 香港型」
「スペイン風邪」

などありますが、ウイルスというのは元々、「発見された場所の名称」が使われることが多いそうです。

ただし、実際のところスペイン風邪は米国発症が正確だそうです。
実は情報統制の結果と言われています。
そのことは戦争中で、戦争喪失を恐れたアメリカが、唯一ニュースとしてインフルエンザとして流した
中立国のスペインの名前を使ったと言われています。

今回は情報統制でもなんでもなく、事実として発見された、しかも、耐性の低い流行しないような菌を見つけた
日本の名前がついてしまっているのですから
違和感が非常にあるのは否めません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-4-23

    畠山愛理が新体操からキャスター転身へ!その理由と反応まとめ

    新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  2. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

    トランプ大統領が間もなく誕生する。 将来アメリカを抜くと予想されている大国・中国の反応をまとめてみ…
  3. 2017-7-23

    AIに聞いてみたNHK「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」が炎上!反応まとめ

    昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…
  4. 2017-1-15

    豊洲のベンゼン79倍の本当の害はどれくらい?反応まとめ「情弱を煽った小池劇場の失敗」「人の最小中毒発現量の1/165」

    築地市場から豊洲市場への移転問題で移転へのステップの1つである豊洲市場の地下モニタリング調査で有害物…
  5. 2017-3-14

    森友学園に稲田朋美が顧問弁護士として関与か?国会答弁は虚偽?反応まとめ

    政治家の関与が疑われている森友学園の問題で、稲田朋美防衛相が顧問弁護士であったとの新証拠が出てきて、…
  6. 2017-5-29

    宮里藍は引退発表!理由は結婚?会見で明らかに!反応まとめ

    長年女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が5月26日、引退を発表しました。 引退の理由として結婚が噂…
  7. 2017-7-21

    リンキンパークのベニントンはなぜ亡くなった?海外の反応「コーネルの後を追ったのか」「RIP」

    リンキンパークのチェスターベニントン2017年7月20日になくなったことが報道された。 自死による…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。