井上尚弥の海外の反応2017最新版!「ロマゴンはスパークリング相手にもならない」「モンスターだと?他国の誇大宣伝だろ」

9月9日スーパーフライ級トリプルヘッダーにて前座とはいえ、アメリカデビューする井上尚弥選手ですが
デビュー前から「日本のモンスター」ということですでに海外の知名度は抜群であります。
それは、KO負け経験のない11度防衛しているナルバエスをいとも簡単に破ったあの衝撃的な試合が世界的にもショックだったからです。
最新2017年版の海外の反応を紹介していきます。

井上尚弥の海外の反応2017最新版

それでは井上尚弥の海外の反応2017最新版を紹介していきます。
ソースはYoutubeにて海外メディアがあげた動画についたコメントとなります。

すでにアントニオニエベス戦でアメリカに来ることで、アメリカメディアも注目しておりまして
いろいろな動画がアップされています。

モンスターがここにいる!井上尚弥はデビュー前にアメリカメディアに答えてくれています
井上はこの階級を綺麗に片づけて、上の階級へいってしまうだろう
チョコレート(ロマゴン)は彼をダウンさせるだろう
(今回ロマゴンとは戦わないが)
ウェイト的に井上はロマゴンとは合わない。ロマゴンはスパーリング相手にもならないよ
土曜の夜に彼が輝くことを望む
モンスターだと?他国による誇大宣伝だろ 
なぜスーパーフライ級の皆が彼との闘いを避けるのですか?彼は戦いたがっているのに
井上はこの6人の中で誰よりも潜在能力が高い。インテリジェンス、スピード、パワーコンボは、低体重クラスで見た中で最高だ。
どこにモンスターがいるんだ??(皮肉)
ロマゴンの方が強いでしょう。井上も強いけどまだだよ。
私はロマゴンがノックアウトされるのを見たくない。でも井上と戦ったらそれを見ることになるかもしれない
ロマゴンは彼に勝てない。井上を倒すことが出来る唯一の選手はエストラーダです!多分ね。
私は彼がモンスターであることを分かってしまったよ。彼は偉大な技能を持っている。今、誰も彼を打ち負かすことはできない。彼のこれからを見届けたい。

出典:https://youtu.be/rc1odIZqkBw

アメリカデビュー後

モンスターだ
誰だこの男は?
無名?それは過去の話だ
シーサケットは彼と戦うことが出来る
ん??彼に触れることもできないじゃないか!
 相手を嘲笑したような態度が嫌いです。無礼で面白くない
実際見ましたが彼はすごいです。このホープは本当にモンスターになるでしょう
Baby Godzilla has hit Americas

出典:https://youtu.be/91BBcLF-UU4

 

もちろんアンチもいますが、多くが井上選手の才能・実力を認めた海外の反応となっています。

 

井上尚弥の強さ

井上尚弥は日本のボクシング界のスターであり、その恵まれた才能と環境でどこまでいくかを楽しみにされている。
日本人選手でも、何階級制覇という選手はけっこういるが、それは王者の大量生産と批判されるように、
いろんなものができてしまったからだ。
なので、そこまでの実力でない選手も組み合わせや、弱いところを狙って王者となることが出来る時代でもあり
本当の実力が見えずらいとも言われる。

その中で、ボクシングに精通する識者が日本人選手で「本物」と言うのが、内山、山中、井上の3人だ。
井上は、世界最速で世界王者になったナルバエス戦が衝撃すぎた。
今までKO負けがない王者に対して、まるでプロvs素人かのように、圧倒的な2回KO勝利をしたのだ。
試合後にリング上で相手陣営からクレームがあり、「王者があんな倒れ方をするのはおかしい。グローブの中に何か仕込んでいるのでは?」
と迫り、グローブを外して何もないことを証明し驚かせたエピソードは有名だ。

そんな中、内山、山中は年齢的なものもあると思うが今年の試合で敗れてしまった。
嫌な雰囲気が漂っていた昨今のボクシング界だが、井上の試合に限っては戦う前からそういう雰囲気が吹き飛んでいる。

今回のニエベス戦は、勝つか負けるかよりも、どのような勝ち方か?に注目がいっている。

個人的にも、次は、同会場同日に試合があるクアドラス、エストラーダ、ロマゴン、シーサケットの誰と戦うのか?
その方が気になるくらいだ。

9月9日戦は是非生中継でみたい

9月9日、日本では10日の朝、となるがここでスーパフライ級トップ5が終結し、豪華すぎるカードが実現する。
むしろ、井上戦が一番あっけなくつまらないかもしれないくらいのカードだ。

メインは、ロマゴンvsシーサケットの再選。そして、次期タイトル戦の権利が与えられる、エストラーダvsクアドラス。
そして井上vsニエベスとなる。

世界は、ロマゴンvs井上の試合を観たく、盛り上がっていたが、先日ロマゴンがシーサケットに判定負けをするという事態で
井上のモチベーションが心配されるほどのことが起きてしまった。
ここでロマゴンが圧倒するのか?それともスーパーフライ級はきついのか、気になるところであります。

生中継視聴方法は、一択でWOWOWのみです。
フジテレビは録画でその日の夜中2時の放送となります。

まとめ

今回9日(アメリカ時間)(日本で10日10時~)のスーパーフライ級の3戦は、今年一番の魅力的な試合と言えるでしょう。
メイウェザーvsマクレガーよりもこちらの方が個人的には興味深いと思っていました。
(メイウェザー戦も面白かったですが)

そして井上選手がアメリカデビューで、その名をアメリカに知らしめる最初の試合となるでしょう。

個人的には今から興奮が止まりません。

■関連記事

ゴロフキンvsアルバレスの放送時間(日本)とWOWOW以外選択肢はないの?

シーサケット次の対戦相手と海外の反応は?「危険な男」「パッキャオを継ぐ偉大なファイター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2016-11-6

    トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

    アメリカ大統領選挙を、3日後に控えて、まさかのトランプ大統領誕生が、 現実味を帯びてきました。これ…
  2. 2017-2-18

    移民受け入れの反対の割合から見るヨーロッパ選挙の行方と反応まとめ

    移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…
  3. 2017-3-23

    日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

    日本がこの10年で、世界の科学生産のシェアを失っていて、このままの在り方では 世界トップレベルの科…
  4. 2017-6-10

    天皇陛下が退位特例法で上皇へ!ネットの反応まとめ

    天皇陛下が退位のご意向を表明されてから議論されていた退位特例法が9日午前の参議員本会議で可決、成立し…
  5. 2017-9-27

    ネリのドーピングB結果陽性で黒判定!山中慎介どうなる?炎上まとめ「リング誌がネリをランク外、山中をチャンピオンに戻した」「山中は今後どうするのだろう」

    8月15日山中慎介vsルイス・ネリでV13の日本記録がかかった防衛戦にて山中は4Rでタオル投入で …
  6. 2017-10-9

    データ改ざん事件を神戸製鋼が三度も!なぜ?反応まとめ「恥ずかしくないか?」「日本の物づくりの危機」

    神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  7. 2017-7-31

    マライアキャリー2017年現在の激太り画像の衝撃とその理由!海外の反応まとめ

    アメリカの歌姫マライアキャリーが2017年現在激太りしていると話題になっています。 激太り画像を私…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。