井上尚弥の次戦5月21日の対戦相手リカルド・ロドリゲスとは?放送予定と反応まとめ

今月21日にWBOスーパーフライ級王者として5回目の防衛戦に臨む井上尚弥選手。
対戦相手となるリカルド・ロドリゲスはどんな選手なんでしょうか?
そして井上選手は無事王者防衛を果たすことが出来るのでしょうか?放送予定と反応をまとめました。
スポンサーリンク

井上尚弥の次戦5月21日の対戦相手リカルド・ロドリゲスとは?放送予定と反応まとめ

放送予定はフジテレビ5月21日(日)19時~20時54分です。

今回の防衛戦の相手であるリカルド・ロドリゲス(Ricardo Rodriguez)選手は27歳のメキシコ生まれのアメリカ人で、
プロデビューは 2011/4/14です。身長は163cmと小柄で、戦績は16勝3敗でこのうちノックアウトは5回です(KO率26%)。
逆に、KO負けの経験はありません。

現在WBOスーパーフライ級ランキング2位で、この井上尚弥選手との試合は指名試合となっています。
直近の試合は2月24日でのWBOラテンアメリカスーパーフライ級タイトルマッチで、
プエルトリコのカルロス・ナルバエス選手を4回KOで倒しています。

両者の共通の対戦相手選手としては、ダビッド・カルモナ選手がいて、
ロドリゲスは2014年と2015年に2回連続でカルモナに判定敗けを喫しています(但し、KOではない)。

これに対し、井上選手は2016年5月8日のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで、
12R判定でカルモナを破っています(1度ダウンを奪う)。

以上のような過去の試合でのノックアウト回数の少なさから考えて
ロドリゲス選手はハードパンチャーではないのでは?と推測できるのではないでしょうか?

井上尚弥リカルド・ロドリゲス戦へのネットの反応

アメリカ進出の為にもスッキリ勝ってほしい
ノルマは前半ラウンドでノックアウトかな?
油断せずに戦ってほしい
普通にやれば勝てる相手だけど、ポカしないか心配
調子は良さそう
圧勝に期待
アメリカ人と対戦ないのか
こういうときこそ油断が怖い

一発カウンター警戒
スパーリング相手がお父ちゃんってお父ちゃんも大変だな
お父さんのケガは心配

という声や、試合を中継するフジテレビに対して

フジテレビの実況好かん
変な演出いらないから試合をみたい
香川照之の解説今回もあるかな?

という声もありました。
出典:twitter
今回中継するフジテレビは2日連続でボクシング中継をするそうです。
是非試合に臨む日本人選手は全員無事に勝利してほしいですね。

さて今回井上選手と対戦するリカルド・ロドリゲス選手ですが、
情報を見る限りそこまでの選手かな?という感じです。
しかし、WBOからの指名試合ということですから、実力があるという事でしょう。

こういうイメージがなかなか沸かない感じの相手が一番不気味で、
こういう相手に足元を掬われて敗れる世界王者は無数にいました。

ただあまりにも早くノックアウトしてしまうと「相手が弱いから」とか「マッチメイクで勝っているだけ」
という亀田兄弟や井岡選手が批判されているのと同様の批判が出てくるのかな?という気がしてしまいます。

なお、今回井上選手は今回初めてアメリカ人ボクサーと対戦することになります。
9月上旬にアメリカ進出するプランがあることが発表されたこともあり、
前記批判を気にすることなく、圧倒的な差で勝利することが井上尚弥選手に求められています。

■関連記事
亀田興毅に勝ったら1000万円はなぜサーバーダウンするほど盛り上がった?反応まとめ

内山高志コラレス結果に炎上!反応まとめ「ジャッジあり得ない」「決めきれなかったのがダメだった」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。 予想…
  2. 7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  3. 7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  4. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  5. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  6. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…

人気記事

  1. 2017-6-15

    ヒアリは普通の蟻とどう違うか?米国でもなぜ広がった?

    日本に初めて上陸したことが確認された、刺されると、火傷のような激しい痛みを生ずるという 危険なヒア…
  2. 2017-7-3

    公明党と都民ファーストとの関係は?なぜ自民との連携を解消?反応まとめ

    7月2日の都議選で、公明党は自民党ではなく都民ファーストの会と連携し勝利しました。 今まで自民党と…
  3. 2017-6-12

    ルマン24時間レース2017の日本時間は?昨年の雪辱なるか?反応まとめ「盤石の体制で」「今年こそは!」

    ルマン24時間レース2017がいよいよ 6月 17日日本時間22:00-翌22:00に行われます。 …
  4. 2017-1-29

    尖閣諸島が日米安保適用確認される見込み 中国の反応は?「伝統的なアプローチだな」「トランプは米中関係をどうするかな」

    トランプ政権で国務長官を務めるマティス国務長官が沖縄の尖閣諸島について 「対日防衛義務を定めた日米…
  5. 2017-3-2

    フランス大統領選2017のマクロン候補者の評判は?「結局彼で妥協」「若造だよ」

    フランス大統領選2017が4月から始まります。 世界はトランプ大統領の誕生から不安や混乱にさらされ…
  6. 2017-3-22

    WBC決勝の日本時間と視聴方法!反応まとめ「1日休めない分不利!」「休めないので投手の采配難しい」

    WBC決勝の日本時間と視聴方法についてまとめました。 WBC準決勝まずは延長戦の末にプエルトリコが…
  7. 2017-4-21

    4月25日に北朝鮮が日本にミサイルの危険性が叫ばれる4つの理由!

    4月15日の北朝鮮故金正成105周年では朝鮮半島の情勢が一気に緊迫しました。 結局のところ実験は行…
ページ上部へ戻る