井上尚弥次戦2017最後は誰と対戦?クアドラスは?「スルタンもいるな」「クアドラと戦ってくれ!」

井上尚弥選手の次戦、2017年最後の相手は誰になるでしょうか?
井上尚弥選手は世界的にもロマゴンとの対戦が熱望されていましたが、ロマゴン敗戦により、ここで構想が完全に崩れました。
中には、井上選手のモチベの低下も心配する人が出てくるほどです。それほど、PFPで年初1位だったロマゴンを倒すということは
素晴らしい名誉であり、1番の目標とするところだったのです。
現在は、有力だったアンカハスが流れになり、クアドラスが有力という見方もあるようなのですが、ネットの予想を参考に可能性のある相手を数名予想していきたいと思います!

井上尚弥の次戦は誰か?まずはネットの予想

まずはネットの予想から見ていきましょう!

ネットの予想では、クアドラスが有力と予想されているようです。
というか、消去法で他にいませんよね…。

アンカハスとの話がお流れになったのが個人的にはショックです。

可能性のある3名

・クアドラス

ネットでも最有力候補と見られているのがクアドラスです。シーサケットとエストラーダは年末に対戦することが決定しているため除外されます。また、今まで一番可能性が高かったアンカハスがイギリスで試合をすると決まってしまったため、クアドラスが現在最も可能性の高い相手なのではないでしょうか。

・スルタン

スルタンはIBFスーパーフライ級8位で、王者アンカハスへの挑戦権を獲得している実力者です。クアドラスに比べるとインパクトに欠けますが、スルタン本人が井上との対戦を熱望しているため、候補としては可能性が高いと思います。

・ヤファイ

WBA世界スーパーフライ級王者のヤファイも有力な候補でしょう。強い相手との対戦をする井上にとっては十分な相手です。しかし、10月28日に防衛戦を控えているため、上の2人と比べると可能性としては低そうです。

クアドラスの戦績など

カルロス・クアドラスはメキシコ出身、29歳のボクサーです。プロ戦績は39戦36勝 (27KO) 2敗1分で、元WBC世界スーパーフライ級王者の実力を持っています。
クアドラスはメキシコのボクサーに多く見られるファイタースタイルではなく、堅実な試合運びをしつつ強打を狙っていくオーソドックスなスタイルです。

クアドラスの戦績を見て驚いたのですが、過去にシーサケットに勝利しています。

2014年5月31日 8R負傷判定3-0 シーサケット・ソー・ルンヴィサイ

8Rでの判定勝ちとなっています。それでスーパーフライ級チャンプとなり
そしてその後6回の防衛に成功。7回目でロマゴンに敗れる、という結果になっています。

2016年9月10日 12R 判定0-3 ローマン・ゴンサレス

といってもかなりロマゴンも苦戦し、判定も微妙でした。ロマゴンの顔は腫れあがり、見たこともない顔になっていたのが印象的です。
その後1勝し、先のエストラーダ戦で

2017年9月9日 敗北 12R 判定0-3 ファン・フランシスコ・エストラーダ

判定負けとなりました。

負けた試合も善戦していまして、中には「クアドラスの勝利だ!」という人もいるくらいです。
KO負けをしたことがないという点で実力があることにかわりはありません。

果たして、井上はクアドラスをKO出来るかどうかというのが
もし戦うことになったら焦点がいくのではないでしょうか?

井上尚弥陣営の葛藤

アメリカデビューを成功させ、ますます波に乗っている井上尚弥陣営ですが、意外にも葛藤を抱えているようです。
というのも、井上尚弥はスーパーフライ級からバンダム級へと階級を上げる方針で、スーパーフライ級として最後に最強と言われるロマゴンと試合をすることを視野に入れていました。しかしロマゴンは9月の試合でシーサケットに惨敗。年末にスーパーフライ級最強決戦を行うという井上陣営の野望は断たれてしまいました。

しかしスーパーフライ級最強決戦の望みは捨てていないようで、年末に4団体・4人のチャンピオンでの統一選を熱望しているとのことです。
しかし、アンカハスとの試合もお流れになり、ロマゴン・シーサケット・エストラーダもダメ…
現実的にスーパーフライ級を捨ててバンダムに行くという選択肢もあるくらいです。

井上尚弥はスーパーフライ級最強の称号を手土産にバンダム級挑戦、となれるでしょうか?

まとめ

井上尚弥の年末最終戦の相手は今のところクアドラスが有力のようです。
シーサケットやエストラーダ、アンカハスとの対戦は叶いませんでしたがクアドラスも十分強敵です。

にしても、どこの王者とも戦えない、というのは井上にとって時期が良くないというのが正直なところ。
減量がキツいとのことですので、スーパーフライ級は今年いっぱいにしたいと言っていたのに…
ロマゴンが負けるからすべていかん!と言いたくなるところですが、現実はそううまくは行きません。

いったい誰が正式に対戦相手となるでしょうか?
そして、どれはちゃんと価値があるものか….気になるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-6

    一帯一路中国の野望に乗るのか?安倍首相条件付き協力表明はなぜ?反応まとめ「包囲網の妄想が失敗」「流石にこれは応援できない」

    経済覇権を目指す中国の野望ではとの見方がある一帯一路構想に安倍首相は条件付きながら協力を表明した。 …
  2. 2017-5-17

    眞子様一時金1億円は高い?安い?への反応まとめ

    2017年5月16日、秋篠宮眞子様が民間男性とご婚約される見通しになったとの報道がありました。 皇…
  3. 2017-4-19

    イギリス解散総選挙でEU離脱の信を問う理由と海外の反応「安倍首相みたい」「議論を終焉させる」

    イギリスのメイ首相が2020年に予定されていた総選挙を前倒しして6月8日に解散総選挙を行うと発表しま…
  4. 2017-10-4

    京大病院の医療ミス738倍セレン投与はなぜ起きた?反応まとめ

    京都大病院は、外来通院していた60代の女性に薬剤師が、本来の738倍高濃度のセレン注射薬を調剤した医…
  5. 2017-9-3

    北朝鮮6度目の核実験でついにレッドラインを超える!アメリカはどう出る?反応まとめ

    北朝鮮が、7月の2度のICBM発射実験に続き、「ICBM用水爆実験を成功」と発表した6度目の核実験を…
  6. 2017-8-30

    京大のiPS創薬が実用化へ!他の疾患5候補薬の現状はどうか?反応まとめ

    今月初め、iPS細胞を新薬の開発に使う「iPS創薬」が実用段階に入ったことが報じられた。 京大iP…
  7. 2017-9-25

    林修が英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言が話題「納得」「いや英語耳は早期じゃないと無理」

    林修先生の9月4日初耳学での英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言が話題です。 実は筆者も幼児を…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。