井上尚弥の次戦2017年9月は誰になる?ネットの予想まとめ「防衛戦ならエストラーダ?」「ロマゴン前座か」「

5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っているようです。
今回は、21日のリカルド戦の内容や2017年9月の次戦の対戦相手の予想などをまとめていきます。

スポンサーリンク

井上尚弥の次戦2017年9月は誰になる?

井上尚弥の次戦2017年9月は誰になるでしょうか?
21日のリカルド戦後に9月に決まっているということで、今のところ対戦相手は決まっていないようですが
ネットでは早速誰か?ということで話題になっています。

井上尚弥21日のリカルド戦

5月21日のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ、リカルド・ロドリゲス戦で「怪物の左」が炸裂。
勝って当たり前だと言われていた試合に怖さを感じながら集中して臨んだ井上。試合序盤から圧倒的なスピードでコンビネーションを繰り出し試合を支配していくと、2回からはかねてより練習していたサウスポースタイルへのスイッチを実行。
早速左ストレートをヒットさせるなどで完全に試合の主導権を握っていきます。そして3回の開始早々に強烈な左フックでダウンを奪うとロドリゲスは手も足も出ないという様子。最後に左フックを再びヒットさせ圧巻の3回KO勝利となりました。
試合後のインタビューでサウスポーへのスイッチにたしかな手ごたえを感じたと語った井上。彼の目には早速9月の次戦が映っているようです。

井上尚弥次戦2017年9月の対戦相手は誰に?

圧巻の3回KOで余裕を見せた怪物井上。次戦は2017年9月、しかもかねてからの夢であったアメリカでの対戦になるかもしれないとのことですが、いったい次の対戦相手は誰になるのでしょうか?
まだ正式に決まってはいないようですが、有力候補として噂されているのはメキシコの元WBO世界フライ級王者のエストラーダ
ロマゴンことローマン・ゴンサレスのライバルとしても知られている彼とのV6を賭けた防衛戦になるのではとも言われています。

強い相手としかやらないという井上選手は名も知らない選手とはやらないと思いますので、やはりエストラーダが有力な相手かと思います。

スポンサーリンク

井上尚弥次戦の対戦相手ネットの予想

井上尚弥次戦ネットの予想を見てみましょう。

防衛戦って言ってるからエストラーダかな?
その次はロマゴンらしいね
エストラーダとだったら楽しみすぎる
対戦相手まだ発表されてないけど、アメリカでやるってだけで相手は誰でもいいのかな?
9月はアメリカでらしいけど、ゴロフキンVSアルバレスの前座だったらすごい
相手決まってないってことはロマゴンの前座かな?
9月の相手はWBAのチャンピオンあたりかな?
これだけ強かったらアメリカで誰が来ても勝てるね
ロマゴンに勝ったシーサケットとか?
ゴロフキンVSカネロのアンダーカードでロマゴンと対決?

出典:twitter

国内では圧倒的な強さを誇り、ついにアメリカ進出が目前となった井上尚弥。
次戦となる9月はアメリカでの対戦が濃厚ですが、いったい誰が対戦相手としてリングに上がるのでしょうか。ネットの予想ではエストラーダが有力とのことですが、ロマゴンとの対戦が見たいというファンも多いようです。
ただ、ロマゴンは前回のシーサケットとの判定が微妙とのことで再選が9月にシーサケット側から渇望されています。
ロマゴンではない可能性が高いです。

記念すべきアメリカ初上陸となる試合なので井上自身としてもできるだけ強い相手との対戦を望んでいることでしょう。対戦相手の発表が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 今年最大の政治決戦と言える東京都議選2017の投票日が迫ってきました。 選挙の期間、また選挙当日は…
  2. 大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  3. 投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する 一…
  4. 張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  5. サニブラウンが9秒台を最初に出すか? 日本選手権2017男子100m決勝にて、かつてないハイレベル…
  6. 陸上・日本選手権兼世界選手権ロンドン大会代表選考会第2日の男子100メートル決勝が24日(土)20:…

人気記事

  1. 2016-10-21

    平尾誠二氏の出身大学は?スクールウォーズ秘話も

    10月20日平尾誠二氏が53歳という若さで他界されました。 ラグビー関連のニュースなどではよく聞く…
  2. 2017-1-30

    トランプ大統領のイスラム入国禁止令でIT企業とのバトルが再燃!海外の反応「サウジアラビアが含まれないのはなぜだ」「大統領を1000%支持する」

    トランプ大統領の難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限するイスラム入国禁止令によって、 大統領選で…
  3. 2017-6-20

    築地再整備表明の小池都知事!炎上まとめ「こんなアウフヘーベンはだめ」「お金かかる」

    アウフヘーベン発言をしていた小池都知事が6月20日の会見で 豊洲に一時移転し5年めどで築地再整備し…
  4. 2016-11-15

    トランプ大統領が不法移民の強制送還宣言で差別だともめるのはなぜ?反応まとめ

    アメリカ合衆国のトランプ次期大統領は選挙戦前から自身の公約として掲げていた不法移民の強制送還について…
  5. 2017-3-14

    森友学園に稲田朋美が顧問弁護士として関与か?国会答弁は虚偽?反応まとめ

    政治家の関与が疑われている森友学園の問題で、稲田朋美防衛相が顧問弁護士であったとの新証拠が出てきて、…
  6. 2017-5-15

    インドネシア高速鉄道の2017年5月最新情報中国開発銀行の融資は?反応まとめ「5%も進んでないだろ」「安物買いの銭失い」

    中国が逆転受注し、2015年に着工、2019年に開業予定のインドネシア高速鉄道(ジャカルタ-バンドン…
  7. 2017-1-1

    紅白歌合戦で紅組優勝はなぜ?炎上した結果を検証「視聴者無視?」「有村架純ビックリしとる」

    大晦日お馴染みの紅白歌合戦。今回も紅組が勝利しましたが、それにネットは炎上しました。 紅組司会者の…
ページ上部へ戻る