二階俊博幹事長失言を契機に安倍政権幹部のメディア批判噴出!なぜ?反応まとめ

自民党二階俊博幹事長が差別的表現で北朝鮮批判し、直後に「適切でなかった」と釈明したことを契機に安倍政権幹部のメディア批判が噴出しいている。
なぜこの時期になのだろうか?反応もまとめた。

スポンサーリンク

二階俊博幹事長失言を契機に安倍政権幹部のメディア批判噴出!なぜ?反応まとめ

安倍政権幹部のメディア批判を見てみましょう。

安倍政権幹部のメディア批判

1. 麻生副総理兼財務相(7月1日)
「マスコミの人は言っているだけだ。責任は何も取らない」
「しかも(マスコミ報道の)内容はかなりの部分が間違っている。書かれている本人だからよく分かる。こんなものにお金まで払って読むか」
「結果として新聞は部数が減っている。自分でまいた種じゃないかと、この間、ある新聞社の社長が言った」
2.  二階俊博幹事長(6月30日)
「マスコミは偉いには違いないが、偉いと言っても限度がある。あんたらどういうつもりで書いているのか知らんが、我々はお金を払って(新聞を)買ってんだよ。買ってもらっていることを、やっぱり忘れちゃダメじゃないか」
「言葉ひとつ間違えたらすぐ話になる。私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ」
なお、今村前復興相の失言辞任の際には「言葉の誤解で、首取るまで張り切らなくても」と報道に疑問を呈していた。
3.  安倍晋三首相(6月30日)
「色々な報道によって、政策がなかなか届かなくなってしまっている」

これまでも、安倍政権では、失言、問題発言が相次ぎ、マスコミで問題となっている。

安倍政権での失言、問題発言一覧

・稲田朋美防衛相 都議選応援での「防衛省、自衛隊、防衛大臣としてもお願いしたい」発言
・山本幸三地方創生担当大臣 「一番のがんは文化学芸員」「一掃しないと駄目」発言
・稲田防衛大臣は、森友学園の訴訟に関与していないと発言後撤回謝罪。
・鶴保沖縄北方担当大臣 米軍普天間飛行場移転に関連して、「ポジショントークするような向きも、ないではないかもしれない」
・今村雅弘復興大臣 「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。」失言で辞任。
務台内閣府政務官兼復興政務官「政府が持つ長靴がえらい整備された。長靴業界はだいぶもかったんじゃないか」の失言で辞任。

発言の場は選挙応援の大衆の前から、自分の派閥のパーティ会場などさまざまである。
問題発言や不祥事が続けて報じられ、都議選が自民逆風となっていることへのいらいらから
自らの責任を報道機関に転嫁したいとの思いから来ているものであろう。

既成のマスコミをフェイクニュースだとして、攻撃し、ツイッターなどSNSを使って直接大衆に訴えかけるという、トランプ大統領のやり方を想起させる。

スポンサーリンク

安倍政権へのマスメディア批判に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネットの意見は賛否様々なようです。

党内で異論も出ない安倍一強政権であるが、故にマスコミが、
自らの役割を自覚しているという側面もあるかもしれません。

マスコミと言っても、北朝鮮や中国と違い日本では、一枚岩ではありません。
稲田防衛相の失言に対しても。辞職すべきから、する必要はないなどの各紙の意見は分かれています。

もちろんマスコミが政治家の言葉の枝葉末節をとらえて、批判炎上させるのは、問題ですが、
これまでの政治家の失言辞任騒動が、もし報じられずに、何事もなかったで良いとは思えません。
中には、大臣政治家の資質を露わにしている失言もあるからです。

新聞を売るために、小さなことと針小棒大に報道するというのは、もちろん問題ですが、
これだけネットでの情報が行き交うようになった現状では、それは、簡単に見破られてしまいます。

マスコミが一元化するとどうなるかは、人民網日本語版と朝鮮日報日本語版を読み比べてみるとよく分かります(人民網は読む気がしない)。

また、新聞の販売部数が減少しているのは各国共通で、ネットで、
かなりの情報が得られるからで、新聞の報道内容に原因を求めたのはこじつけのように思えます。

我々受け手としても、各種マスコミを比較して、これはフェイクなのかファクトなのか、
問題として議論するに値するのかをよく考えて、判断していく必要があります。

 

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2017-5-18

    北朝鮮万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なし、なぜ?反応まとめ「やっぱり信用出来ない」「北朝鮮を暴走させて何を狙う?」

    北朝鮮の貨客船・万景峰(マンギョンボン)号の定期便運航第1便が、17日午後、北東部の羅先(ラソン)を…
  2. 2016-11-17

    最新肺がん免疫治療の特効薬オプジーボが異例のスピード値下げで、半額に!そのメリットとデメリットは?

    患者一人当たり年間約3500万円かかる最新の肺がん免疫治療の特効薬オプジーボの薬価を 2017年2…
  3. 2017-7-31

    内閣改造8月サプライズの女性大臣候補はいるのか?反応まとめ

    安倍内閣改造が8月3日に迫っています。支持率下落の特効薬となるサプライズの女性大臣候補は果たしている…
  4. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
  5. 2017-9-20

    フォルダブルスマホでサムスン逆転するかも…2018年旋風起こしそう反応まとめ「これヤバイ欲しい」「ウォッチにもなるじゃん」

    フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …
  6. 2017-5-6

    巡航ミサイルを日本の自衛隊が将来持つことになる?賛否両論の反応まとめ

    政府が日米同盟強化に向けて巡航ミサイルの導入を検討していることが分かりました。 まだ検討段階で具体…
  7. 2016-11-6

    トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

    アメリカ大統領選挙を、3日後に控えて、まさかのトランプ大統領誕生が、 現実味を帯びてきました。これ…
ページ上部へ戻る