北朝鮮ミサイルの威力増しついにICBMに!これまでの技術進歩と反応まとめ

度重なる実験で威力を増していた北朝鮮のミサイルがついに大陸間弾道ミサイル(ICBM)となった。
これで北朝鮮は米国のアラスカを射程に入れた。ここまでに至る技術進歩と反応をまとめた。

スポンサーリンク

北朝鮮ミサイルの威力増しついにICBMに!これまでの技術進歩と反応まとめ

到達可能性距離で見たミサイル開発の進歩(米国Union of Concerned Scientists記事を参照)。

ミサイル開発の技術進歩

着実な実験で、しっかりと射程距離を伸ばしていることが分かります。間もなく、
ハワイ、西海岸に達し、ワシントンも視野にいれた驚くべき進歩です。

距離の伸び以外にも、米国の空母や在日米軍基地を叩くための技術開発に余念がありません。
・従来の液体燃料に加え、固体燃料を使用するタイプを開発した。
これで発射までの時間の短縮、発射場所の移動がたやすくなり、発射場所が特定されにくくなる(5/21)。
・米原子力空母攻撃を想定した船舶攻撃用ミサイルを開発した(6/8)。
・小さなフィンを装備したミサイルにより、より飛行精度を上げた(5/29)
・4発同時発射により、ミサイル防衛を困難とした。これは在日米軍用と発表している(3/6)

今回の衝撃的な発表への日本のネットの反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

北朝鮮ミサイルがICBMに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

アメリカは、核弾道を搭載したミサイルが本土に飛んでくることを脅威としているが、
日本はすでに現段階で脅威の真っただ中にあります。

日本のこれからの一番の脅威はアメリカの先制攻撃による日本を含めた東アジアの戦争が起こることでしょう。

トランプ大統領の北朝鮮や中国に対する脅しもほとんど効果をあげていないように見えます。
強硬策を行うと脅しながら、一貫性がなく、北朝鮮や中国にすでに足元を見られているのではという見方もあります。

中国への圧力一本やりでは事態は変わらないように見えます。大手メディアと争うより、
総合的、戦略的にこの重大問題をどうして行くのかきっちり考えて、果敢に手を打って行かないと、
東アジアの危機はますます増大し、日本はこのままの危機の状態がこれからもずっと続くことになります。

■関連記事
ICBM発射成功と北朝鮮!アメリカ到達時間と海外の反応「中国は油を止めるだけなのにやらない」「避けられないな..」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2017-9-4

    軍事対応するのか?トランプ大統領が北に対して「そのうちわかる」海外の反応まとめ

    果たしてアメリカトランプ大統領は軍事対応をするのか? 北朝鮮の挑発が止まりません。2017年9…
  2. 2016-12-15

    都議会公明党が自民との連立解消し、「都議会あり方検討会」から離脱!なぜ?

    東京都議会公明党が、議員報酬削減案を巡って自民と対立し、連立解消して、 主要政党で作る「都議会あり…
  3. 2017-1-3

    プリウスPHV発売前に箱根駅伝登場はなぜ!?反応まとめ「青学には青、早稲田には赤!」「スポンサーの計らいすごい!」

    箱根駅伝を何気なく眺めていたらかっこいい車が...。 ネットを見たら2月に発売予定のトヨタの「プリ…
  4. 2017-5-22

    メガマウス打ち上げで地震はデマか本当か?「水面にプランクトン食べに来てるの」「M6以上は月1で起きてる」

    幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  5. 2016-12-5

    問題のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

    議員提案された問題の「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で 自民党と日本維新の会などの…
  6. 2017-9-20

    トランプの国連演説の内容と海外の反応まとめ「なぜ北が招待されてるの!?」「いつまで攻撃されるのを待ってるんだ」

    2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  7. 2017-4-14

    アメリカ軍のMOAB(モアブ)の威力と海外の反応

    4月13日アメリカ軍はアフガニスタンにあるISの施設に大規模爆風爆弾「MOAB(モアブ)」を投下した…
ページ上部へ戻る