プーさん検閲にかかる!中国習近平やポーランドでブロックされる理由とは?反応まとめ

ディズニーの人気キャラクター、くまのプーさんが中国習近平指導部によると思われる検閲やポーランドでの検閲の対象になっているようなのです。
世界的に人気のキャラクターがなぜブロックされてしまっているのでしょう?今回は、プーさんが検閲されるのはなぜなのか、
中国の習近平やポーランドとの関わりについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

プーさん検閲にかかる!中国習近平やポーランドでブロックされる理由とは?

<プーさんといえば>
くまのプーさんといえば、ディズニーのキャラクターとして長く愛され続けています。
プーさんは赤いシャツを着た黄色い熊で、はちみつが大好き。親しみやすいキャラクターと愛らしい容姿で
ディズニーキャラクターの中でも屈指の人気を誇っています。

もともとはイギリスの作家A.A.ミルンの児童小説「くまのプーさん」が原作となっていて、
ディズニーキャラクターとしてのプーさんとは少し設定やストーリー展開も異なるとのこと。

<プーさんが中国やポーランドで検閲対象に>
そんな大人気キャラクターのプーさんが中国やポーランドで検閲の対象となっているようなのです。

中国版ツイッター「ウェイボー」“微博”では現在プーさんの画像や中国名(小熊維尼)を投稿することは禁じられていないものの、
プーさんに言及するコメントについては「このコンテンツは違法」というエラーメッセージが
表示されてしまい、それ以上先に進めなくなってしまうとのこと。

試しに、微博でくまのプーさんの中国名「小熊維尼」で検索すると、壁紙などの絵は出てきます。
しかし、「小熊維尼 習近平」では検索されませんと表示され、「小熊維尼 奥巴马(オバマ)」でも同様の結果でした。
“http://s.weibo.com/weibo/小熊維尼”

さらにポーランドでは、くまのプーさんを公園や遊園地などに立ち入り禁止にすべきという提案がされているようです。
誰からも愛されるプーさんがなぜ…。日本人の私たちには理由が見当もできませんが、そこには驚くべき理由があったようです。

<中国やポーランドでプーさんが検閲対象になる理由>
プーさんが中国やポーランドで検閲の対象になってしまっているのには理由があります。
まず、中国では以前からネットで習近平国家主席とプーさんの体型が似ているという比較画像が出回っていたそうです。
以下のような画像です。
“https://twitter.com/mainichi/status/887138950892081153”

たしかに、そっくりといえばそっくりです…(笑)隣のオバマさんとティガーもなかなかいい味を出してますね。
この画像が習近平氏を侮辱していると判断されたのでしょう。検閲に厳しい中国ではプーさんが検閲対象となってしまったのです。

これまでも、「天安門事件」や、「パナマ文書」が検閲対象となり、ブロックされているのは有名です。

一方、ポーランドでも驚きの理由でプーさんが立ち入り禁止となっていました。
プーさんが公園や遊園地などに立ち入り禁止となってしまった理由。それは、プーさんが赤い上着しか身につけておらず、
下半身に何も履いていないことだからのようです。

たしかに赤いシャツを着ているだけですが、プーさんはくまですよ…。日本人には理解できない感覚ですが、ポーランドではこのプーさんの恰好が
「半裸である」「ふしだらな格好をしている」と議員が強く反対しているとのこと。
これは、プーさんの性別がはっきりしていないというのも問題になる原因の一つのようです。

正直、プーさんがダメなら他の明らかに全裸のディズニーキャラクターたちはどうなるんだ…って感じなんですけどね。
スポンサーリンク

プーさん検閲になぜかかる?への反応

たしかに似てる(笑)
いやいや、プーさんはかわいい、習さんはかわいくない
ずいぶん神経質だと笑ってしまうけどそうはいかないのが中国
[/speech_bubble]
下半身何も履いてないのはまずかったな
プーさんとんだとばっちり
プーがワシに似ている、くらいの度量が欲しい
上海ディズニーにはプーさんいないの?
自分だったら喜ぶけどな
主席が痩せればいいんじゃないの?
もっと広い心で物事にあたるのが一国のリーダーなんじゃ
かえって器の小ささを際立たせるだけ

出典:https://goo.gl/ttUD7A

世界中で親しまれているキャラクターが検閲対象になるなんて驚きでした。
その理由というのも、その国独自の感覚によるものなので私たちには理解しがたいところです。

日本では首相自らマリオのコスプレをしたりするほどなんですけどね(笑)もう少し広い心を持ってもらいたいものですね。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 真木よう子が真実でないと抗議した東スポ記事“女優廃業危機”が炎上しています。 視聴率をツイッターで…
  2. 8月21日から米韓合同軍事演習が予定通りに韓国で行われます。 北朝鮮を敵と想定しての訓練になります…
  3. 英国ケンブリッジ大出版局が、「チャイナ・クオータリー」のサイトに掲載されていた政治的に敏感な大天安門…
  4. 注目の集まっている異種格闘技戦、メイウェザーvsマクレガーはWOWOWで放送しないと言われているので…
  5. バノン首席戦略官兼上級顧問が解任され、北朝鮮問題など、重要課題を抱えるトランプ大統領政権がどう変化す…
  6. 夏の甲子園3回戦で注目のカードであった仙台育英vs大阪桐蔭で球場が騒然とする劇的ラストを迎えた。 …

人気記事

  1. 2017-1-4

    トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

    トランプ氏大統領の就任日2017年1月20日が迫っている。この日からアメリカの政治が激変することが予…
  2. 2017-3-31

    図越寛元塚本幼稚園PTA会長の告発とその反応

    図越寛さんという元塚本幼稚園PTA会長が、学園の実態をTBSに顔出しで告発しており そこから籠池夫…
  3. 2017-6-25

    張本智和参加の中国オープン男子でトップ選手が突然のボイコット!なぜ?海外の反応「なんら恥じることはない」「前途を公正公平に賭けた」

    張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  4. 2017-2-9

    石原慎太郎氏の豊洲問題参考人招致決定で責任所在が明らかになるのか?反応まとめ「ようやくか」「徹底的に膿を出しきって!」

    築地市場の豊洲への移転問題で東京都議会が石原慎太郎前都知事の都議会豊洲問題特別委員会への参考人招致を…
  5. 2017-1-11

    フランスで「つながらない権利法」施行!海外の反応は?「よくやったフランス!」「切断しろと命令されるのは腹が立つ」

    1月1日に、営業時間外にデジタル通信からアクセス遮断をする権利を守る「つながらない権利法」がフランス…
  6. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
  7. 2017-1-19

    トランプ大統領就任式の場所は安全なの?テロやデモの心配の声「100万人規模あるらしい」「今は嵐の前の静けさ?」

    トランプ大統領の就任式が1月20日に行われますが、テロや大規模デモの心配が尽きません。 公共の場で…
ページ上部へ戻る