PPAPの商標登録申請企業”ベストライセンス”のビジネスモデルはありなの?炎上反応まとめ

PPAPの商標登録をピコ太郎に先駆けてしている企業「ベストライセンス」の実態が報道され炎上しています。
社長は顔出しで堂々と問題ないということを言っていますが、こういったビジネスモデルはありなのでしょうか?
肯定する人はいるのかも気になったので反応等を調べてしました。

スポンサーリンク

PPAPの商標登録申請で炎上の企業ベストライセンスとは

今回PPAPの商標登録を申請した企業ベストライセンスは、元弁理士の上田育弘氏が経営する企業で、
実はPPAP以外にも2016年だけで2万5千件もの商標出願をしていたのです。これは全体の10%にもなるとのこと。
この経営者は3年前に弁護士の資格を抹消されているようで、その後資格試験ゼミの講師を経てベストライセンスを起業したようで
1日に50件商標を出すこともあると報道されていました。
商標の提出数1位2位は彼の会社と彼の名義ですが、実際に通ったのは5件のみとのこと。

ベストライセンスのビジネスモデル

ベストライセンスのビジネスモデルは、簡単に言えば話題の物を先駆けて商標登録し、通ったものに関してその商標の保有者として利益を得るというものです。これについては別記事で専門のものが詳しく書きます。

PPAPでいえば全く無関係な人物が商標権を得ようとする行為で倫理的に誰もが疑問を持つ行為ですが、元弁護士の知識を活かし法律の抜け道を上手く使ったビジネスを展開しているようです。これについても詳しくは別記事で。

こうした上田氏の行動は以前から問題視されていたらしく、特許庁も彼に注意を促しているとのこと。
また、その他の人には「先に申請している人がいても商標登録をあきらめないように」とまで勧告しています。
こうした特許出願は本人の業務と関係なかったり、意図的に他人の著作物を先取りしようとしていると判断されたりした場合、登録されることはないようです。
それでも5件通っているんですね。1万件以上やる価値のあるほどの利益が得れているのでしょうか?

スポンサーリンク

PPAP商標登録申請でネットは炎上

PPAP商標登録申請した企業のベストライセンスについてネットの反応は炎上状態です。

twitter
れっきとした恐喝だよね?
twitter
こんなセコいことして何になるんだろうか…
twitter
法整備が先。今のままだとやったもん勝ちになる
twitter
しっかり特許庁が仕事すればいいだけの話
twitter
無関係のやつが商標登録できないように法整備すればいい
twitter
こんなん認めなきゃいい話じゃないのか?
twitter
問題は商標権の曖昧さにある
twitter
人間的にどうかと思う
twitter
こういうの見ると本当に不快な気持になる
twitter
早い者勝ちかもしれないけどしっかり審議して許可を出すべき
twitter
一人でこれだけやるエネルギーあるならもっと人を幸せにするビジネスにそのエネルギー注ごうよ
出典:twitter

こうしたビジネスモデルはやはり多くの人を不愉快にする許されない行為で、肯定する人は当たり前ですが一人も見つかりませんでした。
社名も名前も公表されてまでやっているということで、どうして堂々としていられるかは理解できませんでした。
そもそも今回のPPAPですら無事に登録される可能性は0でしょう。
あれだけの申請をしておきながら実際に登録されているのはたったの5件だけということで逆に非効率なビジネスモデルのような気はするのですが、その点に関しては別記事で書きます。
同社が今まで世間の話題になった「NINTENDO NX」や「LOVE LIVE」など多くの著作物を先駆けて登録申請し、営業妨害を行ってきたことも同時に明るみになっているので、本人にも、世間にも誰にもメリットがないようにしか思えないのは私だけでしょうか。

❒関連記事

ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 8月8日の午後9時過ぎに、日本テレビの目の前にあるビルから同局の24時間テレビに関わっていると思われ…
  2. トランプ大統領の白人至上主義事件に対する「双方に非がある」発言が大問題視されている。 日本のメディ…
  3. 8月15日に行われたWBC世界バンダム級タイトルマッチ。13度目の防衛のかかった山中慎介でしたが、ま…
  4. 北朝鮮が2発のミサイルICBMに用いたウクライナ製高性能液体推進エンジンは、ロシアから闇市場を通じて…
  5. 2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  6. 2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…

人気記事

  1. 2017-6-8

    コミー長官の議会証言はトランプにどう影響する?海外の反応「結局いいなり」「米にとって危険」

    トランプ大統領に解任された前FBI長官のジェームズ・コミー氏が、6月8日の議会証言前に爆弾発言をした…
  2. 2017-5-31

    世界卓球2017ドイツ女子の放送予定は?48年ぶりのメダル獲得が期待できる3つの理由とは?

    世界卓球2017ドイツ大会が29日に開幕し、女子シングルス1回戦で本日31日から日本選手が登場する。…
  3. 2017-4-26

    吉野正芳次期復興大臣の経歴と評判をまとめてみた

    相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  4. 2016-12-6

    安倍首相が真珠湾訪問へ!アメリカの反応は?

    安倍首相が日本の総理としtはじめてハワイ真珠湾を訪問する。 これは、オバマ大統領とのハワイでの12…
  5. 2017-6-28

    藤井聡太の勝負飯一覧とうどん好きの理由

    歴代単独1位となる29連勝という記録を残した藤井聡太四段。 当日は号外まで出た脅威の14歳です。 …
  6. 2017-3-26

    稀勢の里強行出場で優勝した取り組み動画とその反応「相撲で初めて泣いた」「ずっと応援する!」

    久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  7. 2017-2-23

    40光年の距離は現実的なの?NASA緊急発表の反応まとめ

    2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
ページ上部へ戻る