PPAPの商標登録申請企業”ベストライセンス”のビジネスモデルはありなの?炎上反応まとめ

PPAPの商標登録をピコ太郎に先駆けてしている企業「ベストライセンス」の実態が報道され炎上しています。
社長は顔出しで堂々と問題ないということを言っていますが、こういったビジネスモデルはありなのでしょうか?
肯定する人はいるのかも気になったので反応等を調べてしました。

スポンサーリンク

PPAPの商標登録申請で炎上の企業ベストライセンスとは

今回PPAPの商標登録を申請した企業ベストライセンスは、元弁理士の上田育弘氏が経営する企業で、
実はPPAP以外にも2016年だけで2万5千件もの商標出願をしていたのです。これは全体の10%にもなるとのこと。
この経営者は3年前に弁護士の資格を抹消されているようで、その後資格試験ゼミの講師を経てベストライセンスを起業したようで
1日に50件商標を出すこともあると報道されていました。
商標の提出数1位2位は彼の会社と彼の名義ですが、実際に通ったのは5件のみとのこと。

ベストライセンスのビジネスモデル

ベストライセンスのビジネスモデルは、簡単に言えば話題の物を先駆けて商標登録し、通ったものに関してその商標の保有者として利益を得るというものです。これについては別記事で専門のものが詳しく書きます。

PPAPでいえば全く無関係な人物が商標権を得ようとする行為で倫理的に誰もが疑問を持つ行為ですが、元弁護士の知識を活かし法律の抜け道を上手く使ったビジネスを展開しているようです。これについても詳しくは別記事で。

こうした上田氏の行動は以前から問題視されていたらしく、特許庁も彼に注意を促しているとのこと。
また、その他の人には「先に申請している人がいても商標登録をあきらめないように」とまで勧告しています。
こうした特許出願は本人の業務と関係なかったり、意図的に他人の著作物を先取りしようとしていると判断されたりした場合、登録されることはないようです。
それでも5件通っているんですね。1万件以上やる価値のあるほどの利益が得れているのでしょうか?

スポンサーリンク

PPAP商標登録申請でネットは炎上

PPAP商標登録申請した企業のベストライセンスについてネットの反応は炎上状態です。

twitter
れっきとした恐喝だよね?
twitter
こんなセコいことして何になるんだろうか…
twitter
法整備が先。今のままだとやったもん勝ちになる
twitter
しっかり特許庁が仕事すればいいだけの話
twitter
無関係のやつが商標登録できないように法整備すればいい
twitter
こんなん認めなきゃいい話じゃないのか?
twitter
問題は商標権の曖昧さにある
twitter
人間的にどうかと思う
twitter
こういうの見ると本当に不快な気持になる
twitter
早い者勝ちかもしれないけどしっかり審議して許可を出すべき
twitter
一人でこれだけやるエネルギーあるならもっと人を幸せにするビジネスにそのエネルギー注ごうよ
出典:twitter

こうしたビジネスモデルはやはり多くの人を不愉快にする許されない行為で、肯定する人は当たり前ですが一人も見つかりませんでした。
社名も名前も公表されてまでやっているということで、どうして堂々としていられるかは理解できませんでした。
そもそも今回のPPAPですら無事に登録される可能性は0でしょう。
あれだけの申請をしておきながら実際に登録されているのはたったの5件だけということで逆に非効率なビジネスモデルのような気はするのですが、その点に関しては別記事で書きます。
同社が今まで世間の話題になった「NINTENDO NX」や「LOVE LIVE」など多くの著作物を先駆けて登録申請し、営業妨害を行ってきたことも同時に明るみになっているので、本人にも、世間にも誰にもメリットがないようにしか思えないのは私だけでしょうか。

❒関連記事

ベストライセンス社がPPAPを先に商標出願済み!ピコ太郎はこれからどうなる?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-12-6

    大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」

    日本ハムの大谷翔平が得ている年俸が2億7000万と非常に少ないということで日本ハムが炎上しています。…
  2. 2016-11-6

    鈴木亮平は西郷どんとイメージが違う?BLの相手は誰だ?反応まとめ

    2018年の大河ドラマは、鈴木亮平さん主演の西郷どんに決定しました。 明治維新に活躍した西郷隆盛を…
  3. 2017-1-22

    韓国が少女像を竹島に設置したいのはなぜ?反応まとめ

    韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  4. 2016-12-12

    クラブワールドカップ2016 鹿島がアフリカ代表破り、ベスト4へ!レアル・マドリード との対決はあるか?反応まとめ

    サッカーのクラブワールドカップは11日、市立吹田スタジアムでの準々決勝で、 開催国枠で初出場の鹿島…
  5. 2017-2-11

    芦田愛菜ちゃん合格の名門中学はどこ?仕事も学業も天才への反応まとめ「いじめを見返した」「尊敬しかない」

    芦田愛菜ちゃんはまだ中学生になっていなかったのですね。 ドラマ『OUR HOUSE』見た時はもうと…
  6. 2016-11-12

    朴槿恵(パク・クネ)大統領への若者の怒りの原因は、崔順実(チェ・スンシル)の娘に! 反応まとめ

    機密文書疑惑をめぐる朴槿恵(パク・クネ)大統領へ退陣への国民のうねりが高まっている。 その中でも、…
  7. 2017-2-2

    イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

    トランプ大統領の公式訪英の中止を求めるイギリス議会の請願サイトで、訪問阻止を求める署名が、 既に1…
ページ上部へ戻る