村田諒太世界初挑戦の入場曲がいつもあの曲なのはなぜ?その反応「永田裕志と同じやな」「ブレないね~」

村田諒太世界初挑戦の入場曲はやっぱりアノ曲でいくようです。
プロデビュー時からずっと変わらないので何かしら深い理由でもあるのだろうか?と思い
調べたらやはり理由があるようですね。
入場曲は選手にとってモチベをあげる非常に重要なものですからね。
ネットの反応も見てみましょう。

Sponsored Links

村田諒太世界初挑戦の入場曲がいつもあの曲の理由

村田諒太選手にとって、おそらく人生で一番大事な日となるのではないでしょうか?オリンピック決勝よりも大きな意味を持つものであります。
5月20日WBAミドル級王座決定戦に臨むのは、本人はもちろん日本ボクシング界にとっても大きい意味があり
ミドル級の価値はヘビー級とともに非常に価値あるウェイト階級となります。
もしここでチャンピオンになれたら私も多分涙腺崩壊すると思います。
19時~20時54分フジテレビで生中継しますので確実に見ます。

相手のアッサンエンダム選手、確実に強い選手ですので油断なりません。(関連記事を参考に)

そんな村田選手が人生をかけて挑戦するであろう世界戦初挑戦ですが、注目される入場曲は
プロデビュー以来、ずっと同じである映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』で扱われている『彼こそが海賊(He’s a Pirate)』というテーマ曲です。

南京都高等学校でも活躍し、高校5冠の村田選手ですが、その時の恩師である顧問の西井先生からの手紙で
「プロという航海に出る」という内容をもらいこの曲に決めたそうです。

ディズニーの公式動画より、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の『彼こそが海賊(He’s a Pirate)』入場曲を紹介します。

Sponsored Links

実際には、高校時代の恩師についてはもう少し深い話があります。
西井先生は顧問であり、実際指導していたのは、2011年2月に天国に旅立たれた武元前川先生だ。
しかも、デビュー戦は本当に偶然、武元先生の誕生日で本人も

「怖いくらいに運命を感じます。負けられません、いや負けるわけがないなと思いました」

と語っています。
武元先生は、村田に徹底的に基礎を教えずっとジャブとか、ずっとワンツーとかを延々とやらせたそうです。
毎週金曜に7キロのロードワークが1年、鉄アレイをもってのシャドウ、主将に任命され、人としての在り方を教えていったといわれています。

高校の時に、村田は、2年生を倒した1年生に対して不祥事を起こしたことがあり一時は部をやめるとまで言ったのですが
武元先生が諭し
「逃げるとか、辞めるということは自分の才能、能力を捨てることなんだ」
「おまえの拳は、そんなことをするためにあるんやない。おまえの拳は、あらゆる可能性が秘められた拳なんや」
と語ったといわれています。

参考:https://thepage.jp/detail/20130824-00010000-wordleafs

まさに今、村田選手があるのは武元先生のおかげであることがわかります。
ですので、顧問の西井先生の言葉で決めたパイレーツとはいえ、その背景には武元先生の存在もあることを忘れてはいけません。
また西井先生が一度だけ村田選手の涙を見たのが後にも先にも武元先生が亡くなられたときだったと語っています。

村田選手はきっとこの曲を聴いて武元先生のことを思い出しているのではないでしょうか?

Sponsored Links

村田諒太の入場曲に対するネットの声

この入場曲、個人的にはすごくいいと思います。これからの起こる恐怖に対する覚悟、みたいなものが伝わってきますね。
ネットではどう評価されているでしょうか?

かっけ~
トライアスロン思い出す
ブレないね~
神保彰さんがワンマンオーケストラでライブでやる
永田裕志(新日本プロレスのミスターIWGP)を思い出すわ
永田のイントロだったな
永田の前奏と一緒だからあれ嫌い
某麒麟児と同じかな?
もう聴きすぎて口ずさめる
これ聴くと笑ってまう

出典:twitter

誰かしらとかぶってしまうのは仕方ないですね。
しかし、毎回ブレないので村田選手と言ったらパイレーツということでイメージがついてきました。

今回、どんな展開になるかわかりませんが是非!勝って武元先生に最高の報告をしていただきたいです!

■関連記事

アッサンエンダムの海外の評価と反応「残忍なKO」「チームがいい」

村田諒太の対戦相手アッサンエンダムの評価と勝ち目は?「スタミナ勝負なら不利」「アッパー弱点」

村田諒太世界戦5月20日の放送予定と反応まとめ「海外からは厳しい声」「豪快な一発を」

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-5-6

    巡航ミサイルを日本の自衛隊が将来持つことになる?賛否両論の反応まとめ

    政府が日米同盟強化に向けて巡航ミサイルの導入を検討していることが分かりました。 まだ検討段階で具体…
  2. 2016-10-7

    小野薬品のがん免疫薬オプジーボの薬価はほんとうに高すぎるのか?反応まとめ「製薬会社の開発意欲が削がれる」「国民の税金がむしりとられているだけ」

    小野薬品の画期的がん免疫薬「オプジーボ」の薬価が高いことが国を亡ぼすと話題になっている。 医療保険…
  3. 2017-6-26

    エアバッグの大手タカタがリコール問題でついに倒産!なぜ?反応まとめ

    大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  4. 2017-2-2

    JASRACが著作権使用料を音楽教室から徴収する理由と反応まとめ「解釈が強引すぎる」「学校からもとるかもね」

    JASRACがヤマハ・河合楽器製作所などの音楽教室から著作権料徴収を行う方針を固めたというニュースが…
  5. 2017-9-17

    SP首位の本田真凜が優勝!海外の反応まとめ

    9月16日に行われたフィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック最終日の女子フリープログラム…
  6. 2017-9-17

    解散総選挙10月22日のメリットは7つあり!反応まとめ

    安倍首相が9月28日に召集する臨時国会の冒頭に、衆議院の解散・総選挙に踏み切り10月22日投開票をも…
  7. 2017-4-17

    金田法務大臣の答弁はなぜグダグダなのか?その反応「素人だ」「共謀罪説明できる?」

    共謀罪の審議が国会で進んでいますが、担当大臣である金田法務大臣の答弁が色々と波紋を広げています。 …
ページ上部へ戻る