9月9日が米国北朝鮮激突による日本に最も危険な日の理由とは?反応まとめ

北朝鮮の北海道上空を通過したミサイル発射により、米国北朝鮮の激突による日本の危険がますます高まった。
9月9日が最も危険な日である理由は何か?反応もまとめた。
スポンサーリンク

9月9日が米国北朝鮮激突による日本に最も危険な日の理由とは?

29日朝、北朝鮮が弾道ミサイル1発を事前通告なしで発射した。北朝鮮の西岸から発射されたミサイルは、
北海道上空を通過して三つに分離し、襟裳岬東方1180キロの太平洋上に落下したということだ。
ミサイルの飛行距離は約2700キロで、在日米軍基地を含め、日本全土に、いつでもどこでも攻撃が可能ということを見せつけた。

北朝鮮の朝鮮平和擁護全国民族委員会報道官は6月に出した声明で、北朝鮮への圧力を強めていた日本政府を批判し、
「有事の際には米国よりも先に日本の領土が焦土化され得ることを知るべきだ」と警告していた。

<最近の北朝鮮情勢を見てみましょう>
7月の2度のICBM発射の後、北朝鮮は8月14日に米グアム島周辺へのICBM包囲射撃に言及して一挙に北朝鮮と米国開戦の緊張が高まった。
その後、8月14日に北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「しばらく米国の行動を見守る」と述べて、これをトランプ大統領が評価するなどして、
一旦米朝激突の危険が遠のいたと思われていたが、ここに来て、また緊張が高まっている。

北朝鮮が警告していた米韓合同軍事演習が予定通り、8月21日に始まったことで北朝鮮が米国の行動っを見限ったのかもしれません。

その後、北朝鮮が挑発する危険がある25日の先軍節の翌日には、短距離弾道ミサイル3発を発射し、
次に危険とされた28日の海軍節の翌日の本日グアムに予定されていたと同じ型と思われるICBMを北海道方面に方向を変えて発射した。

となると、つぎの北朝鮮の挑発は、いつになるのか。

9月9日が日本にとって最も危険な日となる理由

1.北朝鮮がグアムへICBMを発射するかそれに相当することを行う可能性
次の北朝鮮にとっての次の重要記念日は9月9日の建国記念日である。
これまでも記念日の前後に必ずミサイル発射など挑発行為を行っている。

9月9日またはその翌日にグアムへICBMを発射するかそれに相当することを行う可能性が高い。

それは、準備がすでに整ったと言われている核実験なのか、今回日本を狙ったと言われているように、
日本の領海や在日米軍基地へのミサイル攻撃などの可能性がある。

これらを行えば、米国はレッドラインを超えたと見なし、反撃を行うす可能性が高い。

2.米国が先制攻撃仕掛ける可能性
「しばらく米国の行動を見守る」との金正恩の発言をほめていたトランプ大統領が、その後の2回の弾道ミサイル発射や、
グアムへの包囲射撃の危険を回避しようと9月9日当日またはそれを待たずに、先制攻撃を仕掛けるということもありうる。

一時大統領に近い上院議員の情報としてトランプ大統領が述べた「北朝鮮が、このままアメリカを標的とする核弾頭を搭載したICBMの開発計画を続けるのなら、
アメリカは北朝鮮との戦争も辞さない。戦争をやるとしたら、こちらではなく向こう(北朝鮮)でやる。大勢が死ぬことになるだろうが、死ぬのはこちらではなく、向こう側なのだ」との発言を紹介している。

トランプ大統領は現在以下の問題で支持率が下落し、国内で政治的に追い込まれている。

オバマケアの代替案も議会を通らないなど公約はほとんど実行されていない
9月末までに2018年度予算も議会を通らないと、政府機能がストップする
9月末までに債務上限法案が議会を通らないと、米国国債のデフォルトが生じ、米国のみならず、世界経済がパニックに陥る。
ロシアゲート疑惑での大統領弾劾の可能性
人種差別についての最近の発言に対する全国的な批判、反対運動
側近の相次ぐ辞任と政策実行に必須な幹部の任命も大幅に遅れている。

トランプ大統領であれば、9月末を迎えるまえに、起死回生の方策として、
北朝鮮に対して、シリア攻撃で行ったようなことを、命令しないとは限らない。

いずれにしても双方からの危険が特に日本に迫ってきていると考えざるを得ず、
9月9日前後が最も危ないと言わざるを得ない。

今回の北海道上空を通過した北朝鮮のミサイル発射を踏まえた日本の危険性にネットはどのように反応しているでしょうか?
スポンサーリンク

北朝鮮のミサイル攻撃についての日本の危険性に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本の国民もいよいよ危険を肌で感じ始めました。おそらく、今の北朝鮮のやり方、能力からすると、
防衛システムやJアラート、避難訓練等で安心だとはとても言えません。

なんとか、米朝激突を防ぐ方法はないのか、国際的な圧力や中国頼みではほとんど効果がなかったのは、今年だけを見ても分かります。

ここは、日本国民を戦争から守り、拉致問題を解決するために、アメリカに協力するだけではない
安倍首相の思い切った行動が必要なときに来ているのではないでしょうか?

■関連記事
北朝鮮速報に38ノースを見る人が増えている !日本語版は?反応まとめ

7月27日が北朝鮮ICBM発射の危険な日である4つの理由!反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 中国の4大銀行が中国人民銀行の指示で、北朝鮮籍の個人、企業に対する金融業務の取引停止をした。公式には…
  2. 北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  4. 歌手の安室奈美恵(40)が2018年9月16日で引退すると今月20日に発表したことで 日本では大騒…
  5. 9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  6. 元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…

人気記事

  1. 2017-5-5

    森脇良太選手の口臭い発言と反応まとめ「これまでのことがあるから」「弁解だが支離滅裂だ」

    浦和の森脇良太選手が4日の鹿島戦にて相手選手への口臭い発言などが問題となっています。 今回は、4日…
  2. 2016-11-29

    餅つき禁止の自冶体なぜ?反応まとめ「親のレベルを見たら仕方ない」「そのうち寿司も禁止に」

    餅つき禁止の自治体があるという事実がニュースになり炎上気味です。 なぜ餅つきが禁止されることになっ…
  3. 2017-4-30

    北朝鮮ミサイル発射に橋下氏ツイート炎上!反応まとめ「認識不足では?」「いや正論」

    29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、現在ソウル滞在中の橋下前大阪市長は、 「トランプ氏と金正恩との…
  4. 2017-3-29

    ろうそく集会にノーベル平和賞を韓国ソウル市が推薦推進!なぜ?反応まとめ

    ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …
  5. 2017-1-8

    慰安婦少女像はウィーン条約違反なのになぜ放置?反応まとめ「ソウル前の方が問題」「努力義務で約束ではない」

    慰安婦少女像設置に対して菅官房長官は5日、「ウィーン条約違反」という言葉を明確に発言しました。 元…
  6. 2017-8-13

    世界陸上男子400mリレーでボルトが棄権!なぜ、どこを痛めたのか?海外の反応

    世界陸上男子400mリレー決勝が行われ、このレースをラストランとしていたウサイン・ボルトがなんと怪我…
  7. 2017-7-31

    内閣改造8月サプライズの女性大臣候補はいるのか?反応まとめ

    安倍内閣改造が8月3日に迫っています。支持率下落の特効薬となるサプライズの女性大臣候補は果たしている…
ページ上部へ戻る