都議選2017の一人区対決の最新予想は?反応まとめ

投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する
一人区の情勢が全体の結果に重要な意味を持ちます。最新予想と反応をまとめました。

スポンサーリンク

都議選2017の一人区対決の最新予想は?反応まとめ

6月23日に告示され、7月2日が投票日の東京都都議選が熱を帯びている。

都議会の定数は127あり、過半数の64を小池百合子知事が率いる都民ファーストの会と
知事を支持する公明党か自民党のどちらがとるかが注目点されている。

過去の都議選全体の結果を見ると7つある一人区の勝敗が全体の勝敗につながっている。
東京に多い無党派層に吹く「風」が1人区に象徴的に反映されるからと言われている。

民主党が躍進した2009年の都議選では、民主系候補が7つのうち、6議席を占め、都全体でも54議席を獲得し、
都議会第1会派に躍進した。一方2013年は自民が7議席を独占し、都全体で59議席を獲得して第1会派に返り咲いた。

今回の都議選でも、対立する都民ファーストの会と自民党が7つある一人区すべてに候補を立て対決する。
自民党は現職候補の3つの議席を守れるかが焦点である。

以下に一人区の両候補者の一覧を示す。

都民ファーストの会と自民党の一人区の候補者一覧

都民ファーストの会の候補者はすべて公明党の推薦を受けています。
女性候補は、3名で内自民党2名、都民ファースト1名となっています。
中央区の候補者は妊婦での選挙活動という意味で、注目されています。

千代田区は都議会のドンと言われ、今回引退した自民党の内田氏の地元で、自民党にとっては最重点選挙区の一つであるが、
先の千代田区長選挙での惨敗の結果を見ると、都民ファーストが確保する可能性が高い。

中央区は、両党に自民を離党した無所属現職の立石晴康氏(75歳、男性)を含めた実質的に三者の争いになっており、予断を許さない。

武蔵野市は、民進元職の松下玲子氏(46歳、女性)を加えた三つ巴の争いとなっており、情勢は混とんとしている。

青梅市、昭島市、小金井市は、都民ファーストと自民の一騎打ちとなっている。

青梅市は前回無風で、自民党が得た議席だが、都民ファーストに勢いがありそうである。
昭島市の都民ファーストの候補は民進党からの離党組で、過去の実績からやや有利か。
小金井市では、前回勝利した木村基成氏は自民党を離党して都民ファーストに移籍して世田谷区から出馬した。都民ファーストが優勢の情勢である。

島部は伝統的に自民が強く、自民党現職が有力である。

次に都議選の一人区の戦いについてのネットの反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

都議選の一人区の戦いについてのネットの反応

特定の候補者を応援するコメントはできるだけ避けました。

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

加計学園問題への対応や、自民党議員の失言、離党などで、安倍一強への批判が強まって、安倍内閣の支持率が落ちています。

一方、豊洲市場問題での築地市場も生かすとした選挙公示直前の小池知事の決断が必ずしも評判が芳しくなく、
高い支持率を誇った小池支持も低下しつつあります。

「(傲慢な)自民党にお灸を据えたい」となるのか、「決められない都知事」と批判される都民ファーストの会の
両者が都民によって、いかなる審判が下されるのか注目されます。

都議選の結果は、過去にも、国政に大きな影響を与えており、今回も自民党が都議会第一党を維持できずに大敗を喫すれば、
安倍首相の衆議院解散、憲法改正への戦略にも大きな影響を与え、一強凋落の端緒となる可能性もあります。

都民の皆さんは、東京都だけでなく、全体の状況と今後に及ぼす影響をよく考慮して一票を投じていただきたいと思います。

■関連記事
都議選2017自民党大敗予想を安倍首相謝罪で覆せるか?反応まとめ「ポーズでしかない」「焦りからでは」

都議選2017情勢自民の巻き返しに小池都知事の次の一手は?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  2. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  3. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  4. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  5. ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  6. 安倍離れの理由についてみていこう。 報道各社の最近の世論調査で内閣支持率は軒並み30%台に急落…

人気記事

  1. 2016-11-8

    福岡の道路陥没の原因は?英国のシンクホール問題と同じ?反応まとめ

    福岡で道路陥没が発生しました。 発生から11時間経っていますが、今のところ原因はわかりません。 …
  2. 2017-3-26

    稀勢の里強行出場で優勝した取り組み動画とその反応「相撲で初めて泣いた」「ずっと応援する!」

    久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  3. 2017-7-15

    ヒアリが横浜港コンテナ近くで500匹も発見!反応まとめ

    世間を騒がせているヒアリが14日、横浜港で500匹も発見されました。これまで日本各地で見つかった中で…
  4. 2016-10-17

    ドゥテルテフィリピン大統領訪中を前にカルピオ判事の弾劾発言で姿勢を一変!反応まとめ「中国共産党のなすがまま」「裁定に封をした」

    ドゥテルテ氏は18日からの中国訪問を前にして、16日南部ダバオの空港で、記者会見し、 これまでと姿…
  5. 2016-12-28

    世界で最も美しい顔100人全員が発表!審査基準はどうなってる?海外の反応まとめ

    毎年話題になる世界で最も美しい顔100人全員が選出されました。 いやはや美人ばかりですが、いったい…
  6. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  7. 2017-4-20

    ロシアが中国と関係悪化の北朝鮮を支援するメリットは?反応まとめ「これじゃ抜け穴じゃん」「プーチンは世界のならず者大好きだな」

    5月8日から北朝鮮~ロシア極東にマンギョンボン(万景峰)号による定期航路開設する。 ロシアが、最近…
ページ上部へ戻る