須藤凜々花総選挙壇上スピーチでなぜ結婚宣言?炎上まとめ「築き上げてきたものを一瞬で崩した」「結局のところ恋愛禁止も建前」

イベント中止など、波乱の多かった恒例のAKB48選抜総選挙でも
最大の衝撃はNMB須藤凜々花が壇上スピーチで行った結婚宣言であった。
「恋愛禁止」令を無視してなぜわざわざこの場で?実は彼女の高等作戦だったのか?炎上もまとめました。

スポンサーリンク

須藤凜々花総選挙壇上スピーチでなぜ結婚宣言?炎上まとめ

悪天候のため、17日の沖縄・豊崎美らSUNビーチの開票イベントとAKB48グループコンサートが中止となるなど、
波乱の多かった第9回AKB48選抜総選挙で、NMB須藤凜々花の壇上スピーチで結婚宣言が飛び出した。

須藤凜々花の発表から約1時間後に週刊文春オンラインが『結婚発表のNMB須藤凜々花
「週刊文春デジタル」が熱愛デートを取材していた!』と報道しています。

これは、実は彼女なりの高等作戦であったのではとの仮説を立ててみました。

・週刊文春としては、総選挙で、須藤凜々花が圏外では記事の価値がないため、記事にするのは、
彼女がそれなりの順位に入ることを確認してからと考え伏せていた。
・須藤凜々花は、問い合わせを受けたなどで、それなりの順位に入れば、
恋愛発覚が報道されることを予期していた。
・報道されれば、2013年の、AKB48のメンバー峯岸みなみの事件のように、
丸刈りになって涙で謝罪し、降格させられるのが必死と考えた。
・当日順位を確認し、壇上で突然「結婚宣言」すれば誰も止めることはできず、また結婚ということなら、
AKB48の恋愛禁止令を持ち出して、その場で公に非難するわけにも行かず、
全員で「おめでとう」としか言えないと計算した。

奇しくも、彼女の結婚宣言後、どよめく会場で次に壇上に立ったのは、19位のあの峯岸みなみで、
「圏外からの19位って本当に喜ばしいことなのですが、この並びをうらむくらいの衝撃発言がありました。
いままで考えていたことが全て飛ぶくらい…何言っても記事ならんやんって」
「なんだろう。私が結婚発表したかったくらいの年齢にさしかかり、今年12年目の私ですが皆さんの知っての通り、
ここまで恥をさらしたメンバーはいないと思います」としか言えなかった。

なお、彼女は、ただ1人の1期生メンバーである。

須藤の20位という順位は、ファンがCD購入するなどして投票した約3万1000票の結果であるため、
彼女を支えたファンからは不満のコメントが多数ツイートされている。

まず、そのネットの反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

須藤凜々花の結婚宣言に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

全般に、今回の宣言に、何考えているなど非難が多いようですが、特にAKB48を長年支えてきて、
今年も選抜で2位となりながら卒業宣言した渡辺麻友の話題を吹き飛ばしたことを非難するコメントが多いようです。

ただ須藤凜々花の結婚も今後どうなるのか、運営サイドが結婚は「事実」と認め、近日中に本人の会見を開く方向で、
準備しているとのことですが、その後のメディア報道では、相手の男性は須藤とは友達だと主張し
結婚発表は「まさか」だったとしていたことを明かにするなど、今後紆余曲折がありそうです。

しかし、根本の問題は、日本のアイドルが、擬似恋愛の対象として成り立ってきたため、
アイドルは『恋愛禁止』令を守らなければならなかったのですが、
過去を振り返るとそれは、単なる幻想であったすぎなかったことが多々あります。

まゆゆ(渡辺麻友)の本年度での卒業も考えると、
そろそろAKBの時代は過ぎ去ろうとしているのかもしれません。

この事件がAKB48をはじめとする女性アイドルグループブームの幕が下ろされる象徴となるのかもしれません。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. トランプ大統領の白人至上主義事件に対する「双方に非がある」発言が大問題視されている。 日本のメディ…
  2. 8月15日に行われたWBC世界バンダム級タイトルマッチ。13度目の防衛のかかった山中慎介でしたが、ま…
  3. 北朝鮮が2発のミサイルICBMに用いたウクライナ製高性能液体推進エンジンは、ロシアから闇市場を通じて…
  4. 2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  5. 2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…
  6. WBCバンダム級王者・山中慎介は13度目の防衛をかけ、8月15日にルイスネリと対戦します。 この試…

人気記事

  1. 2017-7-8

    ヒアリが君津市へ?コンテナ移動 もし見つけた時にすることは?

    ヒアリが発見されたコンテナが君津市へ運ばれているという。 今のところ発見されていないが地元民は気が…
  2. 2016-12-4

    300超の犠牲者セウォル号沈没事故が映画化!韓国の反応は?

    2014年4月16日に大韓民国の大型旅客船セウォル号が、 全羅南道珍島郡の観梅島(クヮンメド)沖海…
  3. 2017-6-19

    ヒアリの駆除方法は3つ!まずは地方環境事務所に連絡を!「勘弁して」「見えない敵ほど怖いものは」

    毒を持つ蟻、ヒアリが現在日本で拡大するかしないかの瀬戸際に来ている。 2017年6月19日時点で神…
  4. 2017-2-17

    金正男がいい人と人気なのはなぜか?10個の強烈エピソード紹介と反応まとめ

    2月14日にマレーシアにてスパイにあやめられたことが報道された金正男氏ですが、 ネットでは非常に好…
  5. 2017-4-2

    名古屋のレゴランドの評判は?「値段設定がひどいな」「いろいろ言われているが良かったよ」

    2017年4月1日から名古屋にレゴランドがオープンしました。 東京や大阪に比べて魅力度が低いと言わ…
  6. 2017-8-4

    上戸彩人気が映画「昼顔」で中国を席巻!その4つの理由とは?反応まとめ

    映画「昼顔」が上海国際映画祭で公開されたことを受けて、上戸彩の人気が以前の酒井法子に代る日本女優とし…
  7. 2017-8-15

    北朝鮮がグアムへのミサイルを中止した理由「米の対応が正しい」「株価反発の材料が都合よくいくつも出る」

    2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…
ページ上部へ戻る