多田修平がスタートが1番の理由と9秒台の可能性・評価まとめ「後半伸びれば世界レベル」「室内60m出てほしい!」

日本選手権決勝2017の男子100mはかつてないハイレベルの決勝となり、日本中が初の9秒台を期待して見守っている。
その中でも一番注目度が低いかもしれない多田修平選手に、個人的には注目している。
そもそも話題になり始めたのがつい最近なので、まだ知らない人も多いと思われますが、
スタートの動画もたくさんアップされていることからわかるように、スタートに関してはずば抜けているので前半の先頭は多田選手であることは確定されているようなものです。
今回はなぜ多田選手はスタートがスゴイのか?ということと、9秒台の可能性や評価についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

多田修平がスタートが1番の理由

多田修平選手が話題になったのは、セイコーゴールデングランプ2017にて、優勝したガトリン選手を会見でこう言わしめたことだ。

ガトリン「2レーンの選手が誰だか知らないが素晴らしいスタートだった!」

そのスタートのすごさにガトリンと勝負したセイコーグランプリのものをスローでアップしている動画をみつけた。

60mまでガトリンに勝っているので、50m走世界1を狙えるんじゃないかなんて考えてしまいますが、多田選手のスタートの秘密は次のように言われています。

動機
・元々、勉強熱心で、山縣選手のスタートを研究していた
・2017年2月、3月の間に大阪陸協が主催する『OSAKA夢プログラム』にてアメリカ遠征をして、パウエルにスタートと肉体改造について学んだ
・追い風4.5mで参考記録で9.94を出して自信を得た

技術
・スタートの1歩の右足(ふくらはぎ)を地面と平行にすることで1歩目が誰より早い(1歩目が最短距離)
・スタートから歩幅を大きくした
・ピッチの加速を重視したトレーニングをしている
・後半に向けてピッチをあげていく
・練習では60m全力+20m流す x6本と、少ない本数を質を高くして取り組んでいる

このように報道されています。
スタートはパウエル選手からの直伝のようですね。

60mまでは世界トップレベルであることは間違いないので、そこからの伸びのための練習ももちろんしていて
肉体改造による体幹の安定でどこまで伸びるか、というところでしょう。

スポンサーリンク

多田修平選手9秒台への期待と反応

多田修平選手への反応をまとめてみました。

室内の60mにも出てほしいな!
今月の勢いが続くなら多田選手9秒台も
9秒台出てほしい
予選でのパフォーマンスが日本記録を記録した時の伊東浩司選手と同等
細身ながら強靱なバネがうなりを上げて急加速するイメージ
 多田さん2週間でこれだけ変わってる
準決勝納得いってないみたい。
さわやかな見た目もいい
スタートが異次元
後半伸びれば世界レベル

出典:twitter&ヤフコメ

と、まだ他の選手と比べると期待の声が少ないのですが、個人的にはあのスタートなので、あそこから後半の改善があればすごいことになると感じて、非常に期待しています。準決勝も納得いかない感じで10.10と非常に良い感じであります。決勝はどうなるか分かりませんが、是非NHKで見たいと思います。

■還暦時

100m 決勝日本選手権で9秒台を走るのは誰だ?放送予定と反応まとめ「めっちゃハイレベル」「予想1位サニ・ブラウン9秒98」

サニブラウン9秒台への評価と反応は?「200mのフォームなのに」「身体が一回り大きくなった」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. カドカワ株価急落の理由は、言わずもがな超人気アニメ「けものフレンズ」を手がけてきたたつき監督が外され…
  2. 後藤久美子さんといえば、40代の人なら一世を風靡した女優として鮮烈に記憶に焼き付いていることでしょう…
  3. 北朝鮮の李容浩外相がニューヨークで、「トランプは(ツイッターで)わが国指導部の先はそう長くないだろう…
  4. 25日午後、小池都百合子都知事は臨時記者会見を開いて、国政政党「希望の党」の立ち上げを発表し、 自…
  5. いよいよ10月22日衆議院解散総選挙となります。 いきなりの解散で各党の公約がどうなるか注目される…
  6. 林修先生の9月4日初耳学での英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言が話題です。 実は筆者も幼児を…

人気記事

  1. 2017-1-26

    トランプ大統領がメキシコ国境に壁を作る理由と海外の反応「男だ!」「正しい移民のために」

    米紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、トランプ米大統領がメキシコ国境沿いへの壁の建設など、 不…
  2. 2017-4-28

    ヤマトの値上げと法人客契約打ち切りで波紋!反応まとめ「自業自得」「フェアな関係を構築し直す良い機会」

    宅配便最大手のヤマト運輸は、9月に基本運賃の引き上げ幅を最大20%程度とする方向で検討するとともに、…
  3. 2017-9-20

    トランプの国連演説の内容と海外の反応まとめ「なぜ北が招待されてるの!?」「いつまで攻撃されるのを待ってるんだ」

    2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  4. 2016-11-13

    TPPアメリカ離脱で米抜き発効を!今こそ日本の役割が問われる!反応まとめ

    「就任当日にTPP離脱を正式発表する」と宣言しているトランプ大統領誕生で、アメリカのTPP批准はなく…
  5. 2017-8-25

    雄星2度目の2段モーション反則投球で大崩れ!なぜ修正できない?反応まとめ「とられてもしょうがない」「海外行ってノビノビやってくれ」

    西武の菊池雄星投手が17日の楽天戦に続き、昨日のソフトバンク戦で、初回に2段モーション反則投球を指摘…
  6. 2017-5-3

    ロナウドのハットトリック回数は?2戦連続に大興奮の反応まとめ

    クリスティアーノ・ロナウド選手がUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)準決勝1st legで2戦連続…
  7. 2017-7-21

    アシッドアタック日本人もある?イギリスで急増中に心配の声

    アシッドアタックがイギリスで急増していることに対して日本でもあるの?と心配の声が多数上がっています。…
ページ上部へ戻る