都民ファースト落選は誰?その理由と反応「自民党の自滅」「かなり不安」

2日に行われた都議選は都民ファーストの会の圧勝で終わりました。
しかしそんな中、都民ファースト所属で落選した候補者もいたとのことですが、いったい誰なんでしょう?
今回は、都民ファースト落選者の詳細とその理由についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

都民ファースト落選は誰?

都民ファースト圧勝

7月2日に行われた都議選。結果としては小池百合子都知事率いる都民ファーストの会の圧勝で終わりました。
各政党が国政選挙並みに総力を結集して臨んだ今回の都議選でしたが、安倍首相率いる自民党は過去最低の23人当選と惨敗で、一方圧勝の都民ファーストの会は55人当選と、都民ファーストだけで過半数近くを占めるという圧倒的人気。
これにより安倍首相の政権運営に影響が出るのではと言われています。

小池支持勢力すべてでは余裕で過半数を越えるという状況はすごいですね。
都議選前に小池都知事の支持率が下がったりもしましたが、結局圧勝してしまうあたり、いかに地盤が堅いかが分かります。
とはいえ、自民党が今世間から厳しい批判をされているというのも今回の都民ファースト圧勝の理由の一つかもしれません。

そんな中落選者も

そんな中、都民ファーストで落選した候補者もいたようなのです。いったいどんな人なのでしょう?
都民ファースト所属で落選した候補者は一人。八丈町議会議員の山下崇氏です。
山下氏は1972年11月30日生まれの44歳。東京都八丈高等学校卒業で、八丈島で町議会の議員をしていたようです。
過去には東京都庁での職務経験もあるとのこと。
NPOの代表歴もあるようで、被災者の受け入れ事業や観光ツアー主催などさまざまな活動をしていて、人柄は良い方であるようです。

なぜ落選?

そんな山下氏がなぜ落選してしまったのか。しかも都民ファーストでただ一人…。
その理由は、おそらく山下氏の知名度の低さであると思います。
上で紹介したプロフィールを見る限りでは、山下氏の人柄に問題があるとは思えません。
山下氏の選挙区「島部」で当選したのは、自民党の現職三宅正彦氏です。
やはり現職の都議とは知名度の差は歴然で、そこが山下氏落選の理由になったのではないかと考えられます。
山下氏の知名度の低さを物語るものとして、山下氏本人の物と思われるtwitterアカウントがあります。

ご覧になればわかる通り、もう長いこと更新されてはいないとはいえ、都議選候補者のアカウントとしてはフォロワーが少なすぎる気がします。
山下氏は、選挙には知名度が最も重要だとわかるいい例かもしれませんね。

都民ファースト圧勝の反応まとめ

都民ファースト圧勝に対して様々な反応があがっています。
見る限り正直賞賛するようなコメントの方が少なかったです。

Sponsored Links
都民ファーストは自民党への批判票で圧勝しただけでしょ
都民ファースト圧勝。かなり不安が残る
最近の自民のスキャンダルも影響してるんだろうね
豊洲にオリンピックに全部ごちゃごちゃなままなのにこれからどうするんだろう
そのうち都民ファーストから不祥事発生しそう
どこかの2期生のように困ったちゃんが多く出てこないことを祈る
都民ファースト圧勝で国会は揺らぐのか?
あんな中身のない政党が圧勝するほど怖いことはない
さらに税金上がりそうで怖い
自民党が自滅しただけでしょ
出典:twitter

都民ファースト圧勝の裏には、自民党への不信感が大きいと思われます。都民ファースト圧勝だからといって、本当に過半数の支持を得ているかどうかは怪しいところです。今後の都政運営で評価が決まると言えるでしょう。
それにしてもただ一人落選してしまった山下氏は気の毒ですね…。あまり今回の敗戦は気にせず、今後も自分の信念を貫いて頑張ってほしいです。今回で知名度はアップしたかもしれませんね。
■関連記事
希望の党の評判は?サプライズはあるか?反応まとめ

都議選2017都民ファーストに勝った唯一の自民党都議は誰か?反応まとめ

都民ファーストに胡散臭いの声があるのはなぜ?評判まとめ「選挙ファーストだ!」「決められない議会になる」

都議選自民惨敗!その原因は小池マジック?反応まとめ

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-8-9

    トランプ大統領の北朝鮮発言が過激さを増す!海外の反応は?「炎と怒りって何?」「最後の警告だね」

    トランプ大統領の北朝鮮に対しての発言が激しさを増しています。 これはただの脅しなのか、それとも何か…
  2. 2017-4-5

    今村復興相を激怒させた記者は誰?会見の反応まとめ「大臣正論では?」「大人の対応しないと」

    今村復興担当大臣が4月4日の記者会見で質問した記者に向かい「君は無礼だ」などと発言した事を批判する報…
  3. 2017-5-8

    沖ノ島 世界遺産登録に韓国が反対する理由!反応まとめ

    沖ノ島が世界遺産に登録されるとの見通しであることが発表されましたが、この決定には条件もあり、賛否両論…
  4. 2017-5-14

    北朝鮮弾道ミサイル発射に文在寅韓国大統領は?なぜ今?反応まとめ

    北朝鮮は14日午前5時28分、北西部の亀城から弾道ミサイル1発を発射し、 約800キロ飛んで、日本…
  5. 2017-8-2

    ポニーテール禁止の校則に「なぜ?」反応まとめ「ありえない!」「何かの冗談?」

    ポニーテールを禁止する校則があるという驚愕の事実がネットで話題となっています。 しかし実はそうした…
  6. 2016-11-30

    斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ

    背水の陣を敷いていた斎藤佑樹の2016年シーズンは不本意なもので終わり、 2017年俸は4年連続ダ…
  7. 2017-9-25

    日本受注のインド高速鉄道建設がスタート!中国の焦りといらだちは?反応まとめ

    2015年12月に新幹線方式での建設に合意して、日本が受注し、14日の起工式でスタートした インド…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。