鳥谷敬頭部死球でもなぜ強行出場?その結果連続出場が1795に!反応まとめ

24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、
巨人戦の6回に黒のフェースガードを装着して代打で途中出場し、その結果
プロ野球史上歴代単独2位の連続試合出場を1795に伸ばした。反応もまとめた。

Sponsored Links

鳥谷敬頭部死球でもなぜ強行出場?その結果連続出場が1795に

24日の巨人戦で頭部死球を受けた結果、鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手(35)が25日、
巨人戦の6回に黒のフェースガードを装着して代打で途中出場した結果、プロ野球史上歴代単独2位の連続試合出場を1795に伸ばした。

鳥谷敬はこれまで連続試合出場記録を成し遂げた衣笠祥雄、金本知憲選手と比べて、
どうなのか?出場数歴代の上位選手や死球で有名な選手と比べて鳥谷選手がどのような特徴を持つかを調べてみた。
衣笠、金本に続く鉄人となったか?比較してみた。

これまで鉄人と言われた連続試合出場記録1位の衣笠(広島)は左手首亀裂骨折、左肩甲骨骨折、左手親指亀裂骨折を乗り越え、
今シーズン鳥谷に2位の座を譲った金本(阪神)は左手首骨折を乗り越え、連続試合出場記録を達成している。

衣笠、金本および、打数、試合数が多い歴代選手や現役選手、死球でしばしば話題になった選手と、今回頭部死球を受けた鳥谷選手はどのような差があるかを調べた。

死球数と打数と試合数の各選手比較表

鳥谷選手が、打数あたり0.6%、試合数あたりで2.3%と、最も死球を受ける数が少ないことが分かる。
これに次ぐのが、金本選手である。

他の多くの選手の結果が、それぞれ、2%前後、7%前後であることを考えると、鳥谷選手は1/3以下であり、
死球に当たりにくいのが、連続出場を支えている要因の一つでは、と考えられる

興味深いのは、衣笠選手で、それぞれ、1.7%、6.0%と他の多くの選手と大きな差がなく、
骨折後の出場歴も3度はあるようなので、何度骨折しても立ち上がるそれこそ真の意味の鉄人であると言われる所以である。

Sponsored Links

鳥谷敬頭部死球鼻骨骨折乗り越えるに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
阪神ファンに限らず、日本人に限らず鳥谷選手を賞讃する声が多いようです。

鳥谷選手には、金本監督型の新しい鉄人像を作っていってほしいと思います。
そしてまず。今期の好調阪神の核として怪我にもめげず大活躍をして、
阪神優勝に寄与してもらいたいと思います。

■関連記事
阪神2日連続の逆転勝利の立役者は若虎5選手!12年ぶりの優勝に繋がるか?反応まとめ「何度見ても泣きそうやわ」

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-6-15

    ヒアリは普通の蟻とどう違うか?米国でもなぜ広がった?

    日本に初めて上陸したことが確認された、刺されると、火傷のような激しい痛みを生ずるという 危険なヒア…
  2. 2017-5-18

    アリゲーターガーが名古屋城で捕獲!日本で繁殖してるのはなぜ?反応まとめ

    5月17日、アリゲーターガーが名古屋城でついに捕獲されました。2016年には荒川でも捕獲されましたが…
  3. 2017-9-26

    北朝鮮「トランプ発言は宣戦布告、自衛のため爆撃機撃墜も」と主張!反応まとめ

    北朝鮮の李容浩外相がニューヨークで、「トランプは(ツイッターで)わが国指導部の先はそう長くないだろう…
  4. 2017-2-4

    大谷翔平 WBC辞退の原因と反応まとめ「これは侍ジャパン厳しい」「仕方ないけど残念」n

    3月に開催されるWBCに出場予定だった日本ハムの大谷翔平選手が出場辞退ということになりました。 昨…
  5. 2017-2-1

    トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判!円高でアベノミクスの根幹を揺るがすか?反応まとめ

    トランプ大統領は中国と並んで、日本の為替政策が円を安く誘導して、 米国企業に打撃を与えていると厳し…
  6. 2017-6-25

    張本智和参加の中国オープン男子でトップ選手が突然のボイコット!なぜ?海外の反応

    張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  7. 2017-9-28

    白井健三の海外の反応・評価最新版「素晴らしい選手」「床では世界一」

    日本で内村航平選手に次ぎ評価の高い白井健三選手は海外でも評価されています。 世界体操を直前に控えて…
ページ上部へ戻る