tpp11か国首席交渉官会合で日本は米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ「トランプがくれた最大のチャンス」「米けん制する必要性が高まった」

5月2日から3日間の予定で始まったtpp11か国首席交渉官会合で日本は、米国抜き発効に方針を大転換した。
各国の様々な思惑のなかで、日本が主導権とれるか注目される?反応もまとめた。

Sponsored Links

tpp11か国首席交渉官会合で日本は、米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ

トランプ大統領のTPP離脱通告後、初めてのTPPの閣僚会合(3月15日チリで)では、11カ国が、世界各地での保護主義の動きに懸念を表明したものの、TPPの今後の方向性を示せなかった。

今回日本の米抜き発効への方針大転換により、首席交渉官会合(カナダ)で方向性を出せるかが焦点になっている。

発効の為の条件を挙げてみる。

1. 米国抜きで発効できないとの従来の12カ国での要件について、11か国の合意で条文から削る必要がある。
例えば、発効するには少なくとも加盟国のGDPの85%超を占める6か国以上が批准しなければならない。
この条件のままでは、約60%を占める米国の離脱により、発効できない。
2.  現在の協定内容を変えないまま早期に11カ国で発効させる案(日本、オーストラリア、ニュージーランドが支持)を採用する。
元の形に近い協定を目指すことになる。
3.GATTの発効を参考に、有志国がTPP協定とは別に議定書を結ぶ案。
手続きは容易になるが、参加国が減る恐れがある。

<スケジュール>
5月2日から3日間 首席交渉官会合で今後の方向性を出すのTPP閣僚会合の準備会合との位置づけ。
6月 TPP閣僚会合(ベトナム・ハノイ)11か国で結束して、TPPの今後の方向性を打ち出す予定。
11月 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合時を目標に早期決着を諮る。
2018年2月 各国の署名から2年後が事実上のタイムリミット。これまでに各国が、TPP11を批准し、発効させる。

各国の立場と思惑を見てみましょう。

11か国の立場と思惑

日本としては、関税撤廃や貿易ルールの自由化を盛り込んだ協定の本体部分は実質的に変更せず、
修正は米国抜きでも発効できるようにするなど形式的な部分のみにとどめる「新協定方式」に持ってゆきたい。
これにより、TPP11を米国との2国間FTA交渉の防波堤とし、米国が復帰しやすい環境とし、
中国が参加しにくく、中国に主導を取られるのを防ぐことができる。

tpp11か国首席交渉官会合で日本は主導権とれるかに関するネットの反応

Sponsored Links


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

米国のTPP離脱というピンチを日本がチャンスに変えるとても良いシチュエーションが巡って来たように思われる。
ここで、各国をまとめ、かつ米国にTPP離脱を後悔させるまでになれば、日本の外交力を示せる最高の場となる。

あれだけ各国が苦労してまとめた協定内容である。ここは、あの努力と年月を無駄にしないでほしいと思う。

それにしても、今回の方針大転換において、麻生財務相はクローズアップされているが、
ニュージーランド等に電話したとの報道はあるものの、石原伸TPP担当大臣の姿が見えてこない。

ここは、石原伸晃TPP担当大臣にとっても、正念場の機会である。最善の努力を尽くしてもらいたい。

■関連記事
米国抜きTPP発効に日本が参加国の議定書合意を検討!反応まとめ「エイプリルフールか」「素晴らしい!!」

TPPアメリカ離脱で米抜き発効を!今こそ日本の役割が問われる!反応まとめ

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-18

    北朝鮮万景峰号定期運航開始!ロシア全く配慮なし、なぜ?反応まとめ「やっぱり信用出来ない」「北朝鮮を暴走させて何を狙う?」

    北朝鮮の貨客船・万景峰(マンギョンボン)号の定期便運航第1便が、17日午後、北東部の羅先(ラソン)を…
  2. 2017-5-12

    村田諒太世界戦5月20日の放送予定と反応まとめ「海外からは厳しい声」「豪快な一発を」

    ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBAミドル級2位の村田諒太(31)が、 暫定王者(…
  3. 2017-9-4

    軍事対応するのか?トランプ大統領が北に対して「そのうちわかる」海外の反応まとめ

    果たしてアメリカトランプ大統領は軍事対応をするのか? 北朝鮮の挑発が止まりません。2017年9…
  4. 2016-12-16

    スマホ専用トイレットペーパーの評判は?狙いはどこに?反応まとめ

    NTTドコモが、訪日外国人をターゲットに、日本のおもてなしの心で表現する取り組みとして、 スマホ専…
  5. 2017-4-30

    北朝鮮ミサイル発射に橋下氏ツイート炎上!反応まとめ「認識不足では?」「いや正論」

    29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、現在ソウル滞在中の橋下前大阪市長は、 「トランプ氏と金正恩との…
  6. 2016-12-27

    男性にとっての少子化の原因が2017年さらに増える…バーチャルホームロボット現る!

    少子化が日本の問題となっています。男性は特に恋愛などに対する拒絶傾向が強くなり、 草食系男子という…
  7. 2016-12-10

    フライデーの信憑性は?文春と比べてどうか?炎上の今、振り返る

    フライデーの信憑性はどうなのでしょうか?現在炎上し、批判にさらされているフライデーですが、 簡単に…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。