tpp11か国首席交渉官会合で日本は米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ「トランプがくれた最大のチャンス」「米けん制する必要性が高まった」

5月2日から3日間の予定で始まったtpp11か国首席交渉官会合で日本は、米国抜き発効に方針を大転換した。
各国の様々な思惑のなかで、日本が主導権とれるか注目される?反応もまとめた。

スポンサーリンク

tpp11か国首席交渉官会合で日本は、米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ

トランプ大統領のTPP離脱通告後、初めてのTPPの閣僚会合(3月15日チリで)では、11カ国が、世界各地での保護主義の動きに懸念を表明したものの、TPPの今後の方向性を示せなかった。

今回日本の米抜き発効への方針大転換により、首席交渉官会合(カナダ)で方向性を出せるかが焦点になっている。

発効の為の条件を挙げてみる。

1. 米国抜きで発効できないとの従来の12カ国での要件について、11か国の合意で条文から削る必要がある。
例えば、発効するには少なくとも加盟国のGDPの85%超を占める6か国以上が批准しなければならない。
この条件のままでは、約60%を占める米国の離脱により、発効できない。
2.  現在の協定内容を変えないまま早期に11カ国で発効させる案(日本、オーストラリア、ニュージーランドが支持)を採用する。
元の形に近い協定を目指すことになる。
3.GATTの発効を参考に、有志国がTPP協定とは別に議定書を結ぶ案。
手続きは容易になるが、参加国が減る恐れがある。

<スケジュール>
5月2日から3日間 首席交渉官会合で今後の方向性を出すのTPP閣僚会合の準備会合との位置づけ。
6月 TPP閣僚会合(ベトナム・ハノイ)11か国で結束して、TPPの今後の方向性を打ち出す予定。
11月 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合時を目標に早期決着を諮る。
2018年2月 各国の署名から2年後が事実上のタイムリミット。これまでに各国が、TPP11を批准し、発効させる。

各国の立場と思惑を見てみましょう。

11か国の立場と思惑

日本としては、関税撤廃や貿易ルールの自由化を盛り込んだ協定の本体部分は実質的に変更せず、
修正は米国抜きでも発効できるようにするなど形式的な部分のみにとどめる「新協定方式」に持ってゆきたい。
これにより、TPP11を米国との2国間FTA交渉の防波堤とし、米国が復帰しやすい環境とし、
中国が参加しにくく、中国に主導を取られるのを防ぐことができる。

スポンサーリンク

tpp11か国首席交渉官会合で日本は主導権とれるかに関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

米国のTPP離脱というピンチを日本がチャンスに変えるとても良いシチュエーションが巡って来たように思われる。
ここで、各国をまとめ、かつ米国にTPP離脱を後悔させるまでになれば、日本の外交力を示せる最高の場となる。

あれだけ各国が苦労してまとめた協定内容である。ここは、あの努力と年月を無駄にしないでほしいと思う。

それにしても、今回の方針大転換において、麻生財務相はクローズアップされているが、
ニュージーランド等に電話したとの報道はあるものの、石原伸TPP担当大臣の姿が見えてこない。

ここは、石原伸晃TPP担当大臣にとっても、正念場の機会である。最善の努力を尽くしてもらいたい。

■関連記事
米国抜きTPP発効に日本が参加国の議定書合意を検討!反応まとめ「エイプリルフールか」「素晴らしい!!」

TPPアメリカ離脱で米抜き発効を!今こそ日本の役割が問われる!反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アシッドアタックがイギリスで急増していることに対して日本でもあるの?と心配の声が多数上がっています。…
  2. リンキンパークのチェスターベニントン2017年7月20日になくなったことが報道された。 自死による…
  3. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  4. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  5. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  6. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…

人気記事

  1. 2017-4-27

    日本の報道の自由度ランキング72位と二階幹事長の今村擁護発言の関係は?反応まとめ

    二階幹事長が被災地を冒涜して更迭された今村前復興大臣を擁護するともとれるマスコミ批判発言をした。 …
  2. 2016-12-1

    OPEC原油減産を合意!なぜ?反応まとめ

    OPECは30日、ウィーンでの総会で、低迷する原油価格の押し上げに向け 日量120万バレル規模の原…
  3. 2016-10-7

    貴乃花の息子は俳優のような顔立ち!でも職業はなんと!!反応まとめ「ストイックなまでに極めそう」「劇団ひとりに見えて・・」

    貴乃花といえば「若貴ブーム」を起こし、一般にまで相撲人気を拡大させた平成の大横綱ですよね。 そんな…
  4. 2017-1-30

    トランプ大統領のイスラム入国禁止令でIT企業とのバトルが再燃!海外の反応「サウジアラビアが含まれないのはなぜだ」「大統領を1000%支持する」

    トランプ大統領の難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限するイスラム入国禁止令によって、 大統領選で…
  5. 2017-4-15

    平野美宇アジア選手権優勝か!?海外の反応「日本の時代だ」「才能の宝庫だ」

    卓球のアジア選手権で平野美宇選手の快進撃が止まりません。 世界ランキング1位と2位の中国選手を撃破…
  6. 2017-7-14

    支持率低下の安倍首相閉会中の予算委一転出席で反転攻勢となるか?反応まとめ

    安倍首相は、自民党がいったん決めた予算委開催拒否という方針を覆し、 自ら出席して加計学園の獣医学部…
  7. 2016-10-18

    中国漁船取り締まり時の韓国高速船の衝突沈没事件で、両国関係ますます悪化!重火器使用で今後どうなる?

    韓国のEEZ内で、韓国海洋警備の高速船が不法操業中の中国漁船の体当たり攻撃を受け、 衝突沈没した事…
ページ上部へ戻る