u-19アジア選手権2016 速報日本準々決勝で、タジキスタンに4-0で快勝!10年ぶりU―20W杯へ!

2020年東京オリンピックを担う世代のAFC U-19アジア選手権で、日本はバーレーンで準々決勝でタジキスタンに4-0で快勝し、
ベスト4へ進み、AFC(アジア)での上位4チームに入ることが決まり、韓国で来年開催される20歳以下(U―20)ワールドカップ(W杯)に10年ぶりに出場を決めた。

スポンサーリンク

u-19アジア選手権2016 速報日本準々決勝で、タジキスタンに4-0で快勝!10年ぶりU―20W杯へ!

今回のU―19日本代表は4年後の東京五輪で主力を担う世代。
この年代がU―20W杯で世界のレベルを経験することが、
原則23歳以下で競う五輪で成果を出すためにも重要と指摘されていた。

AFC(アジア)
AFC U-19選手権
24か国を6つのグループ(A-F)に分け総当り1回戦のリーグ戦を行う。
各グループの上位2チームと各グループ3位同士で成績上位(勝点、得失点差、総得点の順)の
4チーム、計16チームがノックアウト方式の決勝トーナメントに進出する。

ここで、U―20W杯(FIFA U-20ワールドカップ)についておさらいしておく。

FIFA U-20ワールドカップとは、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、
20歳以下のナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会である。1977年の第1回大会以降2年ごとに開催されており、
AFC(アジア)のほかCAF(アフリカ)、CONCACAF(北中米カリブ海)CONMEBOL(南米)、 OFC(オセアニア)、UEFA(ヨーロッパ)の
6大陸の予選を突破した23か国と開催国の計24か国が出場権を得る。

日本は2007年カナダ大会の後、4大会続けて出場を逃しており、
今回が10年ぶりのU-20W杯出場となる。
(Wikipedia参照)
今回大会に出場できるのは、2017年の1月1日付で20歳未満の選手のみである。
したがって、原則23歳以下で競う4年後の東京オリンピックで主力となるメンバーとなる。

日本は、バーレンを破ったベトナムと28日(日本時間)に準決勝を戦う予定である。
勝利すれば30日に決勝戦を戦うことになる。

日本は3-0で快勝したグループリーグ最終節・カタール戦と同じ先発11名で決戦に臨んだ。
メンバーは以下である。
U-19日本代表監督 内山篤
GK小島亨介(早稲田大)
SB藤谷壮(神戸)
CB冨安健洋(福岡)
CB中山雄太(柏)
SB舩木翔(C大阪U-18)- SB初瀬亮(G大阪)
MF坂井大将(大分)
MF市丸瑞希(G大阪)
MF堂安律(G大阪)
MF三好康児(川崎F)- MF長沼洋一(広島)
FW小川航基(磐田)-FW中村駿太(柏U-18)
FW岩崎悠人(京都橘高)

この試合の得点経過
前半8分 小川
前半19分 堂安
後半28分 小川
後半43分 岩崎
エースFW小川航基(磐田)桐光学園高時代からこの世代のチームで最も注目を浴び、
結果を求められてきたエースは静かに微笑んだ。
チームのエースとして奮闘してきたストライカーFW小川航基(磐田)が、2ゴールと結果をだした一番であった。

スポンサーリンク

u-19アジア選手権2016 日本が準々決勝で、快勝しU―20W杯へに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

サポーターの声は喜びにあふれています。是非今大会、優勝を飾って 、
U―20W杯に駒を進めてもらいたいと思います。

なお今後の試合は『テレ朝チャンネル』、『NHK BS1』で放送されると思われます。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2017-1-19

    メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応「普通に働く人々の成功を助ける!」「新しいサッチャー?」

    英国のメイ首相は、EU単一市場から脱退する強硬離脱(ハードブレグジット)の方針を表明した。 これに…
  2. 2016-10-13

    ピエロ恐怖症騒動が全米はじめ世界で発生!なぜ?海外の反応「SNSがこのいまいましい騒動を始めた」「もう夜外に出ることはできない」

    10月末のハロウィンが近づくにつれ、ピエロ恐怖症騒動が世界に広がっているようである。 ホラー小説「…
  3. 2017-7-1

    韓国議長暴言はなぜ?反応まとめ

    6月8日に大島理森衆院議長らと会談した韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長が、会談の際に暴言を吐…
  4. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
  5. 2017-4-19

    イギリス解散総選挙でEU離脱の信を問う理由と海外の反応「安倍首相みたい」「議論を終焉させる」

    イギリスのメイ首相が2020年に予定されていた総選挙を前倒しして6月8日に解散総選挙を行うと発表しま…
  6. 2017-6-15

    小池都知事アウフヘーベン発言は何を意味する?反応まとめ「先伸ばしするだけ」「便利な言葉だ」

    6月9日の定例会見で小池都知事が「アウフヘーベン」という言葉を使用し、 「いったいどんな意味なんだ…
  7. 2017-5-19

    村田諒太世界初挑戦の入場曲がいつもあの曲なのはなぜ?その反応「永田裕志と同じやな」「ブレないね~」

    村田諒太世界初挑戦の入場曲はやっぱりアノ曲でいくようです。 プロデビュー時からずっと変わらないので…
ページ上部へ戻る