ワームビア氏の件で北朝鮮対応はどうなるか?海外の反応まとめ

北朝鮮に拘束され、その後解放されアメリカに帰国したワームビア氏が亡くなったことが19日に報道されました。
これによりアメリカの北朝鮮への対応はどうなるのでしょうか?トランプ氏は怒り?の声明を出していますが
何かしらの対処をするのか?

今回は、ワームビア氏についてと、今後のアメリカの対応についてまとめていきます。

スポンサーリンク

 ワームビア氏の件で北朝鮮対応はどうなる?海外の反応は?

北朝鮮から解放のワームビア氏が亡くなる

2016年1月から1年3カ月以上拘束され、2017年6月13日にアメリカに帰国したばかりだった元バージニア大学生オットー・ワームビア氏が6月19日にオハイオ州の病院で亡くなりました。
ワームビア氏は昏睡状態で解放され、医師の発表では「無反応の覚醒状態」と表現されました。
同氏の脳には全体的に損傷が見られたものの、皮膚の外傷や骨折などの拷問の形跡はなかったとのことです。

同氏はツアーで北朝鮮を訪れた際、政治宣伝看板を盗もうとした罪で逮捕され、懲役15年の判決を受けていました。北朝鮮の発表では、その後ボツリヌス菌感染症にかかり、睡眠薬を投与したところ昏睡状態に陥ったとのこと。
しかしアメリカの医師の検査ではボツリヌス菌に感染した形跡はないということです。

このように情報は錯そうしており、彼も罪人なので、彼一人のためにトランプ氏が何か行動を起こすのかは疑問です。
いったいワームビア氏は北朝鮮でどんなことをされたのでしょう。身体に拷問の形跡がないということは、何か実験を受けていたのでしょうか。

 

▶今後アメリカはどう出る?21日の米中ハイレベル協議

このワームビア氏がなくなったことによってアメリカはどんな対応をしていくのでしょうか。
今までもそうなのですが、アメリカは基本的に中国に何度も何度も北朝鮮をコントロールするように働きかけています。
しかし、今回、「それがうまくいかないのならば、アメリカが行動にでる」と発言しています。

21日に米中ハイレベル協議が行われますが、アメリカは中国に対して、核ミサイル開発を加速させる北朝鮮に対しての圧力を強めるようにまた強く要求する考えのようです。
一方、中国は北朝鮮への過度な制裁には慎重な構えで、協議は難航すると予想されています。
また、トランプ大統領はワームビア氏について「法の支配や人間としての基本的な良識を尊重しない独裁政権によって、罪のない人が悲劇的な目に遭った。このようなことが二度と起きないよう取り組んでいく」と声明を発表。アメリカ政府としては未だ北朝鮮に拘束されている多くのアメリカ人の解放に向けて交渉を続けるということです。
(罪は犯してはいるのですが…)

スポンサーリンク

アメリカの行動とは?国内と海外の反応

今回のワームビア氏の件が深く関係しているのか分かりませんが、政府は対北朝鮮ミサイルのCMを26日から流すとのこと。
また緊迫しているように思えます。
国内と海外の反応をまとめてみました。

国内のネットの反応

 深刻な国際問題になりそう
 他の拉致されている人達も心配
なぜあんな場所に行ってしまったのか
 両親に会うまで頑張ったんだね…
アメリカはどう動く?
 これで本当に盗みをしたのかもわからなくなってしまった
 残念だけどトランプ政権は何も対応しないだろうね
渡航禁止国にならないのが不思議

出典:https://goo.gl/9tWNTt

アメリカ本土ではどのような反応になっているでしょうか?

神よ!金に裁きを!
ワームビアのしで多くの人が武装している。しかし、彼はそれを望んでいないでしょう。我々は彼の愚かさを学ぶべきだ
軍事行動とは関係がないことを願っている。
トランプは1人のアメリカ人のために3億人を傷つけることに導いてはいけない。トランプの精神が試されている
中国とロシアは北朝鮮を50年代と同様に支援するだろうな….
トランプはこれまで何もしてないよな… 
何人かの馬鹿が北朝鮮に行き、絵を盗んだり、捕まったり、拘束されたりしてなくなってしまったから、私たちは戦争をしたりするのか??
実は中国がトランプが北朝鮮を攻撃するのを抑えているんだよ
行動をとるって何を意味するの!?

出典:https://goo.gl/p2WXdu
*上記は、評価の高いコメント順となっています。

北朝鮮による被害者がまた一人増えてしまいました。
ただ、今回日本とアメリカの反応が違うように、アメリカはかなり戦争を回避したい一般人が多いことが分かります。
アメリカ人の認識としては盗みをしたワームビア氏一人のために、アメリカ人全体を危機にさらしてほしくない、という思いが伝わってきます。

そして、この事件を受けてトランプ大統領の北朝鮮への対応が今後どうなるかが注目されます。
今までは有言実行はしてこなかったトランプ大統領もアメリカは何もできない、と言われ始めていて、
無視はできないでしょう。近いうちに何か動きがあるかもしれません。
まずは米中ハイレベル協議に注目です。

■関連記事

北ミサイル避難方法CMなぜここまで?反応まとめ「Xデーが近いの?」「政権への不満そらし」

北朝鮮から解放されたアメリカ人学生無念!トランプ大統領はどう出る?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  2. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  3. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  4. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  5. ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  6. 安倍離れの理由についてみていこう。 報道各社の最近の世論調査で内閣支持率は軒並み30%台に急落…

人気記事

  1. 2017-2-14

    イヴァンカトランプがカナダ首相とのトップレベルの会議でリーダーシップ!反応まとめ「公私混同の常識のなさ」「30年後くらいに大統領なるかも」

    トランプ米大統領が、訪米中のトルドーカナダ首相と米加両国の女性実業家らと開いた会合に、 イヴァンカ…
  2. 2016-12-27

    残業80時間で給料どうなる?管理職は疑問視?反応まとめ「中小企業全滅」「厚生労働省自らの職場で守れるか?」

    早ければ2017年1月から、企業名公表の対象となる残業の違法労働時間が今までの100時間から80時間…
  3. 2017-5-13

    国連委員会が慰安婦合意再交渉を勧告した理由は?炎上まとめ「潘基文の影響?」「日本の外交下手のせい」

    国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が2015年に日本と韓国で慰安婦問題に関してされた合意に対して …
  4. 2017-5-16

    イラン大統領選2017年投票日と結果発表の日本時間は?反米保守強硬派が一本化!反応まとめ

    イランで大統領選挙2017年の第一回投票日は5月19日で、過半数を獲得する候補者が出なければ、 5…
  5. 2017-4-27

    日本の報道の自由度ランキング72位と二階幹事長の今村擁護発言の関係は?反応まとめ

    二階幹事長が被災地を冒涜して更迭された今村前復興大臣を擁護するともとれるマスコミ批判発言をした。 …
  6. 2017-2-3

    メルトダウンした福島第一原発 2号機の圧力容器の真下に強烈な放射線の黒い塊が!6年近く経っても調査の目途さえ立たず!反応まとめ

    カメラ調査で、メルトダウンした福島第一原発 2号機の圧力容器の真下に、 人が1分もせずに死亡するほ…
  7. 2017-4-19

    プライムナウ商品数拡充でアマゾン都内3社と提携!反応まとめ「一人暮らし+風邪のときめっちゃ便利」「やり過ぎ…」

    アマゾンが、マツモトキヨシ、ココカラファイン、三越日本橋本店の3社と組み、 18日からそれぞれの店…
ページ上部へ戻る