wbc 2017侍ジャパン強敵オランダ戦放送予定と反応まとめ

wbc 20171次リーグを1位で通過した侍ジャパンがいよいよ2次リーグ初戦強敵オランダと対決する。
オランダの戦力、調子および放送予定と、反応をまとめた。
スポンサーリンク

wbc 2017侍ジャパン強敵オランダ戦放送予定と反応まとめ

侍ジャパンの2次ラウンド放送予定は以下のとおりである。
2次ラウンド(東京ドーム)
日本対オランダ
2017/3/12(日)18:30〜
テレビ朝日系列
日本対キューバ
2017/3/14(火)18:30〜22:00
TBS系列
日本対イスラエル
2017/3/15(水)18:30〜
テレビ朝日系列

オランダ代表の今年までの歴史(Wikipedia参照)

2006年 WBC第1回大会 1勝
2009年 WBC第2回大会 優勝候補の強豪ドミニカ共和国を2度破って2次リーグ進出
2011年「第39回IBAFワールドカップ」キューバ、アメリカ、日本に勝利し、国際大会初優勝を果たす。

2013年 WBC第3回大会 1次ラウンドでオーストラリア、韓国を下し、
2次ラウンドでもキューバに連勝。決勝トーナメントでは優勝したドミニカに1対4で惜敗しベスト4。

今回のWBC代表メンバーの特長
現役メジャーリーガーが5人とA、Bグループでは最大数で、
以下の3名の日本のプロ野球の現役や経験者が中心にいる。

投手 バンデンハーク(ソフトバンク)
ファンミル(キュラソー・ネプチューンズ、2014年楽天)
打者 バレンティン(ヤクルト)

今大会の結果は以下である。
1次リーグ(プールA)の結果
1位:3勝0敗:イスラエル
2位:2勝1敗:オランダ
3位:1勝2敗:韓国
4位:0勝3敗:台湾

韓国戦では、バンデンハーク投手が先発し、4回無失点の好投を見せた。
ファンミルは抑えとして登板し、9回を1安打、1三振の0に抑えた。
バレンティン3打数1安打
3月7日
韓国 0-5 オランダ バンデンハーク投手4回無失点で、オランダは韓国を0封した。
韓国 000 000 000=0
オラ 210 002 00×=5

3月8日
台湾 5-6 オランダ さよなら勝ち。
バレンティン4打数4安打

3月9日
イスラエル 4-2 オランダ
バレンティン4打数2四球 これまでの通算打率0.556
ファンミルは抑えとして登板し、9回を1安打、2三振、1四球の0とし、役割を果たしている。

1次リーグ(プールA)では、今大会絶好調のイスラエルには惜敗したものの、台湾にはさよなら勝ちし、粘りのあるところを見せた。
抑えのファンミルは2度の登板で、クルーザーの役割を確実に果たし、先発のバンデンハーク投手は、韓国戦で、無失点の好投であった。

今大会、韓国のふがいなさが目立ったが、オランダとしては、初戦の韓国戦を最も大事な試合として、
ベストメンバーで臨んだであろうから、日本に対し、先発バンデンハーク投手、抑えファンミルの構成でくるのはかなり確実と思われる。

台湾戦で、爆発し、オランダ戦で、2四球で、ヒットのなかったバレンティンをどう抑えるかもポイントである。
その他、バレンティンに次ぐ通算打率0.545で、イスラエル戦で、3打数3安打のMBLレンジャーズのプロファーも要注意選手である。

スポンサーリンク

侍ジャパン強敵オランダ戦に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本の野球を知り尽くしている日本プロ野球界屈指の現役2選手、5人の大リーガーの存在、
最近のレベルアップの著しさ、好調な今大会を考えると、日本にとって最も手ごわいチームの1つであることは確かだ。

確実にオランダ打ち破り、今大会絶好調のイスラエルを含む2次リーグ突破に弾みをつけてほしい。

■関連記事
WBC2017激闘制した侍ジャパン14日のキューバ戦放送予定と反応まとめ

韓国野球WBC敗退後に2021年開催撤退へ!韓国の反応「最高の暗黒時代」「あらたに流入するファンをはじくことになる」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。 予想…
  2. 7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  3. 7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  4. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  5. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  6. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…

人気記事

  1. 2016-11-15

    東大の女子への家賃補助は妥当?詳細と反応をまとめてみた

    東京大学が2016年11月に女子学生に家賃3万円の補助を決定しました。 女子学生だけに家賃補助を出…
  2. 2016-12-5

    問題のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

    議員提案された問題の「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で 自民党と日本維新の会などの…
  3. 2017-2-4

    大谷翔平 WBC辞退の原因と反応まとめ「これは侍ジャパン厳しい」「仕方ないけど残念」

    3月に開催されるWBCに出場予定だった日本ハムの大谷翔平選手が出場辞退ということになりました。 昨…
  4. 2017-3-30

    てるみくらぶの内定者救済申し出たJALFとは?反応まとめ「私なら受けない」「人材不足なのでは?」

    3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  5. 2017-1-30

    トランプ大統領のイスラム入国禁止令でIT企業とのバトルが再燃!海外の反応「サウジアラビアが含まれないのはなぜだ」「大統領を1000%支持する」

    トランプ大統領の難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限するイスラム入国禁止令によって、 大統領選で…
  6. 2017-2-14

    松坂大輔復活か?フォームの変化と反応まとめ「かなり改善されてる」「今年で契約切れるから瀬戸際」

    ソフトバンクとの契約最終年を迎えた松坂大輔に復活の気配が漂っている。 果たして怪物松坂大輔は復活を…
  7. 2017-1-5

    釜山で慰安婦像ゲリラ設置に韓国の反応は?

    日韓合意から1周年を迎えた12月28日、その合意を撤回させてしまうかもしれない事件が起きました。 …
ページ上部へ戻る