村田諒太の再戦をWBA会長が指示!いつやる?反応まとめ「それより勝ちにしてくれ」「簡単に言うけど体作るの大変なのに」

20日のボクシングWBAミドル級王座決定戦で村田諒太がアッセン・エンダムに不可解な判定負けをしましたが、それについてWBA会長のヒルベルト・メンドサ氏は25日、両者によるダイレクトリマッチを指示しました。
いったい再戦はいつ行われるのでしょう。今回は、村田諒太の再戦の時期の予想やWBA会長の指示への反応などをまとめていきます。

スポンサーリンク

村田諒太の再戦をWBA会長が指示 再戦はいつ?

20日のWBAミドル級王座決定戦で不可解な判定負けとなってしまった村田諒太。
その後世界中でこの判定に対する異論が発生し、当サイトでも取り上げましたが、ついに
その試合に対してWBAのヒルベルト・メンドサ会長は両者の再戦を25日に指示しました。
具体的な日程はまだ決まっていないということですが、いつ頃やるのでしょうか。

ボクシングの規定では試合終了後2週間を経過しなければ次の試合に出場できないとされていますが、実際世界レベルの防衛戦などでは2、3か月に一回くらいが普通です。
よって再戦は試合終了から2週間~3カ月の間くらいに行われるのではないでしょうか。
ちなみに、今回の試合で不可解な判定を下した2人のジャッジをWBAは6ヶ月間の資格停止処分としています。

 

WBA会長の指示は適切?実現するの?

なんだか無理やりな感じもするWBA会長の指示。これははたして適切なのでしょうか。そして、再戦は本当に実現するのでしょうか?
このWBA会長に対して、元ミドル級世界王者の竹原慎二氏は否定的な反応を元々していて、あまり信頼してないようです。
また、twitterへの投稿に対しても「この人の採点なんてべつに関係ない」ときっぱり否定しています。

エンダム陣営は竹下氏とは正反対な意味での否定的反応をしていて、「今回のスコアを批判する者はボクシングを知らない。プロは前ラウンドを通じてパンチを出し続けなければならない。単発でのコンタクトだけではダメだ」と語っています。
そして再戦についてはWBA会長が再戦を指示する前ですが「村田とのリマッチは契約に入っていない。でも明日にもこちらは応じられる」と言っているので、応じる気はあるのではといった感じです。

ただ、本人たちのモチベーションも考慮されるでしょう。なんとなく今すぐそんな気持ちになれないのでは、と思ってしまいます。

スポンサーリンク

エンダム戦再戦指示への反応

村田とエンダム戦再戦指示に対するネットの反応を見て見ましょう。

再戦じゃなく村田の勝ちにすればいいじゃん
日本人の選手って疑惑の判定で負けることが多いような気がする
無効試合と謝罪が足りない
再戦って簡単に言うけど何カ月も体を作った上でのハードな試合だぞ?
ジャッジのミスを認めたなら再戦じゃなく村田の勝利でしょ
もう1回やれば話題の再戦!となって主催側も大儲けできるから?
全く腑に落ちない
資格停止じゃなくて永久追放でいいのでは?
エンダムに対しても謝罪するべき
再戦ってだけでもせっかくの勝ち試合を無にされたようなもの

出典:https://goo.gl/ZxcSR2

WBAの再戦指示に各所から批判が殺到していますが、本当に再戦は実現するのでしょうか。
エンダム陣営は受ける気があるような雰囲気をWBA会長の指示以前から示していますが、肝心の村田陣営は沈黙を保っています。
たしかにWBAの対応は失礼とも言えますし、WBAの信頼性がそれで保たれるのか疑問です。
もしかしたら再戦を受けないかもしれません。

そもそもボクサーは過酷なトレーニングを数カ月にわたって続けることで体を作るものですし、そう簡単に再戦をしましょうとはいかないでしょう。新たなジャッジにまた不可解な判定をされる可能性もありますし、再戦を受けるメリットはあまり多くはなさそうです。
とりあえず、再戦が行われるとすれば3カ月後までになるでしょうから、それまでは続報を待つしかないですね。

■関連記事

村田諒太がアッサンエンダムに負けた理由と海外の反応「今年最大のぶったくり( robbery)」「ボクシングは死んだ」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 今年最大の政治決戦と言える東京都議選2017の投票日が迫ってきました。 選挙の期間、また選挙当日は…
  2. 大手製造メーカータカタがエアバッグの異常破裂による事故に伴うリコール問題で、初の死亡事故から8年経っ…
  3. 投票日まで1週間を切った都議選2017の行方を占ううえで、自民党、都民ファーストの会が対決する 一…
  4. 張本智和選手は、中国オープン男子2回戦で、世界ランク3位の許シン(中国)と戦う予定だったが、許シンが…
  5. サニブラウンが9秒台を最初に出すか? 日本選手権2017男子100m決勝にて、かつてないハイレベル…
  6. 陸上・日本選手権兼世界選手権ロンドン大会代表選考会第2日の男子100メートル決勝が24日(土)20:…

人気記事

  1. 2017-2-23

    少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ「すごいいまさら感」「給与の大幅アップが最大の特効薬」

    2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  2. 2017-5-22

    メガマウス打ち上げで地震はデマか本当か?「水面にプランクトン食べに来てるの」「M6以上は月1で起きてる」

    幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  3. 2017-1-5

    釜山で慰安婦像ゲリラ設置に韓国の反応は?

    日韓合意から1周年を迎えた12月28日、その合意を撤回させてしまうかもしれない事件が起きました。 …
  4. 2017-1-22

    韓国が少女像を竹島に設置したいのはなぜ?反応まとめ

    韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  5. 2017-2-8

    羽生善治と三浦弘行の対戦成績と竜王戦視聴方法

    不正疑惑がシロとなった三浦弘行棋士が13日に羽生善治棋士と対戦します。 今回は、2人の対戦成績や対…
  6. 2017-2-13

    清水富美加引退理由の月給5万労働は本当?東京喰種嫌悪から感じる違和感と反応

    清水富美加さんの引退理由が幸福の科学から報道されましたが、「本当に?」と思う部分や違和感を感じた人が…
  7. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
ページ上部へ戻る