民進党の次期代表候補のうち誰が最適か?反応まとめ

民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。
予想される候補の経歴とこれまで話題になった出来事を見てみた。反応もまとめました。

Sponsored Links

民進党の次期代表候補のうち誰が最適か?

民進党の蓮舫代表(49)の突然の辞任表明で次の代表が誰になるかに注目が集まっている。
蓮舫氏は高い知名度とはっきりした物言いが期待され、昨年9月に代表に就任したが都議選で惨敗し党勢は回復しなかった。

民進党の次期代表選は、昨年9月の前回選挙に出馬した前原誠司元外相と玉木雄一郎幹事長代理に、
党内リベラル派の枝野幸男前幹事長、長妻昭元厚生労働相らが取りざたされている。
予想候補者について、まとめてみた(Wikipedia参照)。

各候補について見て行きましょう。

次期代表候補者の経歴と出来事

前原誠司(55)
衆議院議員(8期)、民主党代表(第5代)、国土交通大臣、外務大臣、
民主党政策調査会長、内閣府特命担当大臣など政治経験は豊富である。

堀江メール問題で代表を辞任した。
国土交通大臣:八ッ場ダム事業中止問題。
在日韓国人献金問題で外相を辞任する。

経歴が長いだけに、種々の問題が記憶に残っている。
一方、これまでで、これが最大の成果というものがあまり思いつかない。

枝野幸男(53)
弁護士、衆議院議員(8期)、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、
経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長など代表の経験はないものの、政治経験は豊富である。

福島第一原子力発電所事故では、内閣官房長官として、連日会見を行った。
その精力的な働きぶりからツイッター”枝野寝ろ”という言葉が飛び交った。
一方、この事故混乱の際に枝野が情報の一元化を指示したなどとの批判もある。

玉木雄一郎(48)
大蔵・財務官僚。衆議院議員(3期)、民進党幹事長代理。政策調査会副会長を歴任。

現在問題となっている加計学園の獣医学部新設問題に関連して、
新設に強い反対を表明している日本獣医師会から2012年に100万円の政治献金を受けとり、
規制緩和反対を主張していたと報道されている。なお、父親が香川県獣医師連盟の副会長をしており、弟も獣医である。

前回の代表選挙では、蓮舫の1/4以下、前原の1/2以下しか取れずに敗退した。

細野 豪志(45)
衆議院議員(6期)、民主党政策調査会長、内閣府特命担当大臣(原子力防災)、
内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)、環境大臣、民主党幹事長、民主党政策調査会長、民進党代表代行、を歴任した。

憲法改正試案を2017年4月10日発売の雑誌に公表したが。党の方針と異なると批判が相次いだことから、
4月13日に「執行部の憲法改正に関する姿勢に不満がある」として民進党代表代行を辞任した。

辞任の理由もあり、代表選には立たない可能性が高いと思われる。

長妻 昭(57)
衆議院議員(6期)、厚生労働大臣、民進党代表代行、民主党幹事長代行、民主党代表代行

政権交代前に、「ミスター年金」といわれるほど国会の厚生労働分野で、名を馳せたが、
厚生労働大臣となって、厚生労働職員との対立もあり、その成果は疑問視されている面もある。
組織を束ねる力量がどの程度あるかは未知数である。

その他、岡田克也、山尾志桜里、有田芳生、辻本清美などの名前も挙がってはいますが、
一世代前とか、あまりに経験不足など可能性は小さいと思われます。

1年前の蓮舫代表選出の時ほどの、清新な印象の候補者が思い浮かびません。
それだけ党勢が弱っているとも言えます。こういう時期には、黙々と地道にやる指導者がよいのかもしれません。

過去に問題が比較的少なく、最近マスコミに出ず、代表に就任したことがなく、
多少なりとも新鮮味があるとすれば、枝野幸男氏というところでしょうか?

Sponsored Links

代表選候補者に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネットでも、民進党を揶揄するコメントが多く、まじめに考えているのは少数であった。
安倍内閣が失点を重ね、最悪の状態でも民主党の支持が回復しない状態を立て直すためには、誰が代表として最もふさわしいのか?

安倍首相をここまで、驕らせ、慢心を招かせた責任の一端は民進党のあまりのだらしなさにあるともいえます。
日本の政治を立て直すためにも、新たな代表のもとで、しっかりした野党を再構築してもらいたいものです。

■関連記事

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-5-26

    トランプ大統領が他国首相押しのけ動画はこれ!海外の反応「これこそalpha male」「たった3秒に多くの意味が」

    トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  2. 2017-5-1

    護衛艦いずもの実力は?初防護のため出港した反応まとめ

    北朝鮮の核・ミサイル開発によって緊張状態が続いているアメリカと北朝鮮ですが、日本は安全保障関連法に基…
  3. 2017-3-10

    籠池泰典氏経歴と卒業大学から現在と反応「wikipediaはないな」「政治家の関与の解明が必要」

    森友学園理事長の籠池泰典氏の経歴、卒業大学、人柄などに世間の関心が集まっている。 籠池泰典氏はwi…
  4. 2017-6-23

    張本智和元世界ランク1位の41歳サムソノフを撃破に中国の反応は?

    22日に行われた中国オープン男子シングルス1回戦で13歳張本智和(世界ランク39位)が、 元世界1…
  5. 2016-11-10

    トランプ大統領を予言していたシンプソンが恐ろしい!反応まとめ

    ザ・シンプソンズというテレビアニメを知っていますか? 実は今回のトランプ氏のアメリカ大統領当選を予…
  6. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
  7. 2017-8-28

    張本智和の海外の反応まとめ「3,4年後にトップ」「叫び声が不必要」

    卓球・日本のホープ14歳張本智和選手が27日にITTFワールドツアー・チェコオープンにて 史上最年…
ページ上部へ戻る