イヴァンカトランプがカナダ首相とのトップレベルの会議でリーダーシップ!反応まとめ「公私混同の常識のなさ」「30年後くらいに大統領なるかも」

トランプ米大統領が、訪米中のトルドーカナダ首相と米加両国の女性実業家らと開いた会合に、
イヴァンカトランプさん(35)が出席し、米国トップレベルの会議の席でリーダーシップを発揮した。反応もまとめた。

イヴァンカトランプがカナダ首相とのトップレベルの会議でリーダーシップを発揮

イスラム圏7カ国からの入国禁止を定めた大統領令の大騒動の中、
トランプ米大統領とトルドーカナダ首相との初めての会談が行われた。

トルドー首相は大統領令発令後、「カナダは迫害やテロ、戦争から逃れている人々を信仰に関係なく歓迎する。多様性はカナダの強みだ」と表明するなど、
人種や宗教の多様性を重視する信念をもっており、会談の行方が注目されたが、
北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉は行うが、カナダとの良好な貿易関係を維持するため、
カナダとの間では大幅変更はないと大きな対立はなく会談は無事終了したとみられる。

一方、トランプ米大統領がこの会談に引き続いた米加両国の女性リーダーらと開いた
両国が女性ビジネスリーダーや 女性起業家のための米国カナダタスクフォースを立ち上げる円卓会議の席に
イヴァンカが出席し、イニシアチブを発揮した。
(http://fortune.com/2017/02/13/ivanka-trump-women-justin-trudeau/参照)

イヴァンカはこの問題で選挙期間中に、キャンペーンを主導して行い、
最近も多くの女性ビジネスイーダーと会合を重ねていた。

トランプ大統領は、選挙キャンペーンでは、新しくママとなる妊婦のために
6週間の有給休暇を取る政策を提唱していたが、就任後3週間たっても
、今まで、女性問題に関する動きはなかった。

今回、トルドー首相側の働きかけにより、両リーダーが関心のあるビジネスにおける女性の数を増やすために
米カナダのタスクフォースを構築する上で重要な役割を果たすことになったようだ。

会合で、イヴァンカは「私はここにいることを光栄に思っており、両国のビジネスモデルを支える貴重な役割を果たしている
皆様からのお話を本当に楽しみにしています」と述べ、女性起業家、女性の中小企業経営者が毎日直面している特有の課題、
そして現世代と次世代の女性が働く場をどのようにしてレベルアップさせるかと考えていると述べた。

トランプ大統領は、イヴァンカがこの新しく発表されたタスクフォースの構築にどのように関わっていたのか、
そして彼女の助けを感謝したことを誇らしげに語った。
(http://www.dailymail.co.uk/news/article-4220274/Ivanka-s-hair-make-team-arrive-Jared-leaves.html参照)

もっとも、トルドーは2015年の選挙の後、半数を女性とする「カナダらしい」内閣を組閣したのに対し、
トランプは、 上院の承認を必要としている22人の閣僚のうち女性は4人だけである。

イヴァンカの外国首脳との会談への参加には、次のような批判も出ている。
トランプ大統領、イヴァンカに対しては、一家の事業と、
大統領やその親族の政権内での役割との分離に関する疑問が広がっている。

政府の要職についていないイヴァンカ夫妻が大統領就任前の11月の安倍首相との外交の場に同席したことについても、
米国内では疑問視する声が上がっていた。イヴァンカが、日本のアパレル「サンエー・インターナショナル」と
2年前から事業交渉を進めていることもその後、判明している。

さらに、先週、トランプ大統領が、イヴァンカが手掛けるファッションブランド「イヴァンカ・ブランド」の販売中止を決めた
大手百貨店ノードストロームを、不買運動と絡めて、「あまりにも不公平」と非難し、問題となっていた。

イヴァンカトランプの政治的役割に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ファーストレディが、政治的な発言をすること自体は、オバマ大統領のミシェル夫人などを見ても、
ある程度受け入れられてきた。しかし、イヴァンカは、自らビジネスを手広く展開しているビジネスレディであり、
公職についていない彼女が、重要な外交の場で、主導的な役割を果たすというのは、倫理上問題があるのではないか?

米国政府倫理監督機関も関心を示しているという。

■関連記事
トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2016-10-17

    ドゥテルテフィリピン大統領訪中を前にカルピオ判事の弾劾発言で姿勢を一変!反応まとめ「中国共産党のなすがまま」「裁定に封をした」

    ドゥテルテ氏は18日からの中国訪問を前にして、16日南部ダバオの空港で、記者会見し、 これまでと姿…
  2. 2017-1-24

    トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

    2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。 果たしてこの決断は日本…
  3. 2016-10-31

    自民都連が小池都知事応援の区議7人の侍の処分保留に!!振り上げたこぶしが下ろせない?反応まとめ

    自民党東京都連は昨日の幹部会合で、都知事選で小池百合子知事を応援した 同党所属の区議7人の侍への処…
  4. 2016-12-20

    ロシアで偽入浴剤を代用アルコールとして飲み40人以上がなくなる!考えられる4つの原因!反応まとめ

    日露会談を終えて帰国したばかりのプーチン大統領が統治するロシアで、安価な酒を求め、 有害なメタノー…
  5. 2017-5-3

    tpp11か国首席交渉官会合で日本は米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ「トランプがくれた最大のチャンス」「米けん制する必要性が高まった」

    5月2日から3日間の予定で始まったtpp11か国首席交渉官会合で日本は、米国抜き発効に方針を大転換し…
  6. 2017-7-6

    ヒアリ対策殺虫剤でフマキラー株が断トツの急騰なぜ?反応まとめ

    女王アリが見つかったとの報道で、日本での定着が恐れられているヒアリだが、 株式市場では業界3位のフ…
  7. 2016-10-5

    スシローを韓国系ファンドが買収へ!反応まとめ「大量ワサビ返しされちゃう?」「ガリの代わりにキムチが」

    韓国系投資ファンドのMBKパートナーズが回転ずし最大手のあきんどスシローの買収に乗り出している。 …
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。