ネイサンチェンと羽生はどちらが強い?海外の反応「間違いなく2018年オリンピック金メダル!」「美しくファンタスティック」

1月22日のフィギュアスケート全米選手権にて信じられないことが起こりました。
アメリカのネイサン・チェン選手が一つの演技中に4回転ジャンプを5本成功させて日本の羽生選手を脅かす存在となっています。
今回は、ネーサン・チェン選手への海外の反応をシェアしていきます。

ネイサンチェンが羽生選手のライバルへ成長

ネイサン・チェンの全米選手権の演技

22日に行われた全米選手権男子フリーで、ネイサン・チェン選手は一つの演技中に4種類の4回転ジャンプを5本成功させるという偉業を達成。非公式記録ながらショートプログラムとの合計で318.47点をたたき出し見事初優勝を決めました。
この一つの演技中に4回転を5本成功させたというのは史上初の快挙で、今後の彼の成長に多くの人が期待を寄せています。
弱冠17歳の若手選手が絶対王者の羽生にとって難敵となることをこの時世界中に知らしめました。

ネイサン・チェンのプロフィール

出生地:アメリカ ユタ州ソルトレイクシティ
代表国:アメリカ合衆国
生年月日:1999年5月5日の17歳
身長:165 cm
ベストスコア(公式):総合282.85点 (2016 GPファイナル)
          SP92.85点(2016 GPフランス杯)
          フリー197.55点 (2016 GPファイナル)
      (非公式):総合318.47点(2017 米)
            SP106.39 点 (2017 米)
            フリー212.08点 (2017 米)

ちなみに羽生結弦選手のベストも掲載しましょう。
ベストスコア(公式):総合330.43点 (2015 GP ファイナル)
          SP110.95点 (2015 GP ファイナル)
          フリー219.48点 (2015 GP ファイナル)

宇野選手のベストも記載しておきます。
ベストスコア(公式):総合285.07点 (2016 GPロステレコム杯)
          SP98.59点 (2016 GPロステレコム杯)
          フリー195.69点 (2016 GPファイナル)

ということでまだまだ羽生選手の方が点数は高いですが17歳ということでまだまだ伸びしろはあるでしょう。
宇野選手も含めて日本の最大のライバルという見方は間違いないでしょう。

ネイサン・チェンへの海外の反応

海外では、ネイサン・チェンに対して以下のような反応があります。

twitter
ポテンシャルがすさまじい
twitter
彼のスケーティングはアーティスティックだ
twitter
多くの人々が彼のことを芸術家だと言うだろう
twitter
まだ17歳なのに歴史を作った
twitter
ネーサン・チェンは世界で通用する、オリンピックで勝てる
twitter
彼の演技は本当に美しい
twitter
ついにアメリカ男子からチャンピオンが出るぞ!
twitter
なんてファンタスティックな演技。彼のことが好きになったよ
twitter
今までこんな美しいもの見たことがない
twitter
彼は間違いなく2018年オリンピックの金メダリスト

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3sRRNHcZLe0

ネイサンチェンの演技は世界中で高く評価され、早くも次のオリンピックの金メダリストだと言われているほどです。
実際彼のポテンシャルは素晴らしく、全盛期を迎えた彼を止められる選手はいないかもしれません。
彼の成長は日本人の私たちでも期待してしまうほどですし、おそらくフィギュアスケートの歴史上でも屈指の名選手になることでしょう。

今後世界大会で羽生選手一強の状態は見られないかもしれません。
しかし羽生選手としても簡単に世界一の座を奪われるわけにもいかないでしょうし、これからは彼らの激しい争いが私たちを一層楽しませてくれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-9-6

    日産リーフ新型を発表!反応まとめ「完全にVOLVO!リアデザインまんま」

    100%電気自動車日産リーフ新型の初のフルモデルチェンジが発表された。 その反応は性能よりVOLV…
  2. 2017-6-18

    須藤凜々花総選挙壇上スピーチでなぜ結婚宣言?炎上まとめ

    イベント中止など、波乱の多かった恒例のAKB48選抜総選挙でも 最大の衝撃はNMB須藤凜々花が壇上…
  3. 2017-7-1

    韓国議長暴言はなぜ?反応まとめ

    6月8日に大島理森衆院議長らと会談した韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長が、会談の際に暴言を吐…
  4. 2017-9-27

    DeNA下園ら5人が来季構想外に悲痛の声!反応まとめ「悲しいなぁ」「まぁ思い切った」

    DeNAが、高崎健太郎投手(32)、林昌範投手(34)、下園辰哉外野手(32)、大原慎司投手(32)…
  5. 2017-1-18

    飯島元マネの新会社の真の目的は?3つの違和感と反応まとめ「赤西くんみたいに日本で見れなくなったらやだな」「レギュラーかなり持ってるが捨てていくか?」

    SMAP解散からまだ日が経たない中で新たな動きが。 元マネージャーの飯島三智氏が新会社を立ち上げて…
  6. 2017-8-30

    京大のiPS創薬が実用化へ!他の疾患5候補薬の現状はどうか?反応まとめ

    今月初め、iPS細胞を新薬の開発に使う「iPS創薬」が実用段階に入ったことが報じられた。 京大iP…
  7. 2017-2-23

    少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ「すごいいまさら感」「給与の大幅アップが最大の特効薬」

    2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。